【利用者が急増中】放課後等デイサービスのプログラム内容とは?

近年、様々なご家庭のご事情により「放課後等デイサービス」を利用している世帯が増えているそうです。


対象となる児童は、どのようなもプログラムやサービスが受けられるのでしょうか。


「放課後等デイサービス」を利用する際の手続きや注意点を含め、気になるポイントを、順序立てて解説していきます。






放課後等デイサービスとデイサービスとの違い

放課後等デイサービス


子どもたち


6歳〜18歳の子ども向けのサービスで、学童保育に似ています。2012年の児童福祉法改正により設置され、民間業者も参入し近年増加しています。


デイサービス


デイサービスでの食事介助


介護を必要とするお年寄りが日帰りで施設に通い、食事・入浴・機能訓練をしたり、お年寄り同士の交流やレクリエーションを行い、介護している家族の負担を軽減する制度です。


街中でデイサービスセンターを見かけたり、出入りするお年寄りを見かけることもあるかもしれません。




放課後等デイサービスを受ける対象

車椅子の少年


対象となるのは、以下の児童が対象になっています。


・身体障碍

・知的障害

・精神障害

・自閉症スペクトラム

・学習障害


その他にも、療育手帳や障碍者手帳がなくても、専門家の意見書があり必要が認められれば通所することができ、料金の負担が減ります。




放課後等デイサービスのプログラム・サービス内容

子供の工作


子どもたちが放課後や長期休暇にデイサービス施設に通い、友達と一緒に様々な活動を通して、生活力改善を目指します。


内容は事業所によって様々です。


プログラム例


・工作

・音楽

・習字

・料理

・ゲーム

・パソコン

・体を使った遊び

・療育(社会的自立を目指して行動、コミュニケーション、学習などのサポートをしていく訓練)

・休日に動物園や工場見学


サービス例


学校に児童を迎えに行き、自宅まで送り届ける送迎を行っている場合もあります。また、おやつが出ることもあります。




放課後等デイサービスを利用する際の手続き 

市役所 

手続きの流れ


1. 障害児相談支援事業所、役所の福祉担当窓口に相談します。


2. 地域の児童発達支援事業所に見学を申し込み、利用プラン(障害児支援利用計画案)を立てます。


3. 役所の福祉担当窓口に障害児通所給付費支給申請書、障害児支援利用計画案を提出します。


4. 審査を経て申請が認められれば受給者証が交付されます。


費用


費用の9割が支給され、自己負担は1割のみとなります。


児童や保護者の状況に応じて、利用可能回数の上限が決定されますが、複数の施設を曜日ごとに使い分けることもできます。




どんなスタッフがいるの?

保育士


保育士の他に、児童発達支援管理者がいます。


児童発達支援管理者


老人介護のケアマネージャーのような立場で、研修を経て都道府県から資格を交付され、児童一人ひとりに対する個別支援計画を作成する人です。


児童発達支援管理者は、養護学校で進路指導や教育相談の実務経験を積んだ人もいます。




放課後等デイサービスの注意点 

放課後等デイサービスの施設


施設により、習い事中心・療育中心・自由遊び中心など方針が異なりますので、見学の際に確認しましょう。


子どもの年齢層や障害の種類も施設によって異なります。安全対策、事故や災害が起こった時の対応計画も確認しておきましょう。




最後に医師から一言

子どもを放課後等デイサービスに預ける親


2012年に制度化されてから放課後等デイサービスは急増し、2015年には10万人以上が利用しています。


子ども一人一人の状況に合わせて対応してくれ、親と共に成長を喜んでくれる施設を見つけられれば、子どもにとっても親にとっても助けになるでしょう。


(監修:Doctors Me 医師)




参考文献

・放課後等デイサービスの現状 厚生労働省

・放課後等デイサービスガイドライン 厚生労働省




【関連記事】
フケや湿疹だけじゃない!子どもの頭皮トラブルで多い病気って何?
まずは焦らずよく観察!赤ちゃんの吐き戻しの原因の見極め方
感染症に要注意!秋冬に気を付けたい乳幼児の病気&予防対策

Doctors Me 10/03

このページのトップへ