アメリカ人フォトグラファーの超絶リアルな”オモ写” Kickstarterで写真集の資金調達に成功

アクションフィギュアと現実世界の背景を融合させ、映画のワンシーンのような写真のことを日本語で、“オモ写”と言います。筆者は“オモロイ写真”の省略語かと思ったのですが、“オモチャの写真”の省略語となります。英語では“オモチャの写真”そのままの“Toy Photography”です。

日本だけでなく、アメリカでも“オモ写”が認知されてきているようで、カリフォルニア在住のフォトグラファー、Johnny Wu氏(以下、同氏)の“オモ写”が注目を集めています。ウォール・ストリート・ジャーナルやスター・ウォーズ公式サイトまでも、同氏の“オモ写”を取り上げるほどです。

ウォール・ストリート・ジャーナルのブログ記事
https://blogs.wsj.com/speakeasy/2016/06/01/inside-the-geeky-world-of-instagram-sensation-sgtbananas/

スター・ウォーズ公式サイトの記事
http://www.starwars.com/news/most-impressive-fans-the-beautiful-star-wars-toy-photography-of-instagrams-sgtbananas

今月の11日には、同氏の“オモ写”のクォリティに目を付けた米ニュージャージー州に本社を構える出版社、Dynamite Entertainmentが同氏の写真集、『Ten Frames Per Second; An Articulated Adventure』の資金募集をクラウドファンディングのKickstarterで開始しました。最終的に256人の支援者から1万6188米ドル(約177万円)の資金を集めることに成功しています。

Toys Come to Life in Johnny Wu’s 10 Frames Per Second!
https://www.kickstarter.com/projects/dynamiteent/johnny-wu-10-frames-per-second-an-articulated-adve

同氏の『Instagram』上には“超絶リアル”という言葉が決しておおげさではない“オモ写”ばかりです。

もっと見たい方は同氏の『Instagram』ページをスクロールしまくってみてください。

『Instagram』 @sgtbananas
https://www.instagram.com/sgtbananas/[リンク]

※画像:『Instagram』より引用
https://www.instagram.com/sgtbananas/
http://www.dynamite.com/htmlfiles/pressrelshow.html?display=PR08111774143

※ソース:
https://www.kickstarter.com/projects/dynamiteent/johnny-wu-10-frames-per-second-an-articulated-adve/updates
http://www.dynamite.com/htmlfiles/pressrelshow.html?display=PR08111774143

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ