【医師監修】経産婦の分娩時間が短いのは本当!? 何が違うの?

「初産は長時間で大変だったけど、二人目はスピード出産だった」、「一人目の出産より、二人目の出産の方が楽だった」という話をよく耳にします。一人目と二人目の出産には違いがあるのでしょうか?







この記事の監修ドクター

パークサイド広尾レディスクリニック  内山明好 院長

浜松医科大学医学部卒業。医学博士。同大学整形外科学入局、ハーバード大学骨疾患研究所留学。その後エーザイ株式会社、グラスソ・スミスクライン株式会社にて臨床開発、薬事、薬剤安全性等の部門長、 担当役員を歴任後、株式会社アーテイジ代表取締役社長として遺伝子検査やサプリメントを用いた健康増進事業に取り組む。

現在、医療法人社団宗友会パークサイド広尾レディスクリニック理事長・院長。

http://www.ladies-clinic.or.jp/
経産婦って何!? 初産とどう違うの?

「一人目の出産より、二人目の出産の方が楽だった」という話をよく耳にします。一人目と二人目の出産には違いがあるのでしょうか? そして、二人目以降の出産となる妊婦さん=経産婦についても紹介します。
経産婦とは
 経産婦とは、文字通り、出産を経験したことのある妊婦の意味です。一度以上、出産を経験しているため、出産の流れや陣痛の痛み、そして赤ちゃんが産まれてきた時の感動を知っているため、初産の妊婦(初産婦)よりもリラックスして出産に臨める人が多いようです。経産婦の中には、出産をした経験から、次はこうやって産みたいと憧れや要望を強く持つ人もいます。

 現在、多種多様な出産方法があります。計画分娩や無痛分娩、分娩台で決まった姿勢をとらないフリースタイル出産など、ママたちの希望に合わせ、さまざまな分娩スタイルを用意した産院も増えています。とはいえ、主流はやはり昔ながらの自然分娩です。

 そもそも、現在の自然分娩の形である仰向けに寝るスタイルは、16世紀にヨーロッパで始まりました。その時代に、「鉗子」と呼ばれる、赤ちゃんの頭を挿んで引っ張り出す道具も発明され、仰向けに寝るスタイルとともに評判を呼んだといいます。その後、より出産時間を短縮し、安全に行うために、分娩台が登場しました。日本では、分娩台が登場する前は、家庭でイスに座ったり、しゃがんだり、立ったまま行われていました。やがて、布団に仰向けに寝て行うようになり、病院で出産が行われるようになると、分娩台でのお産へと変わっていきました。

経産婦の特徴

初めて出産する初産婦と二度目以降の出産となる経産婦には、妊娠中、そして出産時に違いや特徴があると言われます。ここでは、経産婦の特徴を紹介します。
分娩時間の短縮
経産婦は、初産婦に比べて陣痛から出産までの時間が短いと言われます。陣痛は、徐々に子宮収縮の感覚が短くなっていきますが、経産婦は陣痛が強くなるまでの時間が初産時よりも短くなる人が多いようです。ただし、分娩時間が短縮されても、陣痛の痛みそのものが軽くなるとは限りません。逆に、経産婦の方が陣痛の力が強いため、時間が短いとも考えられ、ママが感じる痛みは強いともいえます。

一般的に、経産婦は陣痛が起こってから分娩までの時間が短い傾向にあることから、初産婦の場合は陣痛間隔が10分になったら病院に連絡するよう言われているのに対し、経産婦は陣痛間隔が15分になったら病院へ連絡します。
経産婦に多い予定日超過
予定日超過とは、出産の兆候がないまま、妊娠40週0日の出産予定日を過ぎることを指します。一般的に、分娩時間が短いと言われる経産婦は予定日よりも早く出産する例も多いのですが、経産婦の全てがそうとも限らず、2人目以降の出産で予定日超過するママも少なくありません。その原因の一つに、子宮内の環境がよく、赤ちゃんへのストレスが少ないと出たがらないことが挙げられます。また、ママの体力が弱かったり、子宮口が硬かったり、運動不足だと予定日を超過しやすいと言えます。
経産婦の陣痛
陣痛は、赤ちゃんを子宮の外に押し出すための子宮収縮のことです。子宮の筋肉がギューッと縮み痛みを感じる時間とお休みの時間が交互にやってきます。最初は不規則に子宮収縮の痛みがやってきますが、次第に痛みとお休みの間隔が狭まり、痛みも増してきます。間隔が規則的になってきたらお産の始まりです。

陣痛が始まるまでの時間や経過は、一人目の出産と二人目の出産で変わらないこともありますし、全く違うこともあります。ですので、一概に、経産婦の方が痛みが軽くなるとは言えません。しかし、一般的には、経産婦の方がお産の時間が短いことが多く、それは陣痛の力が強いためだと考えられています。つまり、陣痛を感じる時間は短いけれども、その分、痛みが強いとも言えます。

出産後は、大きくなった子宮が元の大きさに戻ろうとします。その時に陣痛に似たような痛みがあることから、これを「後陣痛」と呼びます。経産婦は初産婦よりも子宮口が広がりやすく、子宮の収縮が早いため、一般的に、後陣痛は初産婦よりも経産婦の方が重い傾向にあると言われています。
結局、個人差によるもの
経産婦の方が分娩時間が短い、後陣痛が重いなど、経産婦の出産の傾向を書いてきましたが、実際には、個人差による方が大きいのです。一人目の出産と二人目の出産では、痛みの時間も出産の流れも全く違うとも言われています。ですので、これらはあくまでも一般論。経産婦だからこうだ、初産婦はこうだ、と決め付けず、その時々の体の変化に柔軟に対応していきましょう。
経産婦と初産婦の大きな違い
経産婦と初産婦では、妊娠、出産時にそれぞれ特徴があることを紹介してきました。では、それ以外に、どんな違いがあるのでしょうか? 経産婦だからこそのメリットについて考えてみたいと思います。
出産を経験している
初産婦は、妊娠、出産とすべてのことが初めての経験です。しかし、経産婦は経験しているため、リラックスして臨むことができます。これは、経産婦の最大のメリットでしょう。妊娠、出産はその都度違うとは言っても、一度、経験のあることだと何かトラブルが起きたとしても落ち着いて対応できますよね。そういった意味で、経産婦と初産婦には大きな違いがあります。また、出産後の子育てに対する心配も初産婦に比べ少ない人が多いようです。
お兄ちゃん・お姉ちゃんの存在
経産婦と初産婦の一番大きな違いは、経産婦の方はすでに子育てをしているということ。お兄ちゃん、お姉ちゃんがいる中で子育てすることは、一人目の子育てとは全く違うものです。二人以上の子育てを同時にするのは、大変な面もありますが、上の子がお世話を手伝ってくれたり、お兄ちゃんやお姉ちゃんであるという自覚が芽生え、自分のことを自分でするようになったりしてくれます。

ただし、何歳差があっても、赤ちゃんが生まれて生活がガラリと変わり、ママが赤ちゃんのお世話ばかりしていると上の子は不安になります。上の子を優先し、たっぷりと愛情表現することも忘れずに!

まとめ
経産婦の妊娠、出産は、初産婦とは違うこともあり、不安がなくなるわけではありません。しかし、初産婦の時には気づけなかった楽しみやワクワクもたくさんあります。心配や悩みを抱えすぎるとストレスは溜まるばかり。明るい気持ちで、楽しい妊娠生活を送りましょう。

関連リンク
【医師監修】赤ちゃんの鼻水の原因は? 咳を伴う時は病院に行くべき? | マイナビウーマン
【医師監修】妊娠中にめまいが起こる5大原因! やってはいけない対処法は? | マイナビウーマン
鈴鹿サーキットへ家族で行こう!子連れでの楽しみ方ガイド | マイナビウーマン

このページのトップへ