さんま&カトパンNY密会疑惑も交際否定で海外で偶然会うのか?と疑う声

21日発売の『女性セブン』(小学館)が、明石家さんま(62)と加藤綾子アナウンサー(32)が一緒に居る所をニューヨークで複数の人が目撃したと報じている。
人気のレストランで食事をし、人目も気にせず楽しそうに話をしていたという。
2人は『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で共演し、息の合った進行を見せている。
また、4月放送の特別番組『さんまの番組向上委員会』(フジテレビ系)では、フジテレビとさんまの間の連絡を加藤が行っていることを高橋真麻アナウンサー(35)が暴露し、交際しているのではないかと盛り上がったが、あっさり加藤が否定して話は終了してしまった。
同誌では、2人が偶然ニューヨークに居合わせていることを知った番組スタッフが、気を利かせて食事の場をセッティングしたとのことであり、2人が密会していたわけではないとまとめている。
◆交際ではなく普通に食事してるだけ
大物カップルの誕生を匂わせる記事だが、女性向けネット掲示板「ガールズちゃんねる」では、本当に交際しているわけではだろうと推測する意見が多く寄せられている。
「さすがにこの2人に真剣交際はないだろう」
「偶然じゃなくて予定を合わせて行ってたとしても、男女の関係は疑わない。浅田美代子や八木アナとも旅行に行ったりしてるし」
「まあ普通に共演者やし、スキャンダルにならないことを願いながらも食事ぐらい誘うんじゃない?上司と部下の関係的な?」
「男女二人でいるだけで恋愛!熱愛!みたいなの疲れちゃうよね」
◆さすがに30歳差はない?
また、30歳も年齢が離れているため、今後も交際に発展する可能性は限りなく低いのではないかという意見も多い。
「さすがに加藤綾子の方がお断りでしょ。接待感覚で食事とか付き合ってただけじゃない?」
「2人の番組を見てると相性は悪くないっぽいけど、加藤綾子がさんまを恋愛対象として見てないね」
「友達として普通に仲良さそうだけどな~」
「良いなぁカトパン。男転がすのうまいよね。ニューヨーク行ってタダ飯かぁ。羨ましい」
30歳差はあり得ないと思われそうだが、さんまと同じお笑いの加藤茶(74)は45歳差の女性と結婚しているため、可能性は十分にある。
◆わざわざNYで合流?
一方、同じ日にニューヨークに居たのは本当に偶然なのかと2人の交際を疑う声や、今後交際に発展するのではないかと見る向きもある。
「たまたま居合わせた場所がニューヨークは有り得ないでしょう。元々スケジュール合わせて行った。東京なら分かるけど」
「お似合いだと思うけどな~!」
「結婚しても驚かないかも」
「どちらも独身だし、仮にそうだとしても問題はない」
さんまが離婚したのは1992年で、すでに25年ほど経過。子供も全員成人になっているため、いつ結婚してもおかしくはない。
今後『ホンマでっか!?TV』の収録で、2人からこの記事に対して直接語られることがあるのか、放送が大いに注目される。
 
真島リカ(まじまりか)
ライター / テレビ番組や芸能ニュースに関する記事を中心に執筆。朝昼のワイドショーはもちろん、ドラマやバラエティ、深夜番組など、あらゆるテレビ番組のチェックを毎日欠かさない。世間一般でニュースにどのような感想を持っているのかを知ることに関心が強い。

(文/真島リカ)


【関連記事】

菅田将暉の父、息子を利用したメディア露出に批判の声多く

松潤「キムタク方式」で人気回復か?「イッテQ」出演に隠された秘密にネット反応

松本潤、『イッテQ』出演で好感度回復を図るも「無理がある」の声多数

安室引退にタレント思い綴る イモトの評価が高く木下優樹菜に厳しい反応

元SMAP3人のファンサイト「新しい地図」動画 わずか10日間で撮影に驚きの声

このページのトップへ