【動画アリ】焙煎機を眺めながら珈琲を堪能できる『猿田彦珈琲 調布焙煎ホール』がオープン トリエ京王調布にいってみた

焙煎機って見たことありますか?

「コーヒーは好きだけれど、さすがに焙煎する様子までは見たことないなぁ……」という筆者と同じような方も多いはず。“生体展示”をコンセプトに、焙煎の様子から堪能できる猿田彦珈琲のお店がトリエ京王調布C館1階に9月29日オープン。コーヒー好きの筆者がさっそく行ってみました。


焙煎機の中を猿田彦珈琲代表、大塚さんに案内してもらいました。動画はこちら。
【猿田彦珈琲 調布焙煎ホール】焙煎機を大塚さんにみせてもらった
https://youtu.be/stSZMN7Ws0c

猿田彦珈琲 調布焙煎ホール

珈琲好きにはたまらないお店といえば、スペシャルティ・コーヒー専門店『猿田彦珈琲』。

そんな『猿田彦珈琲』が焙煎工房を兼ねた旗艦店『猿田彦珈琲 調布焙煎ホール』がオープン。

焙煎機4台を完備した約150坪の店内は広々とゆったりした空間設計。

注目は、店内に設置された焙煎機。ガラス張りになっているので焙煎されていく様子など、普段みられない裏方お仕事をじっくり眺めながら珈琲を堪能できます。

そしてコーヒーマニア向け? と思いきや、絵本が選書されていたりとご家族でも過ごしやすそう。

コーヒーはもちろん、ドイツソーセージを扱うケーニッヒのホットドッグや、アイス、ホットケーキといった絶品グルメも充実。

のんびりカフェタイムにぜひ訪れてみて。

世界に一台だけ! オーダー自転車が作れる『ビックカメラ京王調布店』

そのほか筆者が気ままに『トリエ京王調布』を回遊。気になったお店をご紹介いたします。

入った瞬間思うはず。「アレ、いつものビックカメラと違った」と。

トリエ京王調布へ訪れた筆者の目にとまったのは自転車。この自転車売場コーナー、オーダー自転車が作れるのだそう。

サドルやハンドルなど、カラフルな色味を取り入れれば世界に一台だけのオリジナル自転車に。売り場の自転車以外でもカスタマイズ可能なようなので、お近くにお住まいの自転車好きの方はショップで相談してみるとよし。

調理法も提案 成城石井の新業態『グローサラント』型店舗登場

おなじみの高品質な食材を扱うお店『成城石井』。トリエ京王調布店では、成城石井の食材を使ったレストランが併設。料理には、シェフ考案のレシピカードが添えてあるので食べてみて「あ、美味しかったなぁ~」といった料理をお家で作ることができるのだそう。

普段使わない調味料に巡り合ったりと、お料理好きはワクワクすること間違いなし。

トリエ京王調布
http://trie-keiochofu.jp/

施設概要

電車でのアクセス:京王線「調布駅」よりすぐ
A館:〒182-0024 東京都調布市布田4-4-22
B館:〒182-0026 東京都調布市小島町2-48-6
C館:〒182-0026 東京都調布市小島町2-61-1

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ