幼児や子供の便秘のクリニックでの治療

幼児や子供の便秘治療ではどのようなことが行われるのでしょうか。子供のメンタル面を考慮し、専門医のもと治療を行うことが重要です。ここでは、医療機関での治療法について見てみましょう。
※幼児や子供の便秘の原因については、『幼児や子供の便秘の原因』を、基本的な解消法については、『幼児や子供の便秘解消法』をご覧ください。


幼児や子供がなりやすい便秘の特徴は?

便秘とは,排便の回数または排便量の少ないことをいいます。週に3回より少ないときや、5日以上出ない状態が続けば便秘と考えられます。また、毎日便通があっても、小さいコロコロした便ややわらかい便が少ししか出ないときも便秘の疑いがあります。子供の便秘症は10人に1人程度の割合で起こるとされており珍しいことではありません。特に離乳の開始または終了時期、トイレトレーニングの時期、学校へ通いだした頃に慢性便秘症が始まりやすいとされています。
慢性的な便秘から、症状が悪化することも便秘がちな子供は、便をする際に痛い思いを避けるために排便をがまんしたり、肛門の筋肉を締めたまま力むようになります。そのような状態が続くと、腸内に便が残ったままになり、その便がかたくなって次の排便の際にさらなる痛みをともなうという悪循環が生まれます。また、便が腸内にたまっている状態が慢性化していくと腸は次第に鈍感になり、便意を感じることができなくなります。治療しないとますます悪化し、腸が異常に膨らむ便失禁を引き起こすこともあります。


幼児や子供のクリニックでの便秘治療

幼児や子供のクリニックでの便秘治療では、以下のようなことが行われます。
(1)問診と検査便のかたさや回数、生活習慣、育児の方法などについて問診が行われ、必要に応じてレントゲン撮影や超音波検査が行われます。排便の頻度など基本的な情報や、幼児や子供の場合は、以下のような質問をする場合があります。
・強制的なトイレトレーニングの実施の有無
・自宅や学校のトイレ嫌いがないか
・親の過干渉がないか
・食事の量と内容(低食物繊維食ではないか)
・慢性的な脱水はないか
・低栄養、栄養失調ではないか
(2)便がたまっている場合は、便を出す処置を実施便が大量に腸にたまっている場合は、まずは便を出すことが必要です。基本的には、浣腸や内服薬が使われますが、それでも出ない場合は、腸洗浄が行われたり、麻酔をかけたりして取り出すこともあります。
(3)維持治療直腸に便がそれほどたまっていない場合や、便を出す治療をした後には、再び便が腸にたまらないようにする治療(維持治療)が行われます。
主な維持治療には以下のようなものがあります。
・生活習慣の改善
・排便習慣の改善
・食事療法
・薬物療法による治療
生活習慣の改善は、早寝早起きなど規則正しい生活を基本とし、バランスの取れた食事を3食きちんと摂る、腸の運動を活発にするために身体を動かすことなどを指導します。また、毎日排便しやすい時間帯にトイレに座ったり、排便日誌をつけたりなど、規則的な排便習慣を身につけていきます。軽症の場合には、生活や排便習慣の改善、食事療法のみを行い、重度の場合は内服薬が処方されます。
幼児や子供に処方する薬は、塩類下剤や糖類下剤などを使用します。これらの薬は、腸に働きかけて便をやわらかくするもので、常習性も少ないと考えられています。また、便秘治療で使用される薬は、便秘の原因を取り除くものではありません。便秘がなくなったからといって服用するのをやめると、再発する可能性が高くなります。医師の指示をうけながら、決められた期間に適量を守って服用しましょう。
腸や肛門の病気による便秘には巨大結腸症のように、薬物療法が効かないケースでは手術を検討することがあります。その際は、必ず専門機関や専門家に相談して判断しましょう。
詳しくは、『幼児や子供の便秘解消法』をご覧ください。


快適な毎日のために

幼児や子供の便秘は、適切な処置をすれば、数日〜2か月ほどで「週に3回以上快適に便がでる」状態になるといわれています。その状態を続ければ、1〜2年の間に便秘症が解消することもあるでしょう。毎日を規則正しく過ごし、食事はバランスよく摂り、正しく薬を飲めば快適な毎日ものぞめるでしょう。
(この記事の監修: 医療法人社団モルゲンロート 理事長 / 有明こどもクリニック 豊洲院 院長 / 小暮裕之 先生)
【関連記事】
子供の便秘の原因は?大人の便秘との違いとは
妊娠中の便秘の解消法
新生児や赤ちゃんにおける便秘の症状や便秘解消法とは?
妊娠中の便秘の解消法
妊娠中でも安心!便秘解消に役立つお茶の種類と選び方

このページのトップへ