がっつき女子はNGです。飲み会で際立つ「いい女」の共通点5つ



春からの新しい環境や、新しい職場にも慣れたこの時期。飲み会もどんどん増えていきますよね。
そんなとき、自分もその会を楽しんで、さらにいい女を少しでもアピールできれば素敵ですよね。
今日は、飲み会で際立つ「いい女の共通点」を5つご紹介します。

・褒め上手


うそでも褒められると、人は嬉しいものです。飲み会などで話すことがなくなったら、相手の褒められるポイントを見つけていくようにしましょう。
いい女は、相手が褒められて嬉しいことを見つけるのが得意。相手の心地いい部分をすぐわかる女性は、観察力がある証拠です。
相手のことをよく観察して、どんな話が得意なのか、どんなことを言われると喜んでいるのか観察してみましょう。普段から男女問わす相手を褒められる人は本当のいい女ですね。

・ネガティブな話が少ない


飲み会などの場でも、知らないうちに、上司の愚痴や仕事の相談、上手くいかない恋愛の話や自分の悩み事ばかり話してしまう女性がいますが、自分の話ばかりになってしまう女性は、もちろんいい女とは言えません。
くわえて、ネガティブな言葉やネガティブな話は、聞いているだけで相手の気分を落としてしまいます。
普段からネガティブな言葉を多く使っていると初対面の人からも、マイナス思考な人なのかと勘違いされてしまうことも。やっぱり明るい話ができる女性がいい女ですよね。

・気遣いができる


どんな場でも、自分が楽しんでばかりいると、周りに対しての気遣いを怠ってしまいがちです。飲み会の場では、羽目を外してお酒を飲み過ぎてしまったり、自分がずっと話してばかりいては周りに対して気遣いができません。
気遣いができるということは、自分が一番楽しんでいる状態ではなくて、一歩引きながら周りに対しても目を配っているからできること。会話やその場を楽しみながら、周りにも気遣える女性がいい女の条件。
ただし、気を遣いすぎてそれがあからさまになってしまうと、全員が気遣いをしなければいけない空気になってしまうので、あくまで「さりげない」気遣いが大切です。

・やるべきことをやっている


自分の仕事や、自分の学んでいること、自分の趣味などに真剣に取り組んでいると、自然とその女性の会話は楽しくなるものです。
私はこんな事しているよ、と自信を持って話せる女性は、とっても好印象。何となく生活していたり、嫌々仕事をしている人は、会話にもその人の空気感にもそれが出てしまうものです。
自分がやりたいことを普段一生懸命にしていれば、頑張っている人の隣にいて相応しい女性になることができます。

・人によって態度を変えない


見た目や職業で相手を判断していると、いつかぼろが出てしまうもの。飲み会のような時間の限られた場では特に、カッコいい人がモテるし、収入のいい人が人気になるかもしれません。
でも、こんなときだからこそ、みんながいる場では特に皆に平等で接しましょう。自分だって、可愛くないからって大切にしない男の人は嫌でしょうし、女性同士で「そんな男の人は嫌だね」って話になりますよね。逆も同じなのです。
いい人だけに良い対応をすることは意外とマイナスが多いもの。その人の持っているものだけではなく、内面に目を向けられるよう、人によって態度を変えない女性になりましょう。

おわりに


いかがでしたか?以上の点をふまえて、飲み会で際立ついい女になっていきましょう。(いい女bot/ライター)
(ハウコレ編集部)


【関連記事】
いつまでも彼氏ができない原因?男がうんざりする「こじらせ」とは
意外とお好き?彼がキュンとする「かまってちゃん」の特徴
もしかして、おごられ下手?男性が「お金を使いたくない」と感じる女性の行動
かわいいは中から作れる!男性がきゅんとする「女の子のかわいさ」
モテる女性が使っている「男性の心をガッチリ掴むホメ方」・4つ

ハウコレ 09/09

このページのトップへ