ローチケ勝手にキャンセル騒動 調査結果は……入金の事実がなかった!? システム不備はなかった!

9月2日にローソンチケット(以下、ローチケ)で購入したチケットが勝手にキャンセルされていた、というツイートが投稿され話題となり、他の利用者からも不安の声が上がっていた。しかし、株式会社ローソンHMVエンタテイメント側の調査により、事態が急変。

購入したというチケットは、非常に人気のミュージカル『刀剣乱舞』のチケット。発信元の投稿者は、「念のため届いたメールと領収書」というツイートでキャンセル通知メール文面と領収証の画像もアップしていた。

そもそもローチケは、規約で入金後のキャンセルは不可能。それが「入金後にキャンセル通知がきた」ということで、投稿者が怒り、ローチケ側へクレームの電話を入れた。

3回ほど電話でやり取りするも、電話でもメールでもキャンセル依頼はないと言われるが、「キャンセルになったものは再度用意することはできない」、「なぜキャンセル扱いになったかは不明だが、システムのステータス上でキャンセルになってしまっているため、どうすることもできない。改めて応募するしか方法はない」と言われ、投稿者は「納得がいかない」と事の経緯をまとめてツイートしたのだ。

ローチケ側が調査

この投稿者のツイートの内容を検証するため、ローチケ側は調査を開始。

9月2日(土)、SNS等にて、ミュージカル『刀剣乱舞』のチケットを購入したお客様より「入金後にキャンセルされた」という情報発信がございました。

WEB上の領収書の検収印やレジ番号から、店舗を特定し取引実績等を調査しておりますが、現在のところ実績データ等から事実の確認はできませんでした。
また、入金後のキャンセルやカスタマーセンターへのお問い合わせの事実も確認できませんでした。

今回SNSにて発信された情報と、弊社の理解との間に相違がある可能性がございます。

9月4日の時点で、「店舗を特定したが取引事実がなかった。キャンセルの問い合わせも確認できない」と発表。

そして、9月6日の調査結果で意外な方向に。

さらなる調査を進める中で、昨日、ツイートの発信者様とコンタクトがとれ、状況の確認を行ないましたところ、入金はされておらず、従いまして『入金後のキャンセル』及び『当社からのメール配信』という事実は無かったことが確認されました。

皆様にご心配をおかけしましたが、弊社のシステム/サービスに問題がないことを確認いたしましたので、引き続き、安心してご利用いただけますようお願い申し上げます。

実は、入金すらされていなかった!? 入金後のキャンセル、メール配信という事実はなかったという。ツイート投稿者の狂言だったのか。現在、発信元のTwitterアカウントは閲覧できなくなっている。ネットでは、「一緒に行く友人にチケットキャンセルを伝えられずウソをついてしまったのではないか」と推察。

しかし、他のローチケ利用者の不安を煽った今回の騒動。いくつか過去のトラブルを明かした利用者たちも現れたが、今回に限ってはローチケ側のシステムやサービスに不備はなかったようだ。

人気作品は熱狂的なファンも多いため、今後の運営状況の向上に繋がることを願う。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ