彼氏がきっと満足な答えを言えない「彼女からの質問」とは



彼氏の気持ちを確かめようと、いろんな質問をしてみても、なんだか煮え切らない答えばかりで、「本当に私のこと好きなの?」なんて思ってしまうこともあるかもしれません。
でも、ひょっとしたらそれは彼氏のせいではなく、あなたの禅問答っぽい質問のせいなのかも?そこで今回は、10~20代男子に「答えにくすぎる彼女の質問」について聞いてみました。

1.「どこが好き?」


「彼女に、『私のどこが好き?』って聞かれるのがかなり困る。別に、具体的に、これとこれとこれとこれがあるから好きみたく、上手に言語化できないもんね、気持ちは」(公務員/25才)
これはついつい聞いてしまいがちなもののひとつですが、最も答えるのが困難な質問でもありますよね。
例えば「優しいから好き」と言ったとして、優しくなかったら好きじゃないのかと言われると窮してしまいます。やはり、好きだから好きなわけで、因数分解は不可能です。

2.「どのくらい好き?」



「好きの大きさを聞かれるのも困ります。『めちゃくちゃ好きだよ』とか言っても、『え、その程度? 私は死ぬほど好きなのに』って、そんなのお前のさじ加減次第じゃねえか(笑)」(理学療法士/24才)
気持ちの問題というよりも、語彙力の問題ですよね、ここまでくると(笑)。とりあえず、「めちゃくちゃ」でも「とっても」でも「すごく」でも「ありえないくらい」でも、何かしらBIGな感じがする答えを言ってくれたら、良しとしてあげましょう。

3.「わかんないの?」


「彼女に『本当にわかんないの?』と聞かれてしまうときは、悪いけど本当にわかってないので、正直に『うん、ごめんわかんない』と答えるしかないわけだけど、そう答えると怒るから理不尽」(美容師/26才)
自分の気持ちが彼氏に伝わってないことが意味不明すぎて殴りたくなるときもあるかもしれませんが、良い悪いとかじゃなくて、単純に、価値観の違いですよね。そこを責めるわけにはいきません。
「わからないの?」と聞きたくなった時点で、もはや聞くまでもないわけです。彼氏は絶対にわかってないのですから。聞けば、余計にイライラするだけです。
これを読んでいて「いやいや、ちゃんと言わない彼女が悪いっしょ~!」と思っている女性の方もいらっしゃるでしょうが、それでも本当に「なんでよ!?」と彼に対して思うときってくるものですよ。

4.「結婚は?」



「結婚に関する話題には、沈黙しがちにならざるを得ない。下手に返事をしてしまったら、変に約束しちゃったことになるかもしれないからそれも嫌だし、あとは、サプライズ感もなくなるから」(アパレル25才)
彼氏の頭の中に構想があってもなくても、この質問には薄い反応しか期待できないでしょうね。「うーん」みたいなね。ただ、反応はイマイチでも、彼氏を急かす効果があるのは間違いないですけどね(笑)。

おわりに


人に偉そうに言うのは腰が引けるけど、ようは、「野暮なことは聞くな」ってことですよね。聞いたらなんとかなりそうなモヤモヤなのか、それとも、どんな答えが来ようと、きっと大して変わらないモヤモヤなのか。
後者なら、質問するだけ無駄だし、単なるイジワルでしかありませんよね。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)


【関連記事】
別れのサインかも…彼氏からの危険信号とは
「ねぇ、キスしない?」彼にキスをおねだりするのに最高なタイミングって?
乗り越えてこそ、ふか~い関係に♡カップルの「倦怠期」の乗り越え方
お泊りするなら必ず見たい!パジャマ姿の彼女にしてほしいこと
だから大好きなんです!彼があなたを選んだ理由

ハウコレ 09/28

このページのトップへ