タイプじゃない男性にアプローチされたら妥協して付き合う?メリットを考えてみた



恋はいつでも唐突なもの。恋愛対象として意識したことがなかった男性に「付き合ってほしい」と告白されることもあるでしょう。
そんなとき、好きな人や付き合っている彼氏がいなかったら、「この人のこと、そんな風に見たことなかったけど・・・でも・・・」と、迷ってしまう女性も多いはず。
ここでは、「付き合ってみる」という選択をした女性たちに、意識していなかった男性と付き合ってみてよかったことを聞いてみました。

■愛される幸せを実感できる!


「長年友達としか思っていなかった相手に告白され、付き合うことに。今までは自分の好きっていう気持ちばかりを優先してきた付き合いだったせいか不安ばかりだったけど、彼と付き合って愛される安心感を知った・・・!」(20代/IT)
人を愛するときのワクワク感も素敵ですが、人から愛される充足感は何にも代えがたいものがあります。今まで好きな人を追いかけるばかりだった女性にとって、愛されることの安らぎは驚くほど心地がいいもの。
女性として大事に扱われたり、特別な存在として愛してもらえたりする経験はとても貴重です。
今まで「好き!」と思った人としか付き合ってこなかった女性こそ、相手の「好き」という愛情を信じてみてもいいのかもしれません。

■付き合ってからわかる魅力的な部分があった!


「まったくタイプじゃなかった会社の同僚に告白された。それまでは仕事をしているときの顔しか知らなかったけど、付き合っていくうちに彼の男性的な部分とか頼れるところが見えてきて、良いなって思った。ほかにも意外な一面を見れたりして最近ときめきっぱなし!」(20代/広告代理店)
恋愛は付き合ってみないとわからない部分がたくさんあるもの。付き合ってから見える相手の姿もあれば、付き合ったからこそ見せられる自分の一面もあるでしょう。
普段はあまり見せていない部分にこそ、その人の魅力はぎゅっと詰まっているもの。「こんな一面もあったんだ・・・」という驚きがいつしか恋に変わっているかもしれません。
表面的な部分だけで「なし!」と決めるのは早急。アプローチしてきた彼は、思っていたよりもずっと素敵な人かもしれませんよ。

■女性としての自信がついた!


「今まではとにかくモテる人が好みで、浮気相手だったり不倫相手だったり男性にとっての2番手とか3番手になることが多かった。今の彼はモテないけど1番に愛を注いでくれて、女としてなくしかけていた自信を取り戻せた気がする」(20代/医療)
一生のうちに自分のことを心から好きだ、愛していると思ってくれる男性はそんなに多くはありません。この先、あと何人そんな男性に出会うことができるでしょうか・・・?
かけがえのない今の自分を「素敵だ」「好きだ」と言ってくれる人の言葉を信じることも、自分を大切にすることのひとつです。自分を肯定してもらうことで女性としての自信もつきます。
「私なんて・・・」と彼氏からないがしろにされることに慣れてしまっている女性こそ、好きだと言ってくれる男性を大事にしましょう。

■ありのままの自分でいられた!


「好かれているという安心感からか、彼の前では自分を偽らずにいることができた!今までは好かれようと頑張っていた恋愛ばかりだったから、このままの自分でいいんだなって思ったら心が楽になった」(20代/IT)
自分が好きなばかりで追いかける恋愛は時に苦しくもなるもの。しかし、ありのままでいいと受け止めてくれる相手がいれば、どんどんと心が救われていきますよね。
自分の素をさらけ出すうちに、気づけばイマイチだと思っていた彼との時間がかけがえのないものに。無理しない等身大の自分でいられる彼が、居心地のいい存在となっているのです。

まとめ


タイプでない男性や、イマイチだなと思っていた男性からアプローチされたら、「イヤ」でないなら試しに付き合ってみるのもあり。
愛される喜びや相手と育む信頼や安らぎのある恋愛が楽しめるかもしれません。(小林リズム/ライター)
(ハウコレ編集部)(あかねぴ@akanepi0426/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)


【関連記事】
おひとり様女性が「恋愛疲れ」を引き起こしている理由とは?
出会いを増やしたってムダ!?なかなか彼氏ができない原因とは
「個人の自由」ではあるけれど…。出会いの場では秘密にすべき、男ウケの悪い趣味って?
狙った獲物は逃がさない!いつだって「好きな人と付き合える」のはこんな女性
男もドン引き…「評論家女子」は痛い売れ残り女子になってしまう!?

ハウコレ 09/11

このページのトップへ