既読スルーする彼は「仕事のメールの返信も遅い」



片思いの彼にLINEの既読無視をされたら悲しいですよね。でもいつまでも既読スルーする男子は仕事ができないと知れば、ほかの返信がはやい男子(仕事ができる男子)を当たろうと、希望が持てるかもね、だって仕事ができない彼氏とつきあっても、未来が明るくないもんね、今回はこんなお話をしたいと思います。

■既読スルーする男子のホンネ


既読スルーする男子は、ホンネではなにを思っているのか?「ウゼ」と思って返信しないケースもあるでしょう。つまりあなたが、彼に100%嫌われているケース。あるいは、なんと返信していいのかわからないから、既読のまま返信を保留にしているケースもあるでしょう。
どちらのケースも、彼はあなたがなんらかの返信を期待していることは、薄々わかっています。あなたが既読スルーするときのことを思えば、そう理解できますよね。相手はなんらかの返信を欲しがっている、でも、自分のなんらかの事情ゆえ、いつまでも既読のまま、あえて返信しない、ということですよね。
**
相手にいつまでも期待を持たせたまま放置する。これは仕事においては「ふつうはやらない」ことです。断るなら、さっと断るのが、ビジネスにおけるマナーです。すぐに断らないと、相手がいつまでも期待を持つことになる、それは相手の時間を無駄に拘束することにつながるからです。
それに、断ることって、時間が経てば経つほどやりづらくなりますよね。つまり既読無視は、相手の気持ちをないがしろにしている、とも解釈可能だということです。

■仕事ができるとは?


男女関係において、相手の気持ちをないがしろにする人は、仕事においても、相手の気持ちをないがしろにします。一事が万事です。
相手の気持ちをないがしろにしない人は、たとえ彼女のことをウザいと思っていても、なんらかの返信をします。なんらかの返信をすることで、言い方は悪いですが、さっさと彼女に諦めてもらってほかの男子のもとに行ってもらうことを期待しているから。
**
あなたに多少の好意があるものの、なんと返信すればいいかわからないから既読のまま返事を保留にしている彼だって、仕事ができないと評されてもおかしくないでしょう。仕事ができる彼であれば、なんらかの返信を、比較的はやいタイミングでするものです。
たとえば「すぐには答えられないから、ちょっと考えてから返信をする」とか。「考える時間がほしい」と返信すれば、彼女は一応の安心はするだろうと、つまり彼女の立場に立って物事を考えているということです。つねに相手の立場に立ってものを考えている人のことを、人はふつう「仕事ができる」と評しますよね。

■頭がいい彼氏とつきあってはいかが?



既読スルーする人が多いのか、ネット上の恋愛相談では、彼に既読スルーされたとか、片思いの彼に既読スルーされた、というような相談が非常に多いです。つまり、相手にヘンに期待を持たせたまま、放置し続ける男子が多い、ということでしょう。
あるいは、なんて返信すればいいのかわからない、といった悩みを、ひとりで抱えて誰にも相談せず、なんのアクションも起こさない、よく言えば慎重な、悪く言えば機転の利かない男子が多いのかもしれない。
仕事ができる彼は、既読スルーせず、なんらかのアクションを起こします。彼女から妙な内容のLINEがきても、「即答できません」くらいの返信はするものです。
それが「頭がいい」ということです。偏差値がいいのではなく「頭がいい」のです。頭がいい彼氏とつきあってはいかが?(ひとみしょう/文筆家)
(ハウコレ編集部)


【関連記事】
恋の悩みは3パターンしかない
「なにして遊ぶ?」というワクワク感がいい恋を生み出してくれる
恋愛が下手な性格を変えようと思うほどドツボにハマります
―あのコの恋愛事情― #恋した相手はチャラ男の極み 編
なかなか手を出してこない彼は「あなたのことが嫌いなわけではない」

ハウコレ 10/04

このページのトップへ