実力派女優・久我陽子が、山崎まさよし書下ろし楽曲で2年ぶりにシングルリリース!

2017年10月11日(水)、女優・久我陽子が、シンガー・ソングライターの山崎まさよし書下ろし楽曲『月になる』で、約2年ぶりに待望のニューシングルをリリースすることが発表された。

1990年のデビュー以来、NHKテレビ小説「君の名は」、大河ドラマ「花の乱」など数々の話題作に出演してきた実力派女優の久我。2008年に中島みゆき全面バックアップのもと、アーティスト名〈YOKO〉として歌手活動を開始し、「闘りゃんせ」や「春よ来い/サーカス」をリリース。2015年に、アーティスト名〈YOKO〉を女優名である久我陽子に改め、中島みゆきカバー曲で5年ぶりに「ひとり上手」をリリースした後は、しばらく歌手活動を休業していた。今回2年ぶりとなる待望のシングル『月になる』を、ユニバーサルミュージックよりリリースする。

音楽活動を再開するにあたり、久我本人の強い希望で、かねてからファンだった山崎まさよしに作曲を依頼した。女優であり歌手の、”久我陽子の新たな一面”を表現するべく音楽活動を再開したという久我だが、次作へのイメージを構築した時、作家は「山崎さんしかいなかった」という。

実際に会い、久我本人が山崎に思いを伝え完成したという、今回のニューシングル『月になる』。成就しない夢の儚さを山崎が久我に投影し、曲に詰め込んだ。

楽曲を初めて聞いたとき、久我本人もその切なく儚い曲の旋律に心を揺さぶられたという。「曲の持つ世界観を伝えることが出来たらと思いながら、心を込めてレコーディングに挑みました。表現者として、この曲の切なく儚い想いやこの詩の情景を、聴いて下さる皆様に思い描いて頂けるよう、歌い上げました。」と語った。

また、カップリング曲の『手をつなごう』では久我が作詞に挑戦。20歳の頃に挑戦した以来、20年振りの作詞挑戦だ。20年の間に起きた、久我陽子自身の”変化”を、詞からも感じることが出来るかもしれない。

<<今後の活動に関しての本人コメント>>

「女優として、また歌手として、今はこれと決めつけずに広く興味を持って、作品ひとつひとつと向き合っていきたいと思っています。40代の女性として、また女優・歌手という表現者として、自分のやれることを、自然な流れの中でやっていけるよう、自分を磨いていきたいと思っています。」

尚、表題曲である『月になる』は、フジテレビ系全国ネット「オトナの土ドラ さくらの親子丼」番組応援ソングや、TBS「ひるおび」主題歌にも起用されている。10月のリリース以降、あらゆる場面でこの楽曲を耳にする機会がありそうだ。

収録内容
M1.「月になる」
作詞・作曲:山崎将義 編曲:本間昭光
M2.「手をつなごう」
作詞:久我陽子・青山カオル
作曲:村田隆行 編曲:渡辺善太郎
M3. 「月になる(Instrumental)」
M4. 「手をつなごう(Instrumental)」
発売元:株式会社オスカープロモーション
販売元:ユニバーサル ミュージック合同会社
商品番号:POCS-1648
価格:1,200 円(税込)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 吉田海音) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

  1. アキ(43歳) ID:wJ37S・09/25

    一億くれたら貰ってやるよ。一億は貯金してこのブスのCDは鳥除けにゴミ集積所にぶら下げる。もうテレビに戻ってくるな。同級生を売るような演技ど下手なクセにオスカー社長の娘だからチヤホヤされるだけの気取り女。

  2. アキ(43歳) ID:wJ37S・09/24

    実力派?はぁ?しょうがいのある人を「じゃまだーどけー」って蹴り飛ばそうとしていたくず女だよ。ねー。大鳥神社のそばでやっていたの見ていたよ。オスカーの社長の娘だかなんだかしらんが威張り腐るな!

  3. リノ(34歳) ID:mciu8・09/24

    誰?

    2

  4. アンヌ(46歳) ID:yYE3Y・09/23

    この方、オスカーの社長令嬢ですから。 特別待遇ね(-_-)

    3

  5. マリヴォンヌ(99歳) ID:Gemwn・09/23

    まさやんは、本当に玄人受けするというか・・・。 でも、しのぶちゃんよりかだいぶ知名度のない(失礼!)方に提供だなァ。 ヒット祈願!!!!

    1

このページのトップへ