『UTAGE!』はカラオケ番組?不評の声集まるも、ブスキャラ対決にネットが大注目!

2017年9月14日に、『UTAGE!まだまだ夏は終わらないぞスペシャル』(TBS系)が放送された。
『UTAGE!』は、中居正広(45)とAKB48の渡辺麻友(23)が司会進行を務める音楽番組。深夜時間帯でのレギュラー放送ののちに、何度かゴールデンタイムに特別番組として放送。今回の3時間スペシャルは、昨年10月以来の放送となった。
視聴者が選んだ「UTAGE!で歌ってほしい盛り上がる歌」を、出演アーティストがスペシャルコラボで披露したり、「昭和と平成の盛り上がる曲」を秘蔵映像で振り返るコーナーなど、賑やかな内容となった。
『UTAGE!まだまだ夏は終わらないぞスペシャル』に、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。
◆歌番組じゃなくてカラオケ番組?
ネット掲示板ガールズちゃんねるには、このような声が寄せられている。
「初めから面白くない。もうチャンネル変えちゃった」
「ゲストが地味。人気がない暇なアイドルが出てるって感じ」
「これ歌番組じゃないよね。カラオケ番組って言ってくれたらイライラしないのに」
「恥ずかしいレベルでつまらない。ノリが寒すぎる」
「公共の電波使ったカラオケ大会でしょ?もしくは社員旅行の余興みたいって思った、チャンネル変えた」
せっかくのスペシャルにも関わらず、楽しんで視聴しているという声がほとんど見られなかった。アーティストのコラボは『UTAGE!』ではお馴染みの企画であるが、カラオケ感が強いと不評であるようだ。
懐かしのヒット曲を秘蔵映像と共に……という企画も、よくある企画のために、懐かしいと感じるよりも、飽きが先行して開始早々にチャンネルを変えてしまったという声まである。このあたりの視聴者の感想は、ぜひとも制作サイドに届いてほしいと思う。
◆やっぱり保田圭はすごい?指原は中途半端?
番組全体としては、かなり厳しい感想が並ぶことになってしまったが、出演していた保田圭(36)と、HKT48の指原莉乃(24)を比較するような意見も多くみられた。
「指原って歌下手なんだね。保田圭は下手なイメージだったけど上手くてビックリ!」
「ブスキャラでも指原と保田なら、やっぱ保田だわ。歌も顔も」
「指原よりブスキャラをつっきってる保田のほうが見ていて清々しい」
「中途半端にいい女ぶってる保田圭の方がプロにみえたぞ!」
保田は「モーニング娘。」に在籍している頃に、容姿をいじられることで一気に知名度をあげて、存在感を示した。指原は「AKB48」に在籍していた頃に、容姿に自信のないひがみキャラとして売り出し、スキャンダルすらバネにして「HKT48」に移籍してからも不動の人気を誇っている。保田と指原は、アイドルでありながらも容姿をいじられる機会が多いという共通点から、2人を比較するようなコメントが寄せられていると思われる。
今回の『UTAGE!』では、突き抜けた感の強かった保田の方に、さすが保田!プロに見えた!と、称賛の声があがっている。一方で、指原の方には、覚悟が足りない、中途半端だという少々厳しめの意見が多かった。
数多くいるAKBグループで個性を打ち出すことはなかなかできることではなく、指原のひがみキャラには新鮮さがあった。しかし、キャリアを積むなかで自信がついたのか、変化しつつある部分に違和感を感じているひともいるようだ。
女性が容姿をいじられることには、葛藤も伴うであろうし、押し付けることもできないが、ブスキャラを極めた保田の清々しさは強い。指原が無理に保田を目指すことを望むわけではないが、中途半端だという評価では、せっかく打ち出した個性がもったいないような気もする。指原は自身のキャラについてどう考えているのか気になるところである。また比較されることがあるかも知れない2人の今後に注目したい。
鳥井ハニ(とりいはに)
フリーライター/「旬でなければネタじゃない」をモットーに、芸能ニュースを中心に執筆。世の中の関心事をすべて拾い尽くすことを自分に誓い、ワイドショーやバラエティー、ドラマのチェックは365日欠かさない。

(文/鳥井ハニ)


【関連記事】

「アメリカではノーギャラでスターが集まる」デーブ・スペクターのツイートに賞賛の声集まる

中瀬ゆかり氏「ブスは共に行動してはいけない」発言がネットで物議

高橋克実、鈴木砂羽擁護?「演劇界では普通」発言がネットで物議

エアガンはやりすぎ!ジャニーズ事務所、過激なファンへの警告文掲載にネットドン引き

結婚できない理由はここにあり?『過保護のカホコ』から見る隠れカホコ度チェック!

このページのトップへ