乳児の日焼け対策とは

乳児の肌は、デリケートなため日焼け対策は欠かせません。とはいえ、赤ちゃんの日焼け対策について悩んでいる人は少なくないでしょう。ここでは、乳児に対する日焼け対策について見てみましょう。


乳児にも日焼け対策は重要

日焼けとは、長時間、肌に日差しを浴び続けることで皮膚が茶色、もしくは黒くなることをいいます。日差しとは、紫外線に該当し、日焼け対策とは紫外線対策と考えていいでしょう。子供や大人の場合、紫外線対策に使われるのは主に、日焼け止めクリームです。女性であれば、UVカット機能を持った化粧品がおすすめです。
紫外線とは、簡単にいえば太陽から降り注ぐ波長です。また、紫外線にはタイプがあり、私たちの肌に影響を与える代表的な紫外線は、紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)です。
UVAは、オゾン層に吸収されず、肌の奥深くにまで浸透します。肌にある線維などを破壊した結果、シワやたるみを引き起こす原因となります。一方、UVBはオゾン層によってほとんど吸収されますが、吸収しきれなかった紫外線の一部がオゾン層を超えて肌に強めの刺激を浴びせ、その結果、皮膚の炎症やシミなどを引き起こします。
乳児の肌は、デリケートです。大人より肌が薄く、短時間でも紫外線を浴びると日焼けしやすく、強い紫外線を浴びると、皮膚が赤く腫れたり、湿疹が出たり、頭が痛くなったりかゆくなったりする場合があります。ひどいときには、発熱や嘔吐が現れるケースもあります。


乳児の日焼けで気をつけたいこと

乳児の肌は、大人の肌と違ってデリケートなため、紫外線により悪影響を受けやすい状態です。夏になると、紫外線の量が増えるため、特に気をつけましょう。
春と夏の時期は、日差しの強い時間帯(9〜15時頃)に外出するのをなるべく避けるようにしましょう。日差しの強い時間帯に出かける場合は、乳児に帽子を被せるだけでなく、ベビーカーには日除けをつけましょう。
朝や夕方などの涼しい時間帯には、薄く通気性のよい長袖の服を着用しましょう。しかし、気温と湿度の高い日は長袖を避け、代わりに乳児用日焼け止めクリームなどを活用しましょう。脱水症状や熱中症などの原因になります。
もし、脱水症状や熱中症といった兆候がみられた場合、室内など涼しいところで休ませます。クーラーが効いている室内などが望ましいでしょう。衣服をゆるめて、服装が長袖なら、長袖の部分を脱がします。そして、小児科の医師に診てもらうようにしましょう。
脱水症状の応急処置方法は『自宅でもできる!脱水症状を起こしたときの対処法』をご覧ください。
熱中症の応急処置方法は『熱中症の症状が見られるときの応急処置』をご覧ください。


乳児の日焼け対策法

乳児の日焼け対策について、以下、解説します。
日差しの強い時間帯を避ける9〜15時ぐらいになると日差しが強くなるため、外出はなるべく避けるようにしましょう。
外出時の対策について外出する際は、乳児用の日焼け止めクリームを塗りますが、1回だけではなく、2〜3時間ごとにこまめに塗りましょう。日よけ用の帽子も効果的です。
日焼け止めクリームの塗り方については『クリームタイプの日焼け止めについて』で詳しく解説しています。
ビタミンCを積極的にとる離乳期からは食事での対策も活用できます。ビタミンCは、オレンジやキウイなど南国系フルーツに、豊富に含まれています。


乳児の日光浴も必要

紫外線対策を万全にするのはよいことですが、適度な日光浴は必要です。日光不足にともなって、ビタミンD欠乏症になる可能性があります。紫外線はビタミンDを作るという働きを持つとされており、日焼け対策を積極的に行うことで、ビタミンDの生成が困難になると考えられています。
ビタミンDは、主に腸からのカルシウムの吸収を2〜5倍ほど増加する働きがあります。ビタミンDの不足にともない、食事でカルシウムをとっても十分に吸収されず、その結果、相対的なカルシウム不足になります。カルシウムが不足すると骨の強度が低下し、くる病や骨軟化症などの症状が現れるようになっていきます。
乳児の健康のために日焼け対策を万全に行ったうえで、ビタミンDが不足しないように短時間の日光浴をしましょう。しかし、地域や時期、天候などによって左右されるため、赤ちゃんの体調をみて、無理のない程度に外気に触れさせるように心がけましょう。
ビタミンDの働きについては『ヒタミンDは骨たけしゃない!免疫力や精神症状の改善にも期待』をご覧ください。
(この記事の監修: マブチメディカルクリニック 院長 / 馬渕知子 先生)
【関連記事】
赤ちゃんのお尻のスキンケア方法とは
赤ちゃんのお尻のスキンケア方法とは
大人よりもデリケートな乳児の肌のスキンケアについて
赤ちゃんのお尻のスキンケア方法とは
赤ちゃんのお尻のスキンケア方法とは

このページのトップへ