氷河期世代「正社員になれない悲しい思いは我々だけでいい」 安倍晋三総理続投支持が若年層に多いことに様々な意見

衆議院解散によって選挙が近づいていますが、共同通信社の調査によると安倍晋三総理と小池百合子東京都知事のどちらが次の首相にふさわしいかという質問に対して、安倍総理の続投を支持するのが45.9%と小池都知事の33%を上回る結果に。中でも30代以下の若年層では57.4%と全年齢層で最も高いという数字になっています。

安倍総理の就任以降、大学の就職内定率が97.6%、若年失業率が4.9%と改善されており、ネットでは「今の学生は安倍政権でよかったね」「アベノミクスのお蔭で雇用も改善されている」「自分の就職を考えれば安倍政権一択になる」といった声が上がっていました。

ジャーナリストの佐々木俊尚氏(@sasakitoshinao)も、次のようにツイート。

20代の安倍政権支持が圧倒的に多いのは経済政策への支持でしょう(他に理由が思い当たらない)。そこを無視して「アベノミクスは失敗してる」と言い続けても、若い人の支持は永遠に得られないんじゃないかな。生活の心配のない年配者の支持は得られても、テレビ視聴者と同じでいずれ先細りです。

一方で1990年代の就職氷河期や2010年前後の「派遣切り」を経験してきた30~40代の世代には、複雑な感情がある模様。ある『Twitter』ユーザーは、次のようにツイート。

若者は俺ら氷河期世代が血を吐いてのたうち回る様を見てるから、そりゃ安倍政権を支持しますわな。大学出てもフリーター、いつまでたっても上がらない賃金、金を抱え込んでおきながら説教だけはバラまくクソ老人、そんな世界は見たくないよねえ。

別のユーザーも「二度と就職氷河期にさせてはいけない」「正社員になれない悲しい思いをするのは我々の世代だけでいい」といった声が上がっており、中には「無能な老害世代が給料と退職金だけ確保するために若者搾取を行った結果がデフレ経済」といった意見もありました。

いずれにしても、今回の総選挙は安倍内閣の信任というだけでなく、景気浮揚策が問われることになりそうです。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/araichuu/status/914656655316467713 [リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ