【続報あり】『けものフレンズ』たつき監督降板問題でKADOKAWA川上量生社長がコメント 「ぼくもそもそもの事情をまったく把握していない」

2017年9月25日夜にアニメ『けものフレンズ』たつき監督が『Twitter』で「アニメから外れる事になりました」とツイート。「ざっくりカドカワさん方面よりのお達し」ということで、KADOKAWAや傘下の『niconico』に批判が集中する事態となっています。

そんな中、2017年9月26日にITジャーナリストの三上洋氏が「これからでもいいので、ぜひとも判断変更をお願いします」とKADOKAWA川上量生社長の『Mastodon(マストドン)』の『friends.nico』インスタンスアカウント(@kawango)にリプライ。それに対して、「仕事のことをSNSでは質問を受け付けることはしていません」としつつコメントしています。

仕事のことをSNSでは質問を受け付けることはしていませんが、たつき監督の件はぼくも心配しています。ニコ動でけものフレンズが盛り上がったのもたつき監督のアニメそのものはもちろんとしても、個人的な活動の寄与が大きかったと思っています。

これだけの騒ぎになっているわけですから、KADOKAWAにせよ、ドワンゴにせよ、この件について中で議論されないということはありませんから、その部分についてはご安心ください。結果どうなるかについては、ぼくもそもそもの事情をまったく把握していないので、いまのところは分かりませんが。

これを読んだユーザーからは、「KADOKAWAサイドの暴走か?」「騒いだ甲斐はあったかな?」といった反応があり、未だに疑心暗鬼に包まれている様子。

ある『Twitter』ユーザーからは、次のようなツイートも。

けものフレンズは二期が観たいというより、「一期の続き」が観たいんだよな。この感じ伝わるだろうか。

また、ワシミミズク役の声優上原あかりさんも次のように心配していました。

けものはいても、のけものはいないんじゃなかったの?

2017年9月27日0時の時点でKADOKAWAサイドからの公式発表はまだありません。それまでしばらくたつき監督降板問題は尾を引くことになりそうです。

続報 2017年9月27日0時40分

2017年9月27日0時30分ごろ、『けものフレンズ』公式サイトに「映像化プロジェクトのご報告」が掲載されました。

それによると、「発表当初より同体制での継続か、新体制での新たな表現なのか合わせて検討中で、現時点においても何も決定していない状況」としています。また、「アニメーション会社のヤオヨロズ株式会社より8月の段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状」として、その理由として「関係各所に連絡がないままでの作品利用がありました」という文言も。これがたつき監督の第12.1話「ばすてき」を指しているのか不明ですが、いずれにしてもKADOKAWA側とヤオヨロズ側の意思疎通が今回の降板騒動の理由のようです。 

※画像は『friends.nico』より
https://friends.nico/@kawango/36569305 [リンク]

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ