マイルドなメンソール感がちょうど良い!? 加熱式たばこ『glo』の新フレーバー『スムース・フレッシュ』を吸ってみた

2017年10月2日から47都道府県で発売されることが決まっているブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の加熱式たばこ『glo(グロー)』。全国展開に合わせて発売される専用たばこ『KENT(ケント)』ブランドの『neostiks(ネオスティック)』の新フレーバー『スムース・フレッシュ』を、一足早く吸ってみることができました。

現在発売中の『フレッシュ・ミックス』『インテンスリー・フレッシュ』に続く“第3のメンソール”『スムース・フレッシュ』。強烈な氷冷感を誇る『インテンスリー・フレッシュ』や、東京・大阪・宮城でのたばこランキングで20位以内に入る好調さを見せている『フレッシュ・ミックス』と比べて“なめらかメンソール”をうたっており、バランスの取れた味わいになっているとのこと。

実際に吸ってみると、メンソールの清冷感はしっかりとある上で、たばこ葉の味も消えていなく、後まで「たばこを吸った」余韻が残る印象。既に発売されている2フレーバーはメンソール感が強調されていましたが、そこまで強いスッとした味を求めてないけれど、口内をスッキリとさせたい、という人に合いそうな味でした。

マイルドなメンソールという位置づけの『フレッシュ・ミックス』。これまでの『glo』のフレーバーでも「たばこ」としての完成度が高い味わいになっているので、全国展開における切り札的存在になるかもしれません。お値段は1パック(20本)420円(税込)。

『glo』公式サイト
https://www.discoverglo.com/jp [リンク]

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ