つらい花粉症をのりきるために頼りたいアロマ

花粉症の症状による不快感を緩和させる方法として、アロマを活用することができます。ただし、あくまで根本的な改善を目指すものではなく、香りによるリラックス効果になるため、個人差や好みによる部分もあります。


花粉症におすすめのアロマ

植物の花や葉などから抽出したアロマオイルなどは、昔から心身の健康をサポートするために使われてきました。アロマオイルは種類によって、期待できる効果が異なります。ここでは、花粉症の症状による不快感をやわらげることが期待されるアロマオイルをご紹介します。
ユーカリのどの炎症に作用するほか、鼻水や鼻づまり、くしゃみに活用できるアロマです。鼻に不快な症状があると重くなりがちな頭や肩を軽くしたいときには、お風呂に入れたり湿布にしたりして使うとよいでしょう。
ペパーミント鼻づまりをや、鼻や目の粘膜に炎症があるときに活用できるアロマです。ペパーミントに含まれている成分がアレルギー性鼻炎の症状に期待されています。
ティートゥリー強い殺菌力が特徴的なアロマオイルで、免疫機能に働きかける作用も期待できます。ハンカチやマスクにたらすほか、蒸気吸入でティートゥリーのすっきりとした香りを吸いこむとよいでしょう。
サイプレスひのきに似た香りのサイプレスは、鼻や目がツライとき、咳がでるタイプの花粉症の人に活用できます。
カモミール・ジャーマンカモミールに含まれている成分「カマズレン」は目薬にも使用されています。花粉症で目のかゆみが生じているときに、カモミール・ジャーマンのお茶やフローラルウォーターを使って目の上に湿布するとよいでしょう。ハーブティーとして飲んでもリラックス効果が期待できます。


アロマオイルの活用法

外出先でも気軽にアロマ花粉症対策としてアロマオイルを使用する場合は、ティッシュに1滴たらしてマスクの内側にはさむとよいでしょう。ハンカチやコットンに1〜2滴たらして持ち歩けば、外出先でも気軽にアロマオイルの力を借りることができます。
アロマの蒸気吸入方法デスクワークなどをしているときであれば、熱湯を注いだマグカップにアロマオイルを1〜2滴落とし、立ち上がる湯気を少しずつ吸い込みましょう(蒸気吸入)。自宅では、アロマポッドやディフューザーを使用して、室内にアロマの香りを広げるとよいでしょう。また、入浴時に湯船に精油を3滴ほど入れてよくかき混ぜ、10〜15分ほどゆっくりとつかるのもおすすめです。
アロマオイルを直接塗布ホホバオイル(5ml)にアロマオイル1滴を混ぜ、鼻の周りにやさしく塗布するトリートメント法もあります。


アロマを上手に活用して花粉症対策

アロマオイルは医薬品ではありません。花粉症のつらさをやわらげるために用いることはできますが、花粉症を治療する目的で使うものではないということを忘れないようにしましょう。
花粉症の予防と対策は、花粉に触れないことが一番重要です。日常生活での花粉の除去と回避が、花粉対策の大原則になることを忘れないようにしましょう。メガネやマスクで花粉を防ぎ、室内の掃除を徹底することも大切ですよ。
アロマテラピー・アロマオイル(精油)を使用する際の注意事項1.初めて使用するオイル(精油)は、必ず少量で試してから使ってください。敏感肌やアレルギー体質の人、特に12歳以下の小児への使用の場合は、十分な注意が必要です。2.アロマオイル(精油)は、日本国内では医薬品として認められたものではありません。必ずしも効果が現れるものではないことをあらかじめご了承ください。妊娠中や授乳中、持病のある方、お肌が敏感な人は使用できない精油があります。使用前に担当の医師や専門家に相談しましょう。(この記事の監修: くすのき内科クリニック院長 兼 日本医科大学消化器内科非常勤講師 / 楠正典 先生)
【関連記事】
花粉症によるのどの痛みの原因と正しい対処法
赤ちゃんや子供の花粉症の症状と対策について
花粉症対策によいとされるヨーグルトの効果とは
花粉症の鼻水・くしゃみに効果的なツボ
妊婦は悪化しやすい?妊娠中の花粉症対策とは

  1. アイリ(38歳) ID:yKhW1・08/30

    私、秋の花粉も持ってるからちょっと辛くなってきたΣ( ̄Д ̄ )耳鼻科行って薬もらわないと痒くてかなわん

  2. アキ(43歳) ID:wJ37S・08/29

    もうそんな時季なのねん

    1

このページのトップへ