子どもの英語アプリ人気6選、楽しく学べて効果もUP!?

現在では、英語の子ども向けアプリが大変人気。英語の幼児教育を早く始めさせたい、と考えている親御さんにおすすめのアプリを紹介していきます。
アプリで子供に英語を学ばせるのは早い??

英語の幼児教育は早めに始めたい、と考えている親御さんも多いでしょう。果たして子ども用の英語アプリは、何歳からが対象年齢になっているのでしょうか?
子どもの英語教育、始める年齢は早い方が良い
英語教育を始める年齢については、さまざまな意見が飛び交っていますが、早ければ早い方が良いと言う説もあります。幼い頃からアプリなどでネイティブの英語を聞かせてあげることで、英語の発音がよくなるという意見もあります。
三つ子の魂、百まで
日本には三つ子の魂百まで、と言うことわざがあります。3歳までにしたことがその子どもの将来身になる、と言い伝えられていますが、語学に関してもあてはまるかも知れません。0歳から2歳頃までは耳の黄金期と呼ばれ、母国語に限らず、色々な音を聞き取ることができます。耳も周波数の聞き分けを行う前なので、英語でもぐんぐん吸収します。
英語アプリは子どもが日本語を身につけてから
英語の幼児教育に反対派の理由の1つは、幼い時期に英語を熱心に勉強することで、肝心な母国語…つまり日本語の習得が遅れてしまうというものです。確かに帰国子女の言葉の発達を研究した結果、母国語とサブ言語の両方の発達が遅れてしまうケースも中にはあるようです。

ただ、アプリを1日中流しっぱなしにするような使い方をしなければ、母国語の発達が遅れる心配はなさそうです。テレビやDVDと同じように、1日30分以内、1時間以内…など時間を決めて使用すれば、子ども言葉の発達に悪影響を与えることはないでしょう。特に子ども向けアプリは健康や視力なども影響も考慮して開発されているものが多く、1回数分以内の短いものが大半です。
絵本やCDも!! 英語アプリ以外の子ども向け学習ツールも活用
1日の適正時間を守り、親がスマホを管理していれば依存症になることはなさそうですが、気になる時はアプリ以外の英語学習ツールも活用しましょう。絵本やCD、DVDなど、色々な学習ツールを使うことで学び方の幅も広がりますし、学習したことが定着しやすくなります。「もっとスマホでアプリを遊びたい」とせがまれても、「今度は絵本にしようか」と返せば、子どもの興味をスマホ以外に向かせやすくなります。
子どもにおすすめのアンドロイド対応英語アプリ

こどもちゃれんじの英語アプリも人気!!
0歳から「こどもちゃれんじ」を始めている子どもも大勢いますが、お馴染みのしまじろうと一緒に英語を学べるアプリも出ています。「Hi,Shimajiro!」は毎月新しいコンテンツになるので、わくわくしながら英語を勉強することができます。しまじろうが英語で話しかけてくれるモード、アニメ、画面をタップして英単語を学ぶモードなど、多様な学び方ができるので、いつも新鮮な気持ちで学習できます。会員ではなくても遊ぶことができます。
初めて英語アプリを使う子供におすすめなのは
パンダのキャラクター、ローラでお馴染みの「LolaのABCパーティー無料」は、初めて英語アプリを使うお子さまにもおすすめです。簡単なアルファベットや単語カードをゲーム感覚で学習できるので、アルファベットを覚え始めた時期にも最適です。書き順問題、穴埋め問題など、色々なミニゲームが出題されるので、遊んでいるうちに自然にアルファベットを読み書きできるようになります。ゲームを進行するスピーカーはネイティブなので、ヒアリング能力も鍛えられるのも嬉しい魅力の1つです。
英語で名作の読み聞かせにトライ!!
アンドロイド対応子供向け英語アプリ「よみあげ絵本」は、「かぐや姫」など名作の読み聞かせが英語でできるアプリです。無料で7冊の名作絵本を読み聞かせることができます。気に入ったら絵本を追加しましょう。絵と連動して英語音声の朗読が始まるので、親御さんがあれこれ操作する必要がありません。ページも自動でめくられるので、親御さんが手を離せない時、ちょっとお子さまにじっとしていて欲しい時にも便利です。
楽しんで学ぶ! アップルストアの子ども向け英語アプリ人気TOP3
ipadの子供向け英語アプリも次々に登場しています。どのアプリも子供が飽きずに続けられるよう工夫されていますし、無料のものも少なくありません。まずはお金をかけずに英語に触れさせたい、と考える親御さんにもぴったりですね。
英単語いっぱいの歌アプリが無料??
歌のアプリは自然に英単語をマスターするのにぴったりです。

・英語で600お気に入りの子供の歌free(無料)

ドレミの歌など日本でもお馴染みの歌が24曲収録されているので、歌を聴いたり歌ったりしながら英単語をたくさん覚えることができます。ただ歌を聴くだけで良いアプリなので、対象年齢は0歳から。大きくなれば一緒に歌って楽しむことができます。

・Kids Beat子ども向けの英語教育・知育音楽ゲーム(無料:追加コンテンツApp内科金)

音楽に合わせてリズムよく楽器をタップする子ども向けのアプリです。対象年齢は3歳から6歳まで、リズム感と英語を一緒にマスターしたいお子さまにぴったりです。
親も子供と一緒に英語を勉強できるipadアプリも!!
せっかくなら子供と一緒に自分も英語を勉強したい、と考えている親子に人気のipadアプリが、「親子de英会話:子供と一緒に簡単英会話!」です。「朝起きたときのフレーズ」など、普段の生活でよく使うフレーズがたくさん入っています。「早く起きて」など日本語で言うとトゲトゲしくなりがちなフレーズも、英語で楽しく発音してみましょう。20週連続でダウンロード数1位を記録し、色々なメディアにも取り上げられている有名アプリで、2歳から10歳までの子どもが対象年齢です。
タップして英語を覚えるアプリは子どもも大喜び!!
まだ小さい子供はじっと座っているのが苦手ですよね。英語アプリもただ聞き流すだけのものだと、途中で飽きてしまうことも・・・。そんなお子さまに向いているのは、「きいて!さわって!ABC英語が身につく!幼児向け知育アプリ」です。画面に出てくるカードをタップしながら学ぶ仕組みになっているので、ゲーム感覚で英語を覚えることができます。対象年齢は3歳から4歳で、英語力に合わせてレベルを変えることができます。ネイティブの発音が流れるので、幼い頃から正しいアクセントをマスターするのにピッタリの学習アプリです。
まとめ
英語の幼児教育に関してはいろいろな意見がありますが、子どもが楽しんでいるようであれば早く始めるメリットの方が多いような気がします。今回紹介したアプリ以外にもたくさんありますし、子どもと一緒に選ぶのもいいですね。親子でたのしく学びましょう!

関連リンク
夫がブラックリストに載ってる!? 家族への影響は?ローンは組める? | マイナビウーマン
【医師監修】夜驚症の赤ちゃんが泣き叫んで辛い! 対処法は? | マイナビウーマン
ハロウィンを子供と楽しみたい! 簡単手作り衣装 & お菓子レシピ3選 | マイナビウーマン

このページのトップへ