【医師監修】妊娠33週目には入院の準備を! 赤ちゃんの変化・ママの生活上の注意点

妊娠33週目になると、ママの身体やお腹の赤ちゃんにはどのような変化があるのでしょうか。この時期に見られる変化やこの時期特に注意したいことなどをまとめて解説します。







この記事の監修ドクター

藤東クリニック 藤東淳也先生

女性のトータルライフをお任せいただけるような診療を目指し、
女性のライフサイクルを応援します。
https://fujito.clinic
妊娠33週目ってどんな時期? 

赤ちゃんの成長
「妊娠週数別の胎児体重の基準値」(*)によると、妊娠33週目の赤ちゃんの体重は1,980gが平均値です。 後遺症が心配される「低出生体重児」は、出生体重が2,500g未満。順調に育てば臨月(36週目)のころには赤ちゃんが2,500g前後に達すると考えられます。予定日まで時間がありますので、経過を見守ってあげてください。

(*「妊娠週数別の胎児体重の基準値(超音波検査法による)」日本産科婦人科学会http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/taiji_hatsuiku_kyokusen.pdf)
未熟児無呼吸発作の可能性が減る
在胎37週未満で生まれた赤ちゃんは「早産」の扱いとなり、さまざまな障害のリスクが高まります。そのひとつが「未熟性無呼吸発作」です。もともと生まれたての赤ちゃんは、呼吸のリズムが一定ではありません。しかし、早産でなおかつ生まれた時期が早いほど、未熟性無呼吸発作の率が高まると考えられます。これは呼吸中枢や脳が未熟であるために、呼吸の命令が正常に出せていないことが原因と言われています。

しかし在胎週が33週目〜34週目以降に生まれた場合は、未熟児無呼吸発作を起こすことはほとんどないと考えられています。
妊娠33週目のママと赤ちゃんの様子

妊娠33週目の過ごし方で、赤ちゃんの健康&ママの体調も変わってきます。さまざまな体の変化が起こりますが、体調管理に気をつけて穏やかに過ごしてください。

赤ちゃんの変化

「羊水の中にいる赤ちゃんは、おしっこなどはどうしてるんだろう?」「羊水を飲んで苦しくなることはないのかな?」などと疑問に思ったことはありませんか。この時期になると赤ちゃんは排尿をします。同時に羊水も飲んでいるのです。これは腎臓機能が成熟した証拠ですから、順調に発育していると言えます。

なお、妊娠33週になれば、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚といった「五感」が完成を迎えています。すでに羊水の味もわかっているようです。
ママの変化
赤ちゃんの体重は毎週150g前後の増加。ママの体重は450g程度増えていきます。妊娠後期からは必要な摂取カロリーが非妊娠時よりも1日450カロリーも増えるため、体重が増えるのは当然です。足腰に負担がかかりつらいと感じるときもあるかもしれませんが、順調に育っている証です。
妊娠33週目に必要なこと

働いているママはそろそろ産休に向けての準備を始めましょう。また、臨月に入ったらいつ産気づいてもおかしくないため、今から入院の準備をしておきましょう。
入院の準備をはじめましょう
入院がまだ先でも、入院準備は早めに始めましょう。臨月前後になると、睡眠不足になる妊婦さんも増え、入院準備がおっくうになることも考えられます。また、急な管理入院、あるいは予定日よりも早い出産もあり得ます。1度に全ての用意をする必要はありませんが、空いている時間を使って少しずつ準備を進めましょう。

なお、里帰り出産(帰省出産)をするママは、現地の母子保健サービスが受けられるケースがあります。ですから、帰省地の役所(母子保健担当職員・相談員など)に連絡し、説明を受けておくことも大切な用意の1つと言えます。
入院には何が必要?
まず必要なのが大きめのバッグです。ボストンバッグなど、容量の大きなバッグであれば何でもかまいませんが、なるべく軽くて丈夫なものが良いでしょう。

優先順位の高い持ち物は、健康保険証、入院する病院の診察券、母子健康手帳、印鑑。これらは入院の際必ず必要になるので妊娠後期に入ったら普段持ち歩く手持ちバッグの中に常に入れておくようにすると良いでしょう。この他、パジャマ、下着、化粧品、ティッシュ、スリッパ、生理用品なども用意します。

なお、スマートフォン・タブレット・PCなどは情報収集や暇つぶしのツールとしては良いですが、病室では使えないこともあります。あらかじめ確認しておくと良いでしょう。
妊娠33週目の注意点

手首の痛みを感じたら…
「最近なんだか手首が痛いな…」ということはありませんか?  妊娠・出産期の女性に多いとされる病気に「手根管症候群」があります。特に人差し指や中指に痛みやしびれが出ている場合、親指の付け根が痩せてきている場合などは手根管症候群が疑われるので、医師に相談してください。

(*「手根管症候群」日本整形外科学会

https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/carpal_tunnel_syndrome.html)
外出時は頻尿・尿漏れにご注意を
出産に向けて、赤ちゃんの位置は骨盤のほうへ下がってきます。今まで圧迫されていた、胃、肺、心臓がラクになることで「安定期が戻ってきた」というくらい元気になるママもいるようです。ただし、赤ちゃんが下がってきたことで今度は膀胱が圧迫され、頻尿や尿漏れが起きやすくなります。ちょっとかがんだり、笑ったりなど、思わぬきっかけで漏れてしまうことがあるので、不安な人はナプキンや尿漏れパッドを当てて外出するようにしましょう。
まとめ

尿漏れ・頻尿・残尿感など、妊娠後期はトイレの悩みが出てきます。頻繁にトイレへ行くのは大変でしょうが、膀胱炎を防ぐためにもトイレを我慢しないようにしましょう。外出する場所も、できるだけ「トイレにいつでも行ける環境」を選びたいところです。臨月まであと少しですので、入院の準備も進めつつ、妊婦健診も月2回以上しっかり受けるようにしてください。

関連リンク
【医師監修】夜驚症の赤ちゃんが泣き叫んで辛い! 対処法は? | マイナビウーマン
夫がブラックリストに載ってる!? 家族への影響は?ローンは組める? | マイナビウーマン
【医師監修】自閉症の子は表情や仕草でわかる? 主な症状・特徴とは | マイナビウーマン

このページのトップへ