【朝キュン男子】俺たちの朝キュンどうだった? 劇団番町ボーイズ☆座談会

先日、最終回を迎えたマイナビウーマンの人気連載「朝キュン男子」。劇団番町ボーイズ☆のメンバーがさまざまなシチュエーションを演じ、癒しのメッセージ考えてくれた本企画は各方面で大好評! 今回はその反響を受け、連載を振り返る「朝キュン座談会」を開催。企画にも登場してくれた糸川耀士郎くん、砂原健佑くん、菊池修司くん、二葉勇くんの4人が大集合し、連載の裏話やメッセージから見えてくるそれぞれの恋愛観について語ってくれました。

劇団番町ボーイズ☆とは? 座談会メンバー紹介

グループのリーダー的存在、糸川耀士郎

――まずはみなさんの自己紹介をお願いします。では、糸川さんから。

糸川耀士郎(以下、糸川):劇団番町ボーイズ☆の糸川耀士郎、24歳です。僕は結成当初から在籍するオリジナルメンバーなので、グループを引っ張れるような役割でいたいところなんですが……。実際はいじられキャラのようなポジションなのかな。最近ハマっていることと言えば、メンバーと旅行するためにいろいろ下調べをしていますね。

二葉勇(以下、二葉):1回も企画されたことないですけどね(笑)。

糸川:そう、行ったことはないんですけど(笑)。でも、最近「グランピングに行こうよ」って提案しました。

二葉:それ言ったの僕ですよ! ちょっと嘘つくのやめてよ。

一同:あはは(笑)。

――いじられキャラの理由がなんとなくわかった気がします(笑)。メンバーから見た糸川さんの印象はいかがですか?

二葉:耀士郎はリーダーぽいっていうか、責任感の強さと熱さがありますね。番町ボーイズ☆の未来についてとか、芝居についてとか、しっかり考えているんだと思う。

菊池修司(以下、菊池):舞台の稽古中、率先して僕ら後輩たちに「こうしたほうがいいよ」ってアドバイスをくれるんです。僕が加入した当初から、すでにリーダーっぽい感じはありました。

砂原健佑(以下、砂原):でも、たまにすっ頓狂というか、ぶっ飛んだことをするイメージもあるな。それがすごくお客さんにもウケていてうらやましいキャラクターですね。

砂原健佑は、筋の通った「おもしろい変人」

――続いては、砂原さん自己紹介をお願いします。

砂原:僕は27歳で、番町ボーイズ☆では最年長です。普段は落ち着いてるけど、たまに天然だって言われることも。趣味は映画のメイキングを観ることです。昨日もちょうど『ヒミズ』のメイキングを1時間半くらいずっと見ていました。

糸川:砂くんは、独特で個性があるなというのが結成当時からの印象ですね。あと、髪が長い(笑)。

二葉:ひと言で表現するなら、変な人。でも「良い変な人」なんです。愛おしくなるというか。愛されキャラだけど、みんなそのかわいらしさに気づくのに時間がかかる。僕はそういう人が気になるタイプで、出会った当時めっちゃ話しかけていたんですよ。話していくうちに「おもしろい変人やな」って思うようになりました。

――具体的にどんなところが変なんですか?

菊池:最近気づいたんですけど、砂くんって誰かと喋りたくなったとき、その人の横に行って妙な仕草をするんです。距離の詰め方が下手(笑)。そうそう、楽屋とかで彼を観察していると、喋りたそうな空気感が出てる。そこがかわいいなと思います。

二葉:僕、砂くんと何回かお泊まりしてるんですけど、眠るのが寂しいのか、ずっと話しかけてくる。しかも全然おもしろくない話を。だから、早く寝てくれへんかなーって(笑)。

砂原:いや、人の家で寝られないタイプなの。せっかく泊まりに来てるし喋ろっか、って無理やり話してるだけ。そうしたら眠くなるから(笑)。

糸川:僕は2人きりでご飯に行くことがあるんですけど、そういうときは芝居の話とかグループの話ばっかりで。砂くんはすごく熱いし、自分の意見を曲げない。たまに意見が食いちがうと「俺はこう思う」「いや、それ正しいとは思わない」とか。そう言えるくらい筋が通っていますね。(砂原さんのほうを見て)それ、自分で感じたことない?

砂原:たしかに意見を合わせるタイプじゃない。自分の意見がちゃんとあるので。とはいえ、みんなと話していると参考になるし、いい仲間たちだなって思っています。

グループの架け橋を担うのは、天然キャラの菊池修司

――菊池さんはどんなキャラクターなんですか?

菊池:僕は21歳で、みんなよりも年下です。けっこう人並み外れた性格で、誰も言わないようなことを言っちゃうキャラですね。人見知りっていうのもあるんですが、周囲から謎めいた感じに見られてるかも。最近ハマっているのは、オーディションのために訪れた知らない駅を探索すること。こういうのがあるんだ、こういう人が多いんだとか、観察しながら楽しむのが好きです。

――人間観察が趣味ですもんね。最近グッときた駅はどこですか?

菊池:新宿ですね。

一同:知らない駅じゃないじゃん(笑)。

菊池:メンバーと新宿の「ねぎし」に行ったとき、同じビルの4階くらいにトータルテンボスがたくさん置いてあるお店があったんです。これにはグッときました。

糸川:トータルテンボスって何?

菊池:あのダルマ落としみたいな。

――トーテムポール?

菊池:そうです、それ! トータルテンボスって芸人さんか。トーテムポールが入口に3個くらい並んでる、多分アジア系のお店。建物の4階ってあんまり行かないじゃないですか。この新発見はうれしかったですね。

糸川:「建物の4階にあんまり行かない」ってどういうこと!? 普通に行くことあるでしょ(笑)。

――菊池さんはツッコまれキャラなんですね(笑)。みなさんが抱くイメージは?

二葉:天然キャラって作っている人も多いじゃないですか。でも、本当の天然ってこいつのことを言うんだなって。一見大人っぽくてクールなので、中身とのギャップがありますね。それに修司は心やさしい。番町ボーイズ☆は年齢差があるグループで、上と下が分かれているんです。ちょうど中間くらいの彼は、下の子の悩みを聞いたり、それを僕にちがう伝え方で話してくれたり、うまいこと架け橋になってくれています。だからこそ、みんなが話しやすい存在ですね。

糸川:修司はとにかく不思議。普段は話していても「何言ってんだこいつ」みたいな感じなんですけど、悩みとか深いことを話すときはガラリと印象が変わるんです。自分の思いがしっかりあって、話せば話すほど「こんなに熱いんだ」って二面性を感じますね。メンバーのこと考えている、人一倍やさしい奴! 僕のことを頼ってくれるときもあって、かわいい弟です。

砂原:年齢層高めのメンバーにも絡むし、下のメンバーにも絡むのが修司の良いところ。中間でいい立ち位置にいてくれているなって僕も思います。彼、熱いけど自信がないときも多いんですよ。それもかわいい。

会話のレシーブ力NO.1! 人の幸せを願う男、二葉勇

――では、最後に二葉さん自己紹介をお願いします。

二葉:大阪出身の26歳です。番町ボーイズ☆には双子の弟も在籍していて、2人で音楽ユニットもやっています。関西人でけっこう喋るんで、MCとか話をまわす役のイメージが強いかな。最近ハマってるのは、おいしいラーメン屋に行くことと、ポエムを書くこと。そして、人の幸せを願うこと(笑)。

――お喋りが上手なので、お笑い担当なのかな? というイメージがあります。

二葉:本当は根暗なんですけど、人の幸せを願う過程でどうしても笑いを提供してしまう。これに関しては本当に悩みというか(笑)。僕は除け者になってる人をそのままにできない性格なので、うざい人からしたらうざいかも。

――みなさんから見た二葉さんはどんな存在ですか?

糸川:さっき僕のこと熱いと言ってくれたんですが、勇は僕以上に熱い人です。自分よりもまわりを最優先で考えるタイプ。でも弱いところは見せてくれるし、すごく人間味があるから好感が持てるんです。一番温かい人というイメージがあって、メンバーもすぐ心を開けたんじゃないかなってくらい人を惹きつけるのがうまい。みんなに好かれるような素質のある人だなって思います。

菊池:僕はこう見えて彼に頼っています。自分にとって本当のお兄ちゃんのようで。おもしろいことが言えなくても、お兄ちゃんが拾っておもしろくしてくれるので、頼りがいがありますね。

砂原:常に自信を持ってるよね。番町ボーイズ☆で迷ってしまったとき、こいつがいてくれれば間違いをちゃんと正してくれるから。発言力があるので、みんなが乗っかっていきやすい存在です。

「朝キュン男子」はどうだった? メッセージから見えたお互いの素顔

糸川耀士郎「舞台役者の彼からのメッセージ」

――ここで、連載「朝キュン男子」をぜひ振り返っていただきたいな、と。糸川さんは連載の話を聞いたとき、どんなお気持ちでしたか?

糸川:話をいただいたとき、連載名に「キュン」というワードがついていることに対してプレッシャーを感じました。どんな言葉を使ったら女の子がキュンとするのかなってずっと考えていたな。今までこういった企画はやったことがなかったので、すごく勉強になりましたね。

二葉:朝にキュンとさせることなんて、まあないからな。寝起きが悪い相手をキュンとさせるのは難しいわ! しかも、メッセージだけだったらいいんですけどね。そのあとに自撮りを送っているシチュエーションがちょっとおもしろい(笑)。メッセージのあとに「ドヤッ!」って。

糸川:まあまあ、そういう企画だから! 普段は送らないけどね(笑)。しかも、俺のだけベッドの上で撮ったすごいリアルな写真なんだよな。

二葉:耀士郎のメッセージは「楽しみすぎてなかなか寝れなかったー」って言いながら、ちゃっかり朝8時に送ってますから。絶対こいつ寝てますよ。眠れへんかったらもうちょい起きるの遅いはず。

一同:あははは(笑)。たしかに!

砂原:あと「美味しいもん」っていう表現がかわいい。どこか耀士郎っぽさがあっていいですね。

砂原健佑「会社の気になる先輩からのメッセージ」

――砂原さんは実際にメッセージを考えてみていかがでしたか?

砂原:企画をもらったときのことは覚えてるんやけど、書き終えるまでに15分くらいしかかからなかったと思います。メッセージを作るのに慣れているわけではないんですが、思ったことを書こうと思って。考えすぎるとわざとらしくなるから。

糸川:飾らず、ありのままの言葉をね。

二葉:みんなの記事を読んだんですが、僕は砂くんのメッセージが一番いいなって思いました。シンプルでリアルなメッセージだよね。距離感も近すぎず、遠すぎず、って感じ。だから、読み手としては恋愛の楽しい時期を想像しちゃいました。

菊池:思ったことを書いたと言うだけあって、砂くんらしいメッセージがこの7行に詰まっているよね。「栄養ドリンク」って言葉とか、本当に言いそうだなって想像がつく。

糸川:そうそう。「身体を労わりながら」って表現もね(笑)。年上の男性って感じ。

砂原:あ~、それは先輩っていう設定だから難しい言葉使ったほうがいいかなって思ったの!

 菊池修司「学生時代の同級生男子からのメッセージ」

――菊池さんはいかがでしたか?

菊池:僕は逆にめっちゃ時間がかかりましたね。1日くらい。朝にキュンとする言葉なんて普段言わないから難しくて。まあ、無意識に言ってるかもしれないんですけど……。

一同:言ってるんかい(笑)!

菊池:意識的に言うことはなかったので、書いては消しての繰り返しでした。でも、やっていてすごく楽しかったです。

糸川:修司は普段弟キャラっていうイメージが強いから、「会おうな」とか男らしいメッセージが新鮮ですね。女の子にはこういう口調なんだな、って思うとこっちが恥ずかしい。僕たちが知らない修司の一面が全開です。

砂原:この連載記事のなかで修司の自撮りが一番ドヤ感出てますね。この「ドヤーッ!」って顔はすごい(笑)。

二葉勇&要「双子の幼なじみからのグループメッセージ」

――二葉さんの場合は、グループメッセージというイレギュラーなシチュエーションでしたよね。弟の要さんと一緒にメッセージを考えるのは大変でしたか?

二葉:要が考えたメッセージを見るのも、僕が考えたメッセージを見せるのも、本気で嫌だったことを覚えています(笑)。2人ともメッセージを作るときはすごく悩んでいて。お互いに「お前の見せろや」「嫌や」って言い合っていました。キュンとさせるメッセージを弟にも見られるわけですからね。めちゃくちゃ恥ずかしかった! でも、幼なじみの女の子を2人で取り合うっていうベタなシチュエーションを妄想の中で楽しむことができました。かわいい女の子を想像しながら書きましたよ。

糸川:そういえば、2人とも自撮りのポーズちょっと被ってるやん(笑)。

二葉:ちがうちがう、僕が先に撮ったから要がパクったんだって! しかも、あいつ「刈り上げてみた! どう? いい感じ?」って自撮り送ってるのおもろすぎない? そうそう、僕はこの企画で唯一自撮りに文字を入れたんですよ。自撮りをわざわざ送ってることに意味を持たせたくて。

菊池:これ、双子にしか出せない空気感があってすごくいいですよね。

二葉:まあね。2人とも似ている部分は少なからずあるんだと思います。俺と要はほとんどの人生を一緒に過ごしてきたから。

糸川:メッセージの雰囲気と実際の2人の性格がリンクしている部分もあるよね。勇のほうは「愚痴聞いたるからまた連絡してこいよ」っていう男らしいニュアンスじゃないですか。一方、要は「聞いてあげるからさ」ってやさしいアプローチで。なんかこの部分がめっちゃ普段の勇と要っぽい!

二葉:要の「酔ってるお前はかわいかったけどな」って文章を見たときは鳥肌立ちましたけどね。

一同:あはは(笑)。

もし好きな人ができたら? メンバーが送る脈ありメッセージ

「朝キュン男子」のために生まれてきたメンバーがいる!?

――もしも好きな人ができたとしたら、みなさんはどんな脈ありメッセージを送りますか?

菊池:ありがちだけど、僕は相手の気持ちを確証できるまで告白できないタイプの人間なんです。高校時代とかよくあるじゃないですか。「好きな人いるの?」「いるよ」「どこのクラス?」っていう探り合うメッセージ。これをずっと送っちゃいます。

糸川:なるほど。どんどん絞っていくのね。

菊池:「俺しかいないやん!」って思いながら告白する流れが理想です。

二葉:釣りにたとえたら、網ですくうところまで待って獲るってやつでしょ(笑)。

糸川:僕は我慢できなくてすぐご飯に誘っちゃうかも。メッセージでダラダラやりとりをするのが嫌なんです。「会って話したい!」って思っちゃうタイプ。それも、なるべく2人きりで。

砂原:僕もすぐご飯に誘うかな。メッセージを何回も往復させることはしないと思います。出会って、いいなって思って。もしそこで仲良くなれたなら、その日に次の約束をするかもしれないですね。

糸川:だよね。あと僕の場合は、2人で会う前に脈ありっぽいメッセージを送っちゃいそう。

二葉:先にエサまくってこと(笑)?

糸川:そう! 多分俺、気持ちが抑えきれないから。たとえば「この日にご飯行きましょう」って約束をするじゃないですか。そこまでに何日か空いていたら「今日仕事疲れたけど、次会う日のためにがんばれたわ」とか送っちゃいそう。

二葉:お前はこの企画のために生まれてきた男やな!

糸川:あはは(笑)。そういうことを言って「あれ、もしかして……」って、相手の子に思わせたいんだよね。

砂原:ジャブ打つわけね!

メンバーが普段送り合うメッセージって?

――みなさんは普段どんなメッセージを送るんですか?

二葉:僕は短文のメッセージを送ることが多いですね。長く送ると、向こうも長く返さなあかんくなるから申し訳ないなって。なんせ俺、人の幸せを願うのが趣味ですから。

糸川:僕は好きな子と、それ以外の子でメッセージの長さが変わるかも。好きな子だといろいろ質問しちゃいそう。それに対して相手が答えて、さらに質問をつけ足してきてって流れ、学生時代とかなかった? あとで見返すと「うわ、なっが!」みたいな。

菊池:ひとつのメッセージで内容のちがう会話が3個くらい繰り広げられてるやつ!

糸川:わかる、わかる! 改行して、また改行って流れ。

二葉:え、ちょっと待って! だとしたら俺に対してのメッセージ、淡白すぎない? 僕たちのあいだでもよくメッセージのやりとりはするんですけど、耀士郎はほぼ返さないんですよ。男の連絡には一切返さない。

糸川:やめて、そんなことない(笑)! それで言ったら、砂くんは淡白そうに見えてメッセージにギャップがあるよね。この前なんて「あ・り・が・と・う」っていうメッセージを一文字ずつスタンプに変えてたし。みんながツッコんでくれるのを待ってるでしょ、あれ。

砂原:ちがう、ちがう。狙ってない! 普通にメッセージを送ったら味気ないから、ちょっとでも付加価値をつけようとしたの。どうでもいい返信に彩りを持たせようっていう気遣い(笑)。

糸川:それ僕のお母さんも使ってる手法だから。

二葉:おかんの思想と一緒やん(笑)!

10月1日(日)開催「テアトル★番町 The Live Vol.2」の見どころは?

――番町ボーイズ☆の今後の活動についても教えてください。10月1日には、ライブを予定されているんですよね?

二葉:そうなんです。「テアトル★番町 The Live Vol.2」といって、いろいろなコンテンツが詰まった満足度の高いライブの開催を予定しています。普段僕たちはライブをやることがあまりないので、ファンの方たちにとってもお徳感のある1日になるはず! お祭りみたいなイメージのライブです。

糸川:そうだね。前回のvol.1では、舞台で使った曲や各ユニットの曲を披露したり、「テアトル★番町」という番組でやったコントを再演したりしました。今回も同じように楽しいイベントになるんじゃないかな、と。

菊池:僕らは普段舞台をやらせていただくことが多いんですが、そこではあくまでも役を演じているので。ライブでは僕ら自身の言葉や人柄が感じられるんじゃないかと思います。お客さんとの距離が近いのもポイントですね。

砂原:僕はライブでほかのメンバーとちがうことがしたいなって考えています。あ、こんなん言ったらやらんとあかんくなるから怖いな(笑)。でも、普段とちがった自分を見せたいですね。

二葉:今回のライブは、はじめての方でも絶対に楽しめる環境を作って待っています。これまで舞台に来る勇気がなかった方も、ぜひお友だちを誘ってきてもらいたいですね。

向かう先はひとつ。青春真っ只中の劇団番町ボーイズ☆

少し緊張した面持ちで現場入りしたメンバー。お互いの印象についてまず聞くと、照れながらもそれぞれの良いところをまっすぐに話してくれました。しかし、座談会が進むと緊張が解けたのか、恋愛観を語り合って現場は大盛り上がり! まるで男子校を想像させるようなメンバーの仲睦まじい様子を見ていると、どこか甘酸っぱく懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

彼らはまさに青春真っ只中。インタビューを通してわかったメンバーの個性は全くもってバラバラでも、劇団番町ボーイズ☆として向かう先はきっとひとつ。お互いを信頼し合い、ときにはぶつかり合って夢と向き合う青年たちの姿に、これからも多くの人々が“キュン”とさせられることでしょう。

 

劇団番町ボーイズ☆の今後の活動予定

<劇団番町ボーイズ☆ライブ>

『テアトル★番町 The Live Vol.2』

日程:2017年10月1日(日)

場所:原宿・ベルエポック美容専門学校 第2校舎

<劇団番町ボーイズ☆第10回本公演>

クローズZERO

日程:2017年11月30日(木)~12月3日(日)

場所:CBGKシブゲキ!!

<劇団番町ボーイズ☆レギュラー番組>

TOKYO MX『テアトル★番町W』

毎週金曜 23:30~24:00

<劇団番町ボーイズ☆公式サイト>

http://www.banchoboys5.com

新連載「夜キュン男子」はじまる!?

劇団番町ボーイズ☆の人気連載がパワーアップして帰ってくる!? 「朝キュン男子」にも登場してくれたメンバーが、今回は「夜キュン男子」に変身。疲れて帰宅した女性たちを癒すメッセージをお届けします。連載は10月よりスタート予定。こうご期待!

(取材・文:井田愛莉寿、撮影:為広麻里)

関連リンク
【朝キュン男子#01】舞台役者の彼からのメッセージ(演:糸川耀士郎)
【朝キュン男子#02】会社の気になる先輩からのメッセージ(演:砂原健佑)
【朝キュン男子#06】学生時代の同級生男子からのメッセージ(演:菊池修司)

このページのトップへ