Amazonが『Amazon Fire HD10』タブレットを発表 32GBモデルがプライム会員なら1万4980円

Amazon.co.jp(以下Amazon)は5月17日、『Fire』タブレットの新製品『Amazon Fire HD10』を発表。Amazon上で予約受付を開始しました。

10.1インチ、フルHD(1920×1200)ディスプレーを搭載。2GBのRAMと最大1.8GHzのクアッドコアプロセッサにより、前モデルと比べてパフォーマンスが30%高速化しているとのこと。内蔵ストレージが32GBのモデルと64GBのモデルをラインアップし、microSDカードの外部ストレージ容量は最大256GBまで拡張できます。バッテリーの持続時間を改善し、最大10時間の使用が可能。デュアルステレオスピーカーを搭載し、Dolby Atmos Audioの没入感のある高品質なサウンドに対応します。

Amazonタブレット独自の機能にも対応。瞬時にストリーミング再生を可能にする『ASAP』(Advanced Streaming and Prediction)、ユーザーが所有するすべてのAmazonデバイスで映画、テレビ番組、漫画、書籍、雑誌、アプリ、ゲームのライブラリーを同期する『Whispersync』、『Amazon プライム・ビデオ』やAmazonオリジナルドラマの第1話を自動でダウンロードしてオフラインで再生できる『On Deck』、ブルーライトを抑制する『Blue Shade』といった機能が利用できます。

価格は32GBのモデルが1万8980円(税込み)、64GBのモデルが2万2980円(税込み)。『Amazon プライム』会員はクーポンを利用することで各製品が4000円引きになり、32GBモデルは1万4980円(税込み)、64GBモデルは1万8980円(税込み)になります。本日から予約受付を開始し、10月11日に出荷開始を予定。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ