『Twitter』に縦書きツイート出現 文字打つのが面倒くさそうですけど

英語などのラテン文字は横書きがデフォルトです。『Twitter』はアメリカ発祥のサービスなので、英語の使用が大前提であり、当然のように左上から右下への横書きとなります。しかし、日本語は本来右上から左下へと書いていく縦書きとなります。現実的には横書きが主流ですが、まだまだ原稿を縦書きで書き進める作家さんも多いようです。

日本人『Twitter』ユーザーの@Fuji_Yosさんが、最近国内で『Twitter』ユーザーアカウントの凍結が相次いでいる状況を背景に、「縦書きとは平安時代にTwitterの凍結を防ぐために考案された記法である」という一文を縦書きでツイートしました。

早速追随する人も出てきています。

俳句とかツイートすると見栄えもよさげです。『instagram』では山田全自動さんとかも縦書きで面白いネタを公開していますしね。

山田全自動さんの『Instagram』 [リンク]
https://www.instagram.com/y_haiku/?hl=ja

文字で「W」を表現するツワモノまで。

『Twitter』といえば、最近日本語、中国語、韓国語以外の言語で、ツイート可能な文字数を従来の140文字から280文字へと増やすテストを始めたことが話題となりました。英語などと比較すると、日本語は少ない文字数でもコミュニケーション可能な言語ということで除外されたそうです。確かに英語だと140文字の制限内できちんと伝えたいことを伝えるのは難しいと思います。

難しいのは縦書きツイートも同様ですね。縦書きツイートが難しいのは実際に文字を打ってみれば実感できると思います。掲示板などでよく見られるアスキーアートよりは簡単でしょうが、結構難儀というか、メンドイです。それでもなぜか一部の『Twitter』ユーザーの間では流行りそうな気がするのは気のせいでしょうか?

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/Fuji_Yos/status/913363818587103233

※ソース:
http://www.nasdaq.com/article/twitter-starts-experimenting-with-280-character-tweets-but-exempts-korean-japanese-and-chinese-cm851409

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ