脂肪吸引の手術時や術後の痛みはどのくらい?

脂肪吸引はやってみたいけれどどのくらい痛みを伴うのか、また、どんな痛みなのかが気になりなかなか踏み切れないという方もいるのではないでしょうか。痛みというのは基本的に主観的なもので、痛がりの人と我慢強い人では同じ痛みでも感じ方が違うと言われます。そこで多くの人が感じる痛み方について、湘南美容外科池袋院の東海院長にお聞きしました。


ドクターに聞く!脂肪吸引の痛みについて

Q:脂肪吸引の痛みは必ずあるのですか?また、どんな痛みですか?
A:脂肪吸引は個人差がありますが、ほとんどの場合で多かれ少なかれ痛みが生じます。
吸引器具の挿入による傷口の痛みもありますが、主には吸引操作によって皮下脂肪層に侵襲(生体を傷つけること)が加わり、炎症反応が引き起こされることによる痛みです。この痛みは筋肉痛に似ていると言われています。術後3日間が最も痛む期間で、それを過ぎると痛みもピリピリとした感じに変わります。
Q:痛みはどのくらい続きますか?
A:術直後〜3日間は痛みが強く出ますが、時間が経つごとにゆっくりと緩和していきます。日常生活に影響を及ぼすような強めの痛みは、2週間以内で改善することが多いですね。2週間を過ぎた後でも強く押さえたり伸ばしたりすると痛みが生じることはありますが、1ヶ月を過ぎればほとんど気にならなくなるはずです。
Q:痛みを和らげる方法(対処法)はありますか?
A:鎮痛薬の内服や吸引部位の圧迫固定により、痛みを抑えることができます。圧迫固定のためには、ガードルなどを装着すると良いでしょう。脂肪吸引による痛みは“強い筋肉痛のような痛み”と表現されることが多いように、ほとんどの方が我慢できる程度に留まります。
しかし、もしあまりにも強い痛みが出るようであれば、放っておかず担当医に相談してください。術後の痛み方は医師の技術によっても異なってきますし、後遺症(むくみや腫れ、内出血など)の度合いによっても違ってくるためです。
Q:痛みを早く回復させるにはどうすればいいですか?
A:身体の中では、ダメージを受けた際に回復させようとする力が働きます。回復しようとしている時は、無理をしないことが一番です。眠い時は睡眠をきちんととる、食事も栄養バランス良くとるということを心がけてください。身体をいたわって生活することで、痛みも早く回復します。
(この記事の監修: 湘南美容外科クリニック 副総括院長/新宿院院長 / 中村大輔 先生)
【関連記事】
脂肪吸引をした後はいつから入浴ができるの?
脂肪吸引後の内出血はどのくらいで消える?
脂肪吸引で内臓脂肪は取れるの?
脂肪吸引後のインディバやエンダモロジーによるケア
脂肪吸引前の血液検査って、どんなことをするの?

このページのトップへ