【医師取材】産後の骨盤はどういう状態? 気をつけたい生活習慣とは

妊娠・出産で大きく変化する骨盤。その体内では一体何が起こり、身体はどのような状態になるのでしょうか? 産前産後の骨盤の状態と、どのようなメカニズムで元に戻るのか、気をつけるべき生活習慣について解説します。







この記事の取材先ドクター

整形外科・スポーツ医学・救急科、眞鍋憲正 先生

信州大学医学部卒業。市中病院で臨床をしながら信州大学大学院スポーツ医科学講座にて研究を行う。医師+(いしぷらす)所属。

そもそも骨盤とは?

骨盤とは「腸骨・恥骨・坐骨を合わせた総称の寛骨(かんこつ)・仙骨(せんこつ)・尾骨(びこつ)からなる部分」と医学的には定義されています。ちなみに、骨盤内の関節としては仙骨と腸骨を繋ぐ仙腸関節部分が可動域としてあるのみ。骨盤自体の変形は、妊娠や怪我などではない限り、ほとんど起こることはありません。
産後の骨盤の状態って?
妊娠中は、女性の骨盤腔内には胎児がいるため、骨盤腔内を広げようとレラキシンというホルモンが出て、骨盤関節部の靭帯がゆるくなります。一方、産後はその必要がなくなるのでオキシトシンというホルモンによりゆるくなった靭帯が数ヶ月かけて戻ろうとします。その後多くの人が元の形に戻っていきますが、まれに一度靭帯がゆるくなっているため、出産を繰り返すと元に戻りにくかったり、そのままの状態になったりしてしまう可能性はあります。しかし、それは骨盤が歪んでいるわけではありません。
出産後に歪みやすいわけではない!
産後、日常会話やメディアなどで「産後は長時間の抱っこなど同じ姿勢が続くから、骨盤が歪みやすい」などといった話を見聞きした人も少なくないはず。しかし実際は、骨盤自体が妊娠・出産で一時的に変化することはあっても、出産後に特に歪みやすいということはありません。「骨盤が歪んでしまっている」と思っていることの多くは骨盤自体が歪んでいるのではなく、骨盤周囲の関節部分に起因するものがほとんど。さらに、その歪み自体は長年の生活習慣による蓄積された機械的刺激に起因するもので、産前・産後というのはあまり関係ありません。出産で骨盤が一時的に形が変わることはあっても日常生活で歪むのとはまったく別のことなのです。
産後の骨盤矯正は本当に必要なの?

上記で前述したように、出産後の骨盤の回復はホルモンの影響が大きいので、ひとつは自然に回復するのを待つだけで十分かと思います。脚を組んだり、バッグを片方だけでずっと持ってしまったりと、日々の生活でくせのある姿勢や身体の使い方を続けていると、よく使われる部分やあるいは負担のかかるところに疲労がたまりやすくはなってしまうので、産後をきっかけに日常的な体の癖や使い方を見直していくのはおすすめですよ。もし、産後の骨盤矯正やストレッチを行う場合は無理をしない範囲で行ってくださいね。
まとめ
産後の骨盤はホルモンの関係で自然に戻るので、基本的にはそのままで問題ありません。骨盤痛やもともとの体のバランスが気になる方は、脚を組むのをやめてみたり、両方の手でバッグを持つようにしたりするなどして意識的に心がけてみてくださいね!

関連リンク
【医師監修】はしかを疑う4つの症状は? 赤ちゃんは大丈夫?! | マイナビウーマン
【医師監修】妊娠中にめまいが起こる5大原因! やってはいけない対処法は? | マイナビウーマン
鈴鹿サーキットへ家族で行こう!子連れでの楽しみ方ガイド | マイナビウーマン

このページのトップへ