Amazonが音声アシスタント『Alexa』とスマートスピーカー『Amazon Echo』について年内の国内投入を発表

Amazon.co.jp(以下Amazon)は10月2日、クラウドベースの音声アシスタント『Amazon Alexa』と、スマートスピーカー『Amazon Echo』を年内に日本で展開することを発表しました。

『Amazon Alexa』は、ユーザーが話しかけるだけで音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、スポーツ結果の確認などができるクラウドベースの音声アシスタント。

『Amazon Echo』は、音声操作によりハンズフリーで利用できるスマートスピーカー。遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中の様々な場所から発した音声を明確に聞き取ることが可能。それぞれのマイクの信号を合成するビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、音声指示以外の話し声の抑制が可能。

Amazonは、事前に購入を希望したユーザーに招待制で『Echo』を購入可能にすることを発表しています。国内の開発者向けのサイトが公開されていますが、記事公開時点では英語のみで情報が公開されています。

開発者向けサイト
https://developer.amazon.com/ja/alexa

ハードウェアメーカー向けにAlexa対応製品を開発可能にする『Alexa Voice Service(AVS)』を利用して、国内向けにはアンカー・ジャパン、HTC、オンキヨー、ハーマンインターナショナルなどの企業がAlexa対応製品の発売を計画中。また、開発者が独自にAlexaスキルを作成できる『Alexa Skills Kit(ASK)』を利用して、国内では NTTドコモ、クックパッド、KDDI、積水ハウス、ソフトバンク、日本放送協会(NHK)、東日本旅客鉄道、三菱 UFJ フィナンシャル・グループ、ヤフー、リクルートホールディングスがスキルの提供を予定しています。

参考記事:
アンカー・ジャパンがスマートオーディオ事業に参入 新ブランド『Zolo』からAlexa対応製品を発表
http://getnews.jp/archives/1886423

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ