トレエン斎藤さん、結婚式の夢語る「新婦より目立ちたい」

若い女性たちに人気のお笑いコンビ「トレンディエンジェル」さんが、2017年9月2日開催の「マイナビ presents 東京ガールズコレクション 2017 AUTUMN/WINTER」(以下TGC)にゲスト出演! ウェディングドレスを着こなす飯豊まりえさんと武田玲奈さんの“新郎役”として、タキシード姿で登場しました。そんなトレンディエンジェルさんのバックステージを、マイナビウーマン編集部が直撃取材。気になる2人のファッション事情を教えてもらいました。

ランウェイで輝くモデルさんも、舞台裏では「普通の女の子」

――ランウェイお疲れ様でした! 飯豊まりえさんと武田玲奈さんとのステージはいかがでしたか?

トレンディエンジェル 斎藤司(以下 斎藤):今回のステージでは、ウェディングドレス姿の花嫁(飯豊まりえさんと武田玲奈さん)を引き立たせる“新郎役”をやらせていただきました。お客さんも満員で、すごく気持ちよかったです! でも見ると恋しちゃうので、あまり客席を見ないようにしていました。

トレンディエンジェル たかし(以下 たかし):男の人も何人か見ましたね。「白石麻衣」といううちわを持った男性客。

斎藤:それは乃木オタな。

――ランウェイ直後でも、ボケとツッコミが冴えていますね! 普段出演されているお笑いのステージと比べると、どちらが緊張しましたか?

斎藤:お笑いですかね。というのは冗談で、やっぱりTGCですかね。

たかし:お客さんの人数や会場の広さが圧倒的にちがいますし、今日は何か言っても「お客さんにちゃんと伝わっているのかな?」と心配になりました。

斎藤:あとは歩き方! まりえちゃんのドレスの裾を踏んじゃうんじゃないか、そのままドレスが全部脱げてティアラだけになっちゃったらどうしようとか、東京ゲスコレクション(略してTGC)を想像しちゃいましたね。

――無事に終わってよかった!(笑) 舞台裏では、モデルさんやほかの出演者さんたちとお話しましたか?

斎藤:そうですね、仕事などで顔見知りの子とは話しました。朝比奈彩ちゃんとか、河北麻友子ちゃんとか、ベッキーちゃんとか。

たかし:僕はおばたのお兄さんと話しました。

斎藤:今日一緒にステージに上がったまりえちゃんもそうだったんですけど、モデルさんたちに「お久しぶりです」って話しかけてもらえるとうれしいです。

たかし:前までは、モデルさんたちに対して少しお高くとまったイメージがあったんです。僕たちみたいな芸人とは話してくれないんじゃないか、って。ランウェイを歩いているときの輝きはすごいですから。でもバックステージでは意外とみんな気さくだし、普通の女の子なので安心します。

自分の結婚式の願望は? 「新婦より1回多くお色直しをしたい」

――今日のタキシード衣装、お2人ともかっこよくキマっていますよね! それぞれの個性がとてもよく表れている気がします。特にお気に入りのポイントはどこですか?

斎藤:僕はオレンジのボタンが気に入っています。普段の私服は白や紺が多く、自分ではあまり選ばない色なので、センセーショナルですよね。

たかし:このタキシードも、僕に合っている感じですよね。実はボタンもちょっと高級感があったりして、外からは見えないけど中のサスペンダーもオシャレだし。

――将来ご自身の結婚式で「こんな色のタキシードを着たい!」という願望はありますか?

斎藤:やっぱり紺ですかね。新婦より1回多くお色直しするのが夢です! 新郎のほうが新婦より目立とうとする(笑)。

たかし:僕は赤ですね。カズレーザーと同居しているので。60歳になってから結婚するつもりなので、ちゃんちゃんこ代わりになるかな。

――お2人とも、奇抜な結婚式になりそうで楽しみですね(笑)。

斎藤:本当に楽しみですか!? 僕たちの結婚式、ぜひ来てくださいね!

オシャレにはお金を惜しまない!? トレンディエンジェルの私服事情

――ファッションフェスタにちなんで、お2人の好きな女性のファッションを教えてください。カジュアル系・ガーリー系・コンサバ系の中ならどれがいいですか?(下図を見せながら)

斎藤:僕はコンサバですね! ガーリーとコンサバのちがいって、スカートの丈も関係していると思うんです。膝上だとちょっと露出しすぎですね。僕は大人な女性が好きなので、こういう膝下のタイトなスカートで、肌はあまり見えないけどボディラインが強調されているようなファッションがたまらないです。このまま授業参観とか行けそうな落ち着きがありますよね。

たかし:僕はツインテールの女の子だったら基本何でもいいんですが、しいて言うならカジュアル系ですね。僕、彼女と一緒にキャッチボールをしたいんですよ。だからお互いカジュアルな格好で、一緒にアクティブなデートを楽しみたいです。

斎藤:僕は、銀座と表参道でショッピングデートをしたいです。彼女をあまり歩かせないよう、配慮してあげたいですね。

――ご自身の私服は、普段どのようなものを着られることが多いですか?

たかし:僕はこの中だったらガーリー系を着ますね。よく短パンを履いて膝を出しているので。

斎藤:ガーリー系じゃないだろそれ! 僕はちょっと高価だけどカジュアルな服が好きですね。『BIGBANG』のG-DRAGONが着ているような服ばかり買っていた時期もあって。

――たしかに斎藤さんは、インスタグラムでもよくブランドアイテムの写真を投稿されていますよね。

斎藤:そうなんです、最近買いすぎて。この前も『三代目J Soul Brothers』が買うようなブランドのパーカーを14万で購入したんですよ。秋冬でどう嫌味なく着こなしていくか考えます。

たかし:僕もこの前、GUCCIのジーンズを15万で買いました。

――すごい、お2人ともファッションにお金を惜しまないんですね! ちなみに、今までの人生で一番思い入れのあるファッションアイテムはありますか?

たかし:僕は、野球部の先輩からもらったSSKのスパイクですね。左右両方のスパイクにP革(※)がついているんですよ。

※P革:スパイクのつま先部分を保護・補強するアイテム

斎藤:それファッションアイテムじゃないだろ! 僕は、キングカズ(プロサッカー選手の三浦知良さん)にもらった、サイン入りユニフォームですね。でも、みんなでフットサルしたときにたかしに貸したら、それっきり返してもらえないんです。

たかし:あ、それ捨てちゃいました。

――えっ! どうして捨てちゃったんですか!?

たかし:断捨離をしたくて……。

斎藤:俺がカズにもらったユニフォーム、たかしに断捨離されちゃうなんて最悪ですよ。別にあげてないし、貸しただけなのに。借りパクならぬ、借り捨てですよね。

たかし:借り断捨離!

斎藤:髭男爵(ひげだんしゃく)みたいに言うな!

――真偽のほどはわからないですが、すごいエピソードですね(笑)。これからもお2人の個性あふれるファッション、楽しみです! それではお時間ですので、取材は以上となります。

斎藤:えっ、もう終わりですか? 僕はまだ取材受けたいですけどね。

たかし:ファッションの話しますよ!

斎藤:スパイクの話をする奴に、ファッションの話聞きたくねーよ!

まわりを笑顔にする「トレンディエンジェル」のお笑い力

ステージを終えた多くのモデルさんが行き交うバックステージには、若干の緊張感が漂っていました。しかし現場にトレンディエンジェルさんが登場した途端、その空気は一変。撮影中もおもしろいポーズで笑いを誘い、いつしか緊張感は和らいでいました。

インタビュー中も変わらず、休む間もなくボケとツッコミの嵐が続きます。そして取材終了後も「まだまだ答えられますよ!」と、サービス精神旺盛。ただおもしろい話をするだけではなく、まわりを自然と笑顔にする雰囲気を持ち合わせている2人から、真の“お笑い力”を感じました。

トレンディエンジェル プロフィール

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。2013年オンバト+第3代チャンピオン、2014年THE MANZAI準優勝、2015年M-1グランプリ優勝。

【たかし】1986年1月30日生まれ。東京都小平市出身。趣味はメイドカフェ、アイドル、オタ芸、野球、麻雀、後輩芸人の家に泊まり歩く。

【斎藤司(さいとうつかさ)】1979年2月15日生まれ。神奈川県横浜市出身。趣味は歌、ダンス、ブラインドタッチ、ものまね、ファッション。

(取材・編集:高橋千里/マイナビウーマン編集部、撮影:前田立)

関連リンク
飯豊まりえ、世界初の「コグニティブドレス」に総額3億円のティアラで登場!
【TGCインタビュー/朝比奈彩】ステージは「魔法がかかった世界!」
【TGCインタビュー/河北麻友子】「青いワンピースが憧れ」デビューのきっかけ語る

このページのトップへ