けものフレンズ騒動に苦言? ブシロード社長「プロレス以外で場外乱闘を見せてはいけない」ツイートが波紋

9月25日夜、人気アニメ「けものフレンズ」のたつき監督が

突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です

とツイート行い、現在ネット上を中心に大騒動となっている。

26日の朝には、「けものフレンズ」の新作ゲームを制作中である株式会社ブシロードの木谷高明社長(@kidanit)が『Twitter』にて

少し言わせてください。プロレス以外で場外乱闘を見せてはいけない。応援して頂いているお客さんに失礼だ。

とツイートを行った。
「新日本プロレス」の親会社でもあるブシロードの社長らしい言い回し。明言はしていないものの、ほとんどの『Twitter』ユーザーはたつき監督の「けものフレンズ」降板騒動についての意見と受け止めたようである。
上記ツイートには

「たつき監督のことを言ってるんですか? 場外乱闘に持ち込まなきゃ勝機なんてなくないですか?」
「ファンの反応を場外と扱ってることだけはよーくわかりました」
「『お客様』を脅し文句に使う人間には 隠された悪意しか感じない」
「貴社の商品は今後一切触りません」
「意訳すると『都合が悪いから黙ってろ』って事だろコレ。 応援してくれてるファンに失礼なのは果たしてどっちだろうね?」
「お前ら観客にパイルドライバー決めてんだろうが」

など、批判ツイートが殺到するなどして波紋が広がっているようだ。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ