【医師監修】赤ちゃんでも発症する中耳炎!その原因と治療方法

風邪をひいたあとに、赤ちゃんの熱がなかなか下がらなかったり、不機嫌そうにして耳をしきりに触っていたりする場合は、「中耳炎」にかかっているのかもしれません。ここでは、赤ちゃんの中耳炎になる原因や、中耳炎になったときの治療法などをご紹介していきます。







この記事の監修ドクター

 鈴木香奈先生

石川県出身、金沢駅前ぐっすりクリニック院長。耳鼻咽喉科認定専門医。睡眠時無呼吸症候群の診療を核に耳鼻咽喉科一般診療(鼻アレルギー、耳鼻咽喉科領域の感染症)に従事。女医+(じょいぷらす)所属。
http://www.gussuri.jp/kanazawa-index.html
赤ちゃんにも起こりえる中耳炎とは

中耳炎とは
「中耳炎」とは、鼓膜の奥にある「中耳」という部分に炎症が起きた状態のことです。
中耳炎の種類
中耳炎は、次の3つのタイプに大きく分類されます。
急性中耳炎
鼻やのどに付着した細菌やウイルスが、耳管(耳と鼻やのどをつなぐ管)を通って中耳に侵入し、炎症を起こした状態のことで、生後6か月〜2歳くらいまでの子どもに非常に多く見られます。風邪をひいた後に起こることが多く、小さいうちは、風邪のたびに急性中耳炎を繰り返すことも珍しくありません。
滲出性中耳炎
鼓膜の奥の空間(中耳腔)に、滲出液が溜まった状態のことです。急性中耳炎に引き続いて起こることが多い病気ですが、蓄膿症やアレルギー性鼻炎で鼻水・鼻づまりが続いていたり、アデノイド肥大(鼻とのどの間にあるリンパ組織が大きくなりすぎた状態)で耳管が塞がれていたりすることが原因になるケースもあります。滲出性中耳炎だと、鼓膜がうまく振動しなくなるので、耳が聞こえにくくなります。

慢性中耳炎
急性中耳炎や滲出性中耳炎を放っておいたり、治療が不十分だったりしたために、慢性化して、鼓膜に穴が開いてしまった状態のことです。慢性中耳炎になると、繰り返し耳だれが出たり、難聴になったりします。
単なる風邪ではなく中耳炎かも!?

大人が気付いてあげることが大切
急性中耳炎になると、発熱や耳の痛み、耳閉感(耳が詰まった感じがする)などの症状が現れますが、赤ちゃんは、こうした症状を言葉で訴えることができません。ですから、早期発見のためには、赤ちゃんの出すサインに、周囲の大人がいち早く気づいてあげることが重要です。

中耳炎になったときの赤ちゃんに現れる症状とは
鼻水、のどの痛み、発熱などの後に、次のような症状が見られる場合は、急性中耳炎の可能性があるので、小児科や耳鼻咽喉科を受診させましょう。

・熱がなかなか下がらない。

・機嫌が悪い

・夜泣きをする

・しきりに耳に手をやる

・しきりに首を振る

・粘り気のある黄色い鼻水が続く

赤ちゃんが中耳炎になぜなるの!?

赤ちゃんが中耳炎になる原因
急性中耳炎は、風邪などをきっかけに鼻やのどに増殖した細菌・ウイルスが、耳管を通って中耳に侵入することで起こる病気ですが、なぜ、赤ちゃんや小さな子どもに多く見られるのでしょうか?

それは、小さな子供の耳管は、大人に比べて短く、傾斜もあまりないので、鼻やのどに付着した細菌やウイルスが中耳に入り込みやすいからです。また小さいうちは、抵抗力や免疫力が低く、炎症を起こしやすいことも関係しています。

誤解が多い中耳炎の原因について
中耳炎というと、プールやお風呂の水が耳の中に入ることで起こると思っている人もいるようです。しかし、たとえ細菌やウイルスがいる水が耳の中に入ったとしても、鼓膜に穴でも開いていない限りは、中耳炎になるようなことはないといわれています。
赤ちゃんの中耳炎は治療が不可欠

病院での治療
急性中耳炎の治療
急性中耳炎の症状が軽い場合は、抗菌薬を服用して炎症を鎮めたり、鎮痛剤で痛みを和らげたり、鼻水を吸引する処置を行ったりします。しかし、化膿して膿が溜まっていたり、抗菌薬が効かなかったりする場合は、鼓膜を切開して膿を排出する「鼓膜切開」という手術を行うこともあります。

鼓膜の切開というと、とても痛そうな感じがするかもしれませんが、局所麻酔をしてから行うので、痛みはほとんどありません。また、切開した鼓膜は2〜3日で自然に塞がるので、聴力に影響する心配もありません。
滲出性中耳炎の治療
滲出性中耳炎の場合は、まず鼻水を抑えるための治療を行いますが、それでも治まらない場合は、鼓膜切開で滲出液を取り除きます。しかし、鼓膜切開では取り除けないほど滲出液が多かったり、繰り返し滲出液が溜まってしまったりする場合は、鼓膜を切開して、そこに小さな管を入れておく「チューブ留置術」を行うこともあります。
しっかりと治さないと慢性化する恐れも
中耳炎の治療で重要なのは、処方された薬をきちんと飲み続けることです。治りきっていないのに勝手に薬の服用をやめてしまうと、何度も再発を繰り返したり、慢性化して「慢性中耳炎」に移行してしまったりすることがあるので注意しましょう。
まとめ

急性中耳炎は、風邪にともなってかかりやすいので、赤ちゃんや小さな子供が風邪をひいたら、中耳炎になっていないかどうか注意深く観察してあげてください。また、中耳炎になったときは、根気よく治療を続け、しっかりと完治させることが大切です。

関連リンク
【医師監修】夜驚症の赤ちゃんが泣き叫んで辛い! 対処法は? | マイナビウーマン
【医師監修】自閉症の子は表情や仕草でわかる? 主な症状・特徴とは | マイナビウーマン
ハロウィンを子供と楽しみたい! 簡単手作り衣装 & お菓子レシピ3選 | マイナビウーマン

このページのトップへ