【医師監修】子どもの癇癪(かんしゃく)の正しい対処法とは?

子どもの癇癪がひどい・・・と参っていませんか?1歳~2歳から始まる癇癪は次第に落ち着きますが、障害のせいで8歳~9歳になってもおさまらない場合も。無視など間違った対処法は逆効果になる可能性があるので、正しい対処法をお伝えします。あまりにも激しい時は市販の漢方薬や病院に相談することもご検討下さい。







この記事の監修ドクター

ベスリクリニック院長 田中伸明先生

日本神経学会認定医師、日本東洋医学学会専門医師、医師会産業医師。諏訪中央病院(鎌田実院長)で地域医療に従事。子どもの心と体のケアのほか、ビジネスパーソンの診療にも取り組む。
http://besli.jp/
意思表示の1つ?子どもの癇癪について

子どもが癇癪を起こして手がつけられない、と悩むママは本当に大勢います。あまりにも程度がひどいと病院へ相談しなければなりませんが、自然な成長過程の1つでもあるので、そっと見守ることも大切です。
え・・・これが子どもの癇癪!?
小さな子どもでも怒ったり泣いたりすることはよくありますが、耳が痛くなるほどの大声で叫んだり、パニック状態で泣き喚くようなら、癇癪かも知れません。特に子どもは感情をコントロールするのが難しく、言葉でうまく気持ちを表現できないことも多いので、癇癪を起こすことも珍しくありません。
よくある子どもの癇癪の種類と症状
・床や壁を叩いて泣き喚く

・床にひっくり返って暴れる

・物を投げつける、壊す

・周りの人間を蹴る、ぶつ

・自分を叩くなど自傷行動を起こすことも
突然癇癪を起こす原因
いきなり子どもが癇癪を起こすと戸惑ってしまいますが、実は子どもにとっては一定のプロセスを踏んで癇癪を起こしていることが多いようです。子どもが癇癪を起こす原因の1つは、子どもにとって不都合なことです。おもちゃを取り上げられてしまった、観ていたテレビを消されてしまったなど、子どもにとって不都合なことを取り除こうとして一生懸命に暴れています。

一見わがままな性格に思えるかも知れませんが、これは成長過程の大事なプロセスで、自我が芽生えている証拠です。意思表示ができるようになったと安心して下さい。その他、気持ちを伝えるため、注目を引きたい時にも癇癪と言う手段を使うこともあります。
癇癪が始まる年齢は1歳から2歳が多い?
癇癪が始まる年齢は個人差がありますが、早ければ1歳ぐらいで度々癇癪を起こすようになる子どももいます。一般的には2歳から3歳頃にひどくなる傾向がありますが、イヤイヤ期と重なって毎日疲れ果てているママも少なくありません。疲労困憊状態だと、同じように激怒してしまったり、無視してしまいたくなるのも無理はありませんが、対処法を間違ってしまうと子どもの性格形成や今後のしつけにも関わるので、正しい方法で対応しましょう。
8歳~9歳を過ぎてもひどい場合は発達障害?
癇癪が激しくなる年齢は大体2歳~3歳前後ですが、ごく稀に8歳、9歳になってもおさまらないことがあります。安易に決めつけることはできませんが、癇癪は発達障害の症状の1つなので、あまりにも癇癪がひどい場合は専門機関に相談しましょう。自閉症、ADHDなど発達障害を抱えた子どもは、健常児よりも気持ちをコントロールすることができません。

たとえ家族でも気持ちをすり合わせるのが難しいので、常にイライラしてストレスを抱えていることも。言葉が遅れがちになる症状もあるので、うまく感情や要求を伝えることができず、癇癪を起こしやすくなっている背景もあります。
もし癇癪を起こしてもこんな対処法は子どもに悪影響が・・・

毎日泣き喚かれてしまうとママも泣きたくなりますよね。間違った対処法、正しい対処法をお伝えします。
癇癪を押さえるために子どもに都合の良いご褒美をあげる
人前で癇癪を起こされてしまうと、人目も気になりますし、本当にいたたまれない思いをしますよね。早く泣き止んで貰うために、癇癪を起こしたらオヤツやジュースをあげる、欲しいと要求しているものを買ってあげる、寝る時間なのにテレビを観せる・・・など、子どもにとって都合が良いご褒美をあげるのはNG行為です。

ごくたまになら仕方がないこともありますが、家で決めているルールを簡単に破ると子どもも「暴れたら言うことを聞いてくれる」、「ジュースを飲みたいから大声を出そう」と間違った方法で学習してしまいます。欲しいものがあったら癇癪を起こせば良い、と暴れ方がどんどん激しくなる可能性があるので注意して下さい。
■改善策は?
オヤツは3時、寝る時間は午後8時、などママ&パパが決めたルールは癇癪を起こしても緩めないようにしましょう。繰り返すうちに子どもも「泣いても思い通りにならない」と少し理解できるようになります。
怒鳴りつけるのは逆効果
癇癪を起こしている子どもに冷静に言い聞かせるのは難しいですよね。1歳~2歳ぐらいでまだ言葉が完全に分からない年齢だと、ママがいくら一生懸命冷静に説得しても伝わりません。叱ることももちろん必要ですが、パニック状態の子どもを怒鳴りつけても、なぜ怒っているのか理解できません。

むしろ、癇癪を起こしている時は懸命に意思表示をしている真っ最中ですから、「僕(私)の気持ちを分かってくれない」と逆効果になります。そのため「分かって貰うためにもっと大きな声を出さなきゃ、暴れなきゃ」と癇癪が激しくなる悪循環に陥ってしまいかねません。
■改善策は?
癇癪を起こした子どもの気持ちを落ち着かせるためには、共感するのが一番です。おもちゃが欲しいと暴れている時は、「買わないって言っているでしょ!」と叱り飛ばすのではなく、「○○君(ちゃん)はこれが欲しいんだね」と一旦気持ちを受け止めます。

「こういうの好きだもんね」、「かわいいね」と子どもの気持ちを理解していることを表すセリフを言い足すのも効果的です。子どもの癇癪が落ち着いてきたら、「でも今は買ってあげられないんだ。お店に入った時に今日は買わないよってママ言ったよね」などと要求を受け入れることはできないと優しく伝えましょう。

ママにも忍耐が必要な対応ですが、問答無用に子どもの気持ちをシャットアウトしてしまうやり方のように、親子関係にヒビが入るのを避けることができます。気持ちを受け入れた上で対応しない(わがままな要求を受け入れない)ことで、子どもも「癇癪を起こしても意味がない」と理解し、暴れなくなる効果が期待できます。
無視もNG!癇癪がひどい子どもも2週間で変わるテクって!?
無視も子どもにとってはショッキングな対応で、「こんなに訴えているのに分かってくれない」と傷ついてしまいます。
■改善策は?
子どもの癇癪が続くほど、「我が子なのにギブアップしそう」、「近くに寄ってくるだけで嫌悪感が…」とママのメンタルもボロボロになります。そうなるとちょっと失敗したり泣いてしまうだけで逆鱗に増え、怒鳴り声が響く日々に…。癇癪を起こす度に無視してしまうママも多いようです。

実は、癇癪がひどい子どもも、ママが意識してたっぷりスキンシップに励むだけで、早ければ2週間で癇癪が落ち着くそうです。癇癪がひどくなるのは、子どものメンタルが不安定な証拠。ママに冷たくされると余計気持ちがすさんでいきます。ところが、ママがニコニコの笑顔で「大好き!」と抱きしめたり、子どもの話を楽しそうな表情で聞いてくれると、精神的にも落ち着くようになり、癇癪を起こさなくても気持ちを伝えられるようになります。

遊ぶ時もただビデオを流しっぱなしにするのではなく、ベッドでくすぐり合う遊びや抱っこ、頭を撫で合う、など身体が触れる遊びをたくさんすることで、子どもも「愛されている」と実感できるようになり、自己肯定感を高めて気持ちが安定するようになります。
病院以外の相談先も!子どもの癇癪に困ったら

子どもの癇癪が度を越している・・・と感じた時は、医療機関など専門機関に相談することも検討して下さい。効くと評判の市販薬もご紹介します。
薬局で買える2つの漢方薬
あまりにも子どもの癇癪がひどい時、自律神経のバランスが崩れていることが原因かも知れません。手に負えないと判断した時は病院などに相談するのが一番ですが、市販の漢方薬が効くことも。薬局で買える有名な漢方薬が2つあります。どちらも400年近い歴史がある生薬で、安全性の高い薬なので安心です。

■宇津救命丸(3ヶ月過ぎたら服用可能)夜泣きや下痢&消化不良にも効果的

■樋屋奇応丸(生後3週間以降服用可能)食欲不振や興奮して泣いている時にも有効

病院で漢方治療を受ける時は、抑肝散(よくかんさん)や抑肝散陳皮半夏(よくかんさんちぴはんげ)が処方されることが多いようです。どちらも評判の良い漢方薬なので、深刻な癇癪にお悩みの時は医療機関を受診してみてはいかがでしょうか。
もしかして発達障害?子どもの癇癪が病的と感じた時の相談先
子どもの癇癪はよくある自然な成長の1プロセスですが、何歳になっても癇癪が落ち着かない、あまりにも爆発的な癇癪の起こし方でママも生傷が絶えない…なんて時は、発達障害の疑いを否定できません。もし発達障害なら早めに障害が分かることで適切な対応をしやすくなるので、できるだけ早く専門機関に相談しましょう。癇癪が症状として出る反抗挑戦性障害、破壊的気分調節不全障害、行為障害などの障害があると診断される可能性もあります。

■子育て支援センター

■児童発達支援事業所・放課後等デイサービス

■発達障害者支援センター

■発達外来、小児神経科、児童精神科などの医療機関
まとめ

1歳から2歳頃にピークを迎える子どもの癇癪について、対処法をお伝えしました。いかがでしたでしょうか。市販の漢方薬も試してみて下さい。8歳~9歳頃になっても癇癪が激しくなる一方なら、発達障害などを抱えている可能性もあるので、病院など専門機関に相談することをおすすめします。いずれにしても、伝えたいことがあるために暴れているので、無視や怒鳴りつける対応はNGです。

関連リンク
【医師監修】自閉症の子は表情や仕草でわかる? 主な症状・特徴とは | マイナビウーマン
【医師監修】夜驚症の赤ちゃんが泣き叫んで辛い! 対処法は? | マイナビウーマン
【医師監修】学習障害(LD)の特徴・年齢別で見る症状とは? | マイナビウーマン

このページのトップへ