【インドネシア・コーヒーの旅】マンション販売やテーマパーク? マカッサルのショッピングモール“トランススタジオ”が面白い

キーコーヒーの看板ブランドとしておなじみ、『トアルコ トラジャ』コーヒーの産地を見て回るプレスツアーに参加したガジェット通信。コーヒーの収穫や生産、流通の現場を紹介してきましたが、ツアーの行程で訪れたジャカルタ・マカッサル・トラジャの街ネタのレポートをお届けしていきます。

【インドネシア・コーヒーの旅】記事一覧

ジャカルタから、コーヒーの生産地であるスラウェシ島に渡ったプレスツアー。トラジャまで陸路10時間という移動の出発地点として、そして『トアルコ トラジャ』の販売拠点の取材のために南スラウェシ州の州都、マカッサルに滞在しました。マカッサルで、一風変わったショッピングモールに行ってみたのでご紹介します。

訪問したのは、“Trans Studio”というショッピングモール。普通に衣料品や食品、電気製品を売るお店も入っているのですが、広い吹き抜けのスペースでは……。

なんと、自動車を売っています。インドの自動車メーカー、タタ・モーターズの乗用車やトラックが販売されていました。一番安いピックアップトラックが、9480万ルピア(約80万円)。

もっと高価なものでは、タワーマンションの物件を売っているコーナーがありました。よほど富裕層が集まるショッピングモールなのでしょうか。こちらはワンルーム24平方メートルの部屋で5億4000万ルピア(約450万円)、3ベッドルーム93平方メートルの部屋は20億2500万ルピア(約1700万円)です。

そしてこのショッピングモールの最もユニークな点は、屋内テーマパークがあること。20種類以上のアトラクションが楽しめるそうですが、訪問した際は閉園時間に近くだったので、入場するのはあきらめてゲートの前で記念撮影。また来る機会があったら入ってみようかと思います!

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ