ちょっと恥ずかしい…。カフェデート中に彼女がしていると引いてしまうこと



彼氏と付き合っていると、デートの間にフラっとカフェに入る機会も多いはず。でもあなたがしている些細な行動が、彼を不快にさせている場合も・・・。
そこで今回は「カフェデート中に彼女がしていると引いてしまうこと」についてリサーチしてみました。

1.店内の写真や動画を撮りまくる


「お客さんが写っているのも気にせず、店内の様子をひたすらスマホで撮影していた彼女。普段あまり写真を撮らない俺からすると、何だか恥ずかしくなっちゃいました」(24歳/営業)
よくスタバのドリンクの写真をSNSにアップしている女子を見かけますよね。それくらいなら他人に迷惑をかけていないのでアリだけれど、店内の写真までパシャパシャと撮りだすのはさすがにアウトなのだとか。
特に最近ではストーリーのために動画を撮る人も増えてきているもの。周りの人も写り込んでしまうこの行動、彼に「この子常識ないな・・・」と思われてしまうのは確実なので、これらの行動はやめましょうね!

2、まるで召し使いのように・・・


「椅子にドカッと座って、『私ココアが飲みたいからよろしく~』と言われたときはイラっとした。俺は召し使いじゃない!」(23歳/IT)
カフェって店内に入ってすぐ注文をして、先にお会計を済ませるシステムの場所が多いですよね。そのため混雑状況などによっては、席を取ってから注文に並ぶ場合もあると思います。
でも自分だけくつろいで、彼をパシリにするのはNG。「○○君のぶんも買ってくるけど何が良い?」と聞いたり、「紅茶が飲みたいからもし良かったら買ってきて欲しいな♪」とかわいくおねだりしたほうが、彼も嫌な気持ちはしないはずですよ。

3.カップに口紅が・・・


「ホット用の紙でできたカップに、口紅がベタッとついていると汚いなと思ってしまう」(26歳/販売)
カップに口紅がついてしまうことは、女性的にはよくあること。なのでそんなに気にならない人もきっといるでしょう。でもリップを塗らない男性からすると、カップに口紅がついているのは結構衝撃的。
しかも紙素材のカップって、一度口紅がついてしまうと落ちない上に、目立つんですよね・・・。リップをつけた後には軽くティッシュでオフしたり、カップに付いてしまったときは、彼から見えないようにカップをまわしたりなど、ちょっと工夫してみると良いかもしれません。

4.くつろぎすぎる


「彼女が大きなソファで寝そべりだしたときはさすがに引きましたね。家じゃないんだから、もう少し他人の目を気にしてほしいです」(20歳/専門学生)
ゆったりとしたBGMや大きなソファで、くつろげるようになっているカフェって多いですよね。でも気を緩めすぎて大股を広げてダラーンとした格好をしているのはNG。
彼から「一緒にいて恥ずかしいんだけど・・・」と思われてしまうでしょう。いくら居心地が良いカフェだったとしても、素を出しすぎないようにしましょうね。

おわりに


女子同士ではあまり気にならないことでも、男性的には免疫がなさすぎてビックリしてしまうことが多々あるみたいですね。
お行儀よく完璧に・・・とまではいいませんが、最低限のマナーを守ってカフェデートを楽しんでくださいね。(和/ライター)
(ハウコレ編集部)(あかねぴ@akanepi0426/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)


【関連記事】
芸術の秋!美術館デートで彼がキュンとするポイントって?
「この子、いいかも」から「付き合いたい」に!彼をドキッとさせるデートテク
この季節だからこそ!彼が「楽しみにしている秋デート」って?
遊び?本気?デート中の対応から、遊び目的の男を見抜く方法
初デートでは外すべき? 彼氏が欲しいメガネ女子が知っておくと良いこと

ハウコレ 09/16

  1. キンバリー(101歳) ID:jlop9・09/17

    「彼女が大きなソファで寝そべりだしたときはさすがに引きましたね。家じゃないんだから、もう少し他人の目を気にしてほしいです」ニトリでやってないんだったら別にいいじゃねーか!

  2. ローレル(89歳) ID:THYeD・09/17

    どんな女だよwww カフェに行くまでに片鱗が見えんかったと?

  3. レイチェル(99歳) ID:X2NoL・09/17

    振られても同情しない。そういう女…アホでしょ。

  4. リリー(81歳) ID:w4whY・09/16

    紅茶が飲みたい~もよろしくないぞ。

    1

  5. アキ(43歳) ID:wJ37S・09/16

    メルヘンチック(ウサギハウス)ならばとりまくるがそうでなければ写真は撮りまくらない。くつろげるお店っていいと思うよね。のんびりさせてくれる空間。口紅は論外ですが。

このページのトップへ