【東京ゲームショウ2017】バンナムとサクセスからHTML5プラットフォームのタイトルが発表

9月21日から24日にかけて幕張メッセで開催中の『東京ゲームショウ2017』。ブラウザ上で遊べるHTML5プラットフォームのタイトルが相次いで発表されました。

2020年にアドビ システムズがFlash Playerのサポートを終了することが発表され、ブラウザ上でゲームを遊ぶプラットフォームとして注目されるHTML5。バンダイナムコエンターテインメントは、同社とドリコムの共同出資で設立した新会社BXDからスマートフォン向けのHTML5ゲームを、サクセスはパソコンやスマートフォン、タブレットで遊べるHTML5ゲームを発表しています。

BXDは、バンダイナムコエンターテインメントブースで『HTML5 新プラットフォームタイトル発表会 ~稲村亜美の新フォーム 神ヒット祈願!!~』を開催。HTML5ではスマートフォンの標準ブラウザで誰でも楽しめる点、ゲームらしい音声やグラフィックの表現が可能になった点、『LINE』やメッセンジャーで送ったURLからインストールなしですぐに遊べる点を特徴として説明しました。

同社はHTML5を共通基盤として、ゲームなどデジタルコンテンツ以外にも、デバイスやゲームセンターなどのロケーション、カードなどのグッズといったリアルな商材・サービスが連動する展開イメージを発表。バンダイナムコグループが持つコンテンツ資産の活用を連想させて新タイトルの発表へ。

2018年春にサービスを開始する3タイトルとして、『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』『アイドルマスター』を発表しました。

『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』は、ユーザー同士の対戦が可能なアクションゲーム。まだプレイしたことがない友達でも、URLを送ってその場ですぐに対戦できるほか、プレイ中にピンチに陥ったときにはフレンドにSOS通知を送信して助けに来てもらう、などHTML5プラットフォームの特徴を生かしたゲームプレイのイメージを明らかにしました。

『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』では実在のプロ野球選手がカードになり、ゲーム中に選手として登場するとのこと。リアルなカードと連動する展開が考えられそうです。

『アイドルマスター』の発表では、バンダイナムコエンターテインメント アイドルマスター総合プロデューサーの坂上陽三氏が登壇。開発中のイメージなどは発表されませんでしたが、アイドルキャラクターを新規に作る“完全新作”であることが明らかにされました。

このほか、BXDは『金色のガッシュベル!!』の新作ゲームをHTML5プラットフォームで開発していることを発表しています。

サクセスは、2017年秋にサービス開始予定の『都立水商!』をテーマにしたブースを展開。

パソコン、スマートフォン、タブレットで遊べるHTML5プラットフォームのゲームとして開発中のもので、ブースでは参考として同社がHTML5プラットフォームで公開しているゲームサイト『ゲームの窓』で公開されているゲームを試遊できるようになっています。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ