『Amazon』でLEOPHILEイヤホン『EEL』が実質0円で売られていたのは研修生のミスだった! 本人がメール&『Twitter』で平謝りに心配する声も

中国・深センのワイヤレスオーディオメーカーLEOPHILEの防水ワイヤレスイヤホン『EEL』が、2017年9月8日に『Amazon.co.jp』のタイムセールで実質0円で購入できるようになっていたことで、家電ランキングで1位になっていましたが、これは同社2ヶ月めの研修生Yaraさん(@proudyara)のミス。購入者には、Yaraさんからのメールが届く事態になっています。

『Amazon.co.jp』では、もともと『EEL』が半額(3500円)になるクーポンコードのキャンペーンを実施していましたが、タイムセールの前にこれを外すことをYaraさんが削除し忘れて0円になるという事態に。Yaraさんのメールでは「会社が負担することができない損害を与えるような事に発展してしまいました」といい、購入のキャンセルや返品、2459円で購入し直すことを求めていました。
ところが、問い合わせが相次いだ『Amazon』サイドからは「返品に応じる義務はありません」というアナウンスがなされ、ますますYaraさんが窮地に。これを見ていたユーザーからは、「拙い日本語でメールしていてかわいそうになる」といった声が上がっていました。

Yaraさんは、『Twitter』で次のようにツイート。

LEOPHILEのYaraです、昨日のタイムセールは私のミスで、会社に負担することできない損失を与えるような事に発展してしまいました。お客様にご迷惑かけて大変申し訳ございませんでした、ご心配かけくれての人を心から感謝致します。

プロフィール欄に「バカなYaraです」とあることがさらに悲哀を感じさせたのか、「大丈夫ですか?」「あなたの身が心配」「社長は怒っている?」といったリプライも集まっていました。Yaraさんは「社長はまだ何も言ってこないですが、私のミスで会社が負担することできない損失を与えるたので、解雇されても文句ない」といい、「メールで失礼してすいませんでした」と平謝りを続け、以下のような悲痛なツイートも。

タイムセール期間LEOPHILEのイヤホンを買ったのお客様、全部私のミスで、ご迷惑かけて大変申し訳ございませんでした。お客様が言ったように、私は本当に豚です、私はヌード写真を持っていない、申し訳ありません、もう私にメールを与えないでください、お願い致します、お許してください。

苦情以上の内容のメールが届いていることをうかがわせる内容には、「自分を責めすぎないで」「元気だして」といったリプライが送られ、『EEL』についても「良いイヤホン」「音質がいい」といった声が上がっていました。製品自体の評判は高いので、今回の件を会社側がどう対応するのか気になるとことです。

EEL(Leophile)
http://leophile.com/product/all/16.html [リンク]

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

  1. リリー(81歳) ID:w4whY・09/11

    チェック体制なしで新人に任せた会社のミスは大きいと思う。解雇は仕方ないが、尻拭いは会社の仕事でしょ。

    4

  2. ミユウ(40歳) ID:1W80L・09/11

    個人の責任ではなく会社の責任だと思うのですが・・・。

    8

  3. エイドリアン(30歳) ID:9VmVz・09/11

    会社の責任を個人に負わせようとは凄いな。あと、ヤラ氏は普通にメールの対応が大変だから励ましも要らないって事でしょ。こいつも反省しとらんな。

    1

このページのトップへ