4K Ultra HDとHDRに対応した新『Amazon Fire TV』が8980円で発売へ 『Chromecast』のようなケーブル一体型に

Amazon.co.jp(以下Amazon)は9月28日、メディアストリーミング端末『Fire TV』の新機種を発表。Amazon上で予約受付を開始しました。

1.5GHzのクアッドコアプロセッサー、2GBメモリーと8GBの内蔵ストレージを搭載。スティック型端末『Fire TV Stick』より40%性能を強化しているとのこと。音声認識リモコンが付属し、『Amazonビデオ』全体で音声検索が可能。

60fpsやHDRによる鮮明な画像と色彩の再現やDolby Atmosの音響技術へ対応。4K Ultra HDとHDR対応テレビに接続することで、『Amazon プライム・ビデオ』や『Netflix』などから配信される高画質・高音質なコンテンツの再生が可能に。

Wi-Fiはデュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO)、802.11a/b/g/n/ac対応。別売りのイーサネットアダプタを装着することで、ルーターから有線で接続することもできます。

本体はHDMIケーブルと一体型になり、『Chromecast』のようにテレビのHDMI端子にぶら下げて取り付けが可能になっています。コンパクトサイズになり、持ち運びにも便利になりました。

価格は8980円(税込み)。9月28日から予約受付を開始し10月25日に出荷開始を予定しています。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ