【医師監修】赤ちゃんの鼻水の原因は? 咳を伴う時は病院に行くべき?

赤ちゃんの鼻水がずっと出ていると「病気かしら?」と心配になりますよね。いつもと違う緑色の鼻水が出ている時や、咳、涙やくしゃみを伴う時も、病院に行くべきか迷ってしまいます。ただ、小児科は感染症の赤ちゃんも多いので、必要がなければ行かないに越したことはありません。治療が必要かどうか、鼻水の状態や他の症状から原因を探ります。







この記事の取材先ドクター

向洋こどもクリニック 梶梅 輝之先生

子どもの病気の診療や予防はもちろんのこと、心身の健全な発達を支援し、ご家族の皆様と子どもの成長をともに喜び合えるクリニックにして行きたいと考えています。
http://www.mndcc.jp/index.html
症状で赤ちゃんの鼻水の原因が分かる

赤ちゃんは刺激に敏感なので、ちょっとした変化で鼻水が出てしまいます。少し鼻水が垂れているぐらいなら心配はありませんが、長引いてしまっている時は病気を発症している疑いがあるので注意が必要です。
鼻水の色が無色透明なら、原因は病気以外
もし赤ちゃんの鼻水が無色透明なら、環境のちょっとした変化に反応して出ていると考えられます。赤ちゃんの鼻の粘膜は敏感なので、ほんのわずかな温度差でも、水っぽい鼻水が出てしまいます。ホコリや花粉、動物の毛に反応し、サラサラした鼻水が出ることもあります。赤ちゃんは鼻水を出すことでウイルスやホコリを洗い流しているので、毎日大量の鼻水が出ることはおかしなことではありません。鼻水が出ていても赤ちゃんの機嫌が良いようなら、問題はないでしょう。ただし、風邪の引き始めの鼻水も無色透明でサラサラしています。咳や熱が出た場合も、即受診が必要ではないので家で安静にしていましょう。
緑色、黄色い鼻水が出る赤ちゃんは感染症の疑いあり
赤ちゃんの鼻水に色がついている時は、用心しましょう。もし緑色や黄色い鼻水が出ているようなら、ウイルスや細菌に感染している疑いがあります。赤ちゃんがウイルスや細菌に感染すると、身体の中で白血球が風邪ウイルスと戦います。その結果、鼻水に白血球の死骸が混ざり、緑色や黄色のネバネバした鼻水になります。色がついてどろっとした鼻水が出ると鼻が詰まりやすくなります。こまめに鼻水をとってあげましょう。熱が高く、鼻づまりがひどい時は小児科を受診しましょう。
症状が軽ければ必ずしも受診の必要はない
熱が高くなく、症状が軽いようなら、必ずしも病院に行く必要はありません。赤ちゃんの熱は突然上がるのでこまめにチェックしなければいけませんが、状態が落ち着いているようなら自宅で安静にして鼻水と熱が引くのを待ちましょう。病院でも症状が重くない時は、こまめに水分補給を行い安静にするだけでOK、と対症療法が指示されるはずです。体調が悪い時にゴミゴミした待合室で長時間待たされるのは、赤ちゃんにとってもストレスになります。必ずしも「鼻水=受診」する必要はないことを理解しておきましょう。
副鼻腔炎の時の赤ちゃんの鼻水はどんな状態?
風邪以外の原因でも鼻水がひどくなることがあります。例えば、鼻づまりがひどい時は副鼻腔炎を起こしている可能性があります。痰が絡んだような湿った咳も伴っているようであれば、副鼻腔炎を発症している確率が高いでしょう。

しかし、乳幼児には副鼻腔炎の診断自体が必要ないといいます。なぜなら、乳幼児は解剖学的構造上、カゼなど上気道感染では必ずと言っていいほど副鼻腔に分泌物が貯留します。成人の副鼻腔炎とは異なり、ほとんどが抗生物質などの治療は必要ないのです。そのため欧米では、乳幼児の副鼻腔炎の診断のためにレントゲンを撮影することさえも、無駄な放射線被爆をさせるということで禁じられているといいます。
病院に行かなくてはいけない赤ちゃんの鼻水とは

赤ちゃんの鼻水の状態で、ある程度原因を推測することができます。次に気になるのが、病院に行くべきかどうか、受診の目安ですよね。
くしゃみ・涙・鼻水はアレルギー性鼻炎?
赤ちゃんの鼻水が無色透明なら、基本的に心配いりません。ただ、あまりにも鼻水が大量に出る場合、毎日のように出ている場合は、アレルギー性鼻炎の疑いがあります。鼻水とくしゃみが一緒に出る症状も、アレルギー反応の特徴です。病院でアレルギー検査を受け、何に対してアレルギー反応を起こしているのか、一度調べてもらった方が良いでしょう。状態によっては、アレルギー反応を抑制する内服薬や点鼻薬が処方されることもあります。

しょっちゅう鼻水が出ているようであれば、家の中にアレルゲンがあるのかも知れません。ホコリに反応していることが分かれば、掃除を徹底することで鼻水が出にくくなります。アレルゲンが花粉の場合は、シーズン中窓を開けるのを控えるなどの対策がとれます。

冬の鼻水&高熱はインフルエンザの可能性も
インフルエンザが流行する冬に高熱が出て鼻水もたくさん出ている時は、感染している可能性があるので受診した方が安心です。生後半年までは母乳の免疫力が残っているので風邪をひくことは滅多にありませんが、インフルエンザに感染することはあります。38度以上の高熱が続き、泣き声も弱くなり機嫌もずっと悪い時はインフルエンザの疑いがあります。新生児の高熱は何の病気にしても心配なので、時間外でも救急対応している小児科に連絡して下さい。
よくある赤ちゃんの鼻水の悩みを解決!

鼻水は赤ちゃんによくあるトラブルのひとつですが、こじらせると厄介なので早めに的確な対処をすることが大切です。
赤ちゃんの鼻水を取るには吸引器が役立つ
新生児のママから「買っておいて良かった」と言う声が多いのが、家庭用の鼻水吸引器です。口で吸い込む手動タイプなら、1,000円以下のものが多いのでチェックしてみて下さい。ちょっとした鼻水なら柔らかいティッシュやガーゼ、綿棒でケアできますが、ある程度の量が出ている時は吸引する方法もあります。鼻水をしっかりとってあげることで、副鼻腔炎の予防につながります。ウイルス、細菌だらけの鼻水を放置していると、耳の奥まで汚れが流れ込み、耳鼻科系の病気を合併する可能性があるため、鼻水のケアは重要です。
吸引機の正しい吸い方
赤ちゃんの鼻水を取るのに便利な吸引機ですが、吸い方が分からず、戸惑ってしまうママも少なくありません。吸引機は手動タイプや電動タイプなど色々ありますが、どのタイプでも基本的に一気に吸引しないのがポイントです。口で吸うタイプやポンプで吸うタイプの手動タイプも、少しずつ鼻水を吸引して下さい。電動タイプも出力を弱め、ちょっとずつ吸い取るようにしましょう。

また、赤ちゃんは慣れない吸引機に驚いてしまうことがあるので、ママは優しい表情でリラックスさせてあげましょう。嫌がる時に強引に吸い取るのはトラウマになるので、機嫌が良い時を狙い、ストレスにならないよう気をつけましょう。

薬で赤ちゃんの鼻水を止めることはできる?
赤ちゃんの鼻水用の薬はありますが、最近は薬を処方しないで吸引処置で対処する小児科、耳鼻科が大半です。これまでアリメジン、ポララミン、ペリアクチンなどの薬が処方されていましたが、近年は処方されることが少なくなっています。深刻な副作用を引き起こす可能性もあるため、リスクをおかしてまで飲む必要はない、と認識されるようになっています。
鼻水が出ている時、赤ちゃんをお風呂に入れても大丈夫?
赤ちゃんの症状が鼻水だけなら、お風呂の湯気が効果的な加湿対策になることがあります。お風呂の中や、入浴後に吸引機でケアするのもおすすめです。熱がある時は「入れても大丈夫?」と心配になるかも知れませんが、体力があり、よほどぐったりしていなければ問題ありません。赤ちゃんは元々汗をかきやすく、発熱時は大量に発汗します。お風呂で汗を流してさっぱりしてあげることで、機嫌がよくなる可能性もあります。体力を消耗しないよう、短時間で済ませ、脱衣所や部屋の中が寒くないよう温度差にも気をつけてあげて下さい。寒い時期は、入浴前にしばらく熱いシャワーを出しっぱなしにして浴室を暖めておきましょう。
まとめ

赤ちゃんの鼻水は心配がないものが大半です。風邪でも症状が軽ければ、必ずしも病院に行く必要はありません。ただ、鼻が詰まってしまうとおっぱいも吸いにくくなりますし、副鼻腔炎などになりやすいのでこまめなケアが必要です。赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、周りの大人が気にして見てあげましょう。

関連リンク
【医師監修】経産婦の分娩時間が短いのは本当!? 何が違うの? | マイナビウーマン
【医師監修】妊娠中にめまいが起こる5大原因! やってはいけない対処法は? | マイナビウーマン
鈴鹿サーキットへ家族で行こう!子連れでの楽しみ方ガイド | マイナビウーマン

このページのトップへ