懐かしの発電機っぽいけど電気を貯める“蓄電機” ホンダが『LiB-AID E500』を発売

ホンダが1965年に商品化したポータブル発電機『E300』の流れをくむハンディータイプの“蓄電機”。ホンダは『LiB-AID(リベイド) E500』を9月1日に発売します。

エンジンで電気を作る発電機ではなく、電気を貯めて使える“蓄電機”。最大出力500W(VA)で、AC100Vの交流電源として利用できるほか、5V・2AのUSB出力端子を2口搭載。アウトドアでも災害時でも、家電や電灯が使えてパソコン、スマートフォンの充電もできてしまいます。

家庭用コンセントか車のアクセサリーソケットによる充電時間は約6時間。300Wの電気が約1時間、取り出せます。1台では出力が足りない場合、『LiB-AID E500』2台もしくは発電機との並列接続により、消費電力が大きな電気製品が使えるほか、複数の電気製品を同時に利用できます。

2015年の『東京モーターショー』で出展された試作機では、発電機をオマージュした給油キャップがデザインのアクセントになっていたのですが、製品では採用が見送られたようでちょっと残念です。

【東京モーターショー2015】給油キャップは「発電機へのオマージュ」 ホンダがポータブル蓄電機『E500』を出展
http://getnews.jp/archives/1220798

『LiB-AID E500』は全国のHonda Carsで9月1日に発売。本体色がパワーレッドのみの『E500 JN』のメーカー希望小売価格は7万4000円(税別)。本体カラーにパワーレッド、ブラック、ネオエナメルホワイトの3色をラインアップして、アクセサリーソケット充電器を同梱した『E500 JN1』は希望小売価格8万円(税別)です。

Honda|蓄電機
http://www.honda.co.jp/battery/

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ