けもフレ騒動に新展開? ドワンゴ執行役員 「先ほど川上と話しましたが、今日具体的なアクションを起こすそうです」

9月25日夜、アニメ「けものフレンズ」のたつき監督が
「けものフレンズのアニメから外れることになりました」
とツイート。ネットを中心に騒動となり、27日には公式サイトに

「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関するご報告
http://kemono-friends.jp/archives/category/news/

という文章が掲載された。

参考記事:【続報あり】『けものフレンズ』たつき監督降板問題でKADOKAWA川上量生社長がコメント 「ぼくもそもそもの事情をまったく把握していない」
http://getnews.jp/archives/1914380[リンク]

さまざまな憶測が飛び交う中、27日お昼にはドワンゴの執行役員である栗田穣崇氏(@sigekun)が『Twitter』にて

先ほど川上と話しましたが、今日具体的なアクションを起こすそうです。みなさんにすぐにアナウンスできるかどうかは分かりませんが、見守っていただければと思います。

とツイートを行った。

その数時間前には、

ファンが本当に求めているのは事の真相よりも、たつき監督が活躍の場を得られることなので、どんな理由があったにせよ何らかの形で彼をグループとして支援する、ということしか落とし所はないと思うし、それができるのはカドカワ社長の川上さんだけだと思う。がんばって欲しい。

という旨のツイートも行っており、栗田氏には

「どんな結果でも、動いて下さるだけで本当にありがたいです。 ありがとうございます」
「がんばったクリエイターさんたちが報われますように」
「監督が戻ることは叶わないかもしれませんが、何か吉報をいただければと思います」
「今けものフレンズを救えるのは貴方達だけです。どうか、どうか助けてください。お願いします 」

といったツイートが寄せられていた。
また、

Twitterでいくつかお問い合わせいただいている「ニコニコニュースのランキングに意図的な操作があったのではないか」という点についてお答えさせてください。

ともツイートし、騒動勃発からしばらくの間、監督降板関連のニュースについてランキングの操作があったのでは? という疑惑についての回答ツイートを続けていた。
いずれにせよ、今後の動向に注目である。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ