だから大好きなんです!彼があなたを選んだ理由



彼と私って釣り合ってる?――「やさしくてかっこいい理想の彼がなんで私なんかを選んだんだろう?」そう不安に思ったことのある女子、実は多いのではないでしょうか。
今回は10~20代男子に彼女を選んだ理由について取材してきました。

・タイプだったから


「今カノは、ドンピシャで俺の好みのタイプ。背が高くて細くてロングヘアで。内面も大切だけど、やっぱり外見が好みの方が付き合うテンションは上がると思う」(22歳/学生)
かわいい、美人はもちろんモテますが、「好みのタイプ」って、それとは別に、その人独自の価値観がありますよね。「私なんて、美人でもないのに・・・」と思っていても、実は彼にとっては「ここが最高!」なポイントがあったりするのかも。
彼の好きな芸能人からそういう「グッとくるポイント」を探ってみるのも良いかもしれませんね。

・価値観が合うから



「ノリが合うかどうかは大切だと思う。自分が面白いと思って発言したことでドン引きとかされたくないし、同じものを見て笑い合いたいからね」(25歳/証券)
「今カノとは一緒に教師になって5年くらいしたら結婚するのが夢。住みたい地域も偶然一緒で・・・。将来設計が同じ人なんてあんまり出会えないと思うから大切にしたいと思ってる」(20歳/学生)
ノリが合うと、些細なことでも一緒に楽しめますもんね。無理に相手に合わせることなく、自然体で付き合うことができる相手とは、長く付き合っていけそうな気もします。
あなたの笑いのセンスや楽しみ方といったポジティブな面での「ノリ」だけでなく、どういうことをイヤだと感じるのか?などのマイナスな部分に関しても共通の部分があると、お互いストレスなく過ごせますもんね。
こういった価値観や、人生に対する考え方がかみ合う人を運命の相手と感じる人は少なくないよう。
将来設計が同じとなれば末永く大切にしたい相手として、お互いに辛さや嬉しさを共有・共感できるというのも心強いですね。

・尊敬できるから


「今の彼女はすごく尊敬できる人で、そこが決め手になったかな。一緒にいて凄く勉強になるし、いい刺激がいっぱいもらえる。彼女のおかげでお互いに支え合って成長していける関係が築けてるよ」(24歳/損保)
すごいな!見習いたいな!という気持ちが恋に発展しているパターン。彼はあなたからたくさん学び自己成長していけることを嬉しく思っているのです。
「好き」という気持ちはなか熱量を保ちつづけることが難しいですが、「人として魅力的・尊敬できる」というのは長続きするんですよね。
これからもあなたの考えや価値観をたくさん共有して、そして、彼の考えも同じく吸収して、さらにふたりでいろんなことを話したり、挑戦してみる。
そういう関係は、お互いにとってすごく良い時間になるはずです。

・浮気しなさそうだから


「彼女はすごく一途なんだよね。愛されてるし、信頼してくれていて、浮気もしなそうだから、俺自身も彼女のことを信頼して付き合える。元カノはかわいかったけど、いつもフラフラしてて・・・。それが嫌で別れたよ」(19歳/学生)
本命にするなら「美人よりも一途な子」という男子は多いもの。せっかく付き合ったのに浮気の心配ばかりしていては楽しく付き合えないですもんね。
かわいくて他の男からもモテる彼女となると、男としては鼻が高いかもしれませんが、付き合っていくことを考えると、安心感がないと疲れちゃうんですよね。

・ポジティブだから


「どんな状況でも笑って『大丈夫』って言ってくれる彼女が好き。すごいポジティブだから一緒にいる俺も前向きになれるようになったよ」(20歳/学生)
「一緒にいると元気をもらえる」そんなとポジティブ女子は大人気です。人生山あり谷ありの中を歩んでいくとしたら、物事を前向きにとらえられる彼女がいると心強いですもんね。彼と明るい未来を照らせるようポジティブな姿勢で彼の力になってあげましょう。

おわりに


安心してください!あなたが彼を選んだ理由があるように彼にもあなたを選んだ理由がちゃんとあるんです。
だから他の女子と比べて劣等感を持ったり、悩んだりする必要なんてないんです。無理に変わろうとせず今のままのあなたで、これからも彼をたくさん愛してあげてくださいね。(城山ちょこ/ライター)
(ササキミウ@M_Y_3733/モデル)(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)


【関連記事】
一生一緒にいてくれや!カレが「手放したくない」彼女になる方法
いつか直るかも…は間違いです。付き合っていても将来性のない男の特徴
彼氏がきっと満足な答えを言えない「彼女からの質問」とは
別れのサインかも…彼氏からの危険信号とは
「ねぇ、キスしない?」彼にキスをおねだりするのに最高なタイミングって?
乗り越えてこそ、ふか~い関係に♡カップルの「倦怠期」の乗り越え方

ハウコレ 09/26

このページのトップへ