【2017年夏】浴衣美人に! 自分でできる超簡単ヘアアレンジ集

せっかく浴衣を着るなら、髪もかわいくしたいですよね。とはいえ、わざわざ美容室に行くのも手間……。そんな人のために、アトリエはるかのヘアメイクアーティスト・佐藤敦俊さんに自分でできるヘアアレンジを髪型別に教えてもらいました。とっても簡単なので、ぜひ試してみてくださいね!

■ボブ編

まずは、ボブの人におすすめの浴衣ヘアアレンジをご紹介します。

◇1.くせ毛風ダウンスタイル

(1)毛先をストレートアイロン、またはコテですべて外ハネにしていく。

(2)分け目を決める。クールにいくなら横わけ、ナチュラルにいくならセンター分けがおすすめです。

(3)表面の毛の中間あたりからランダムにウエーブを入れる。ぬけ感を出すために、巻くところと巻かないところをつくると◎。表面の一部だけに軽くウエーブを入れるイメージ。

(4)前髪をふんわりさせるために、根元を立ち上げるようにストレートアイロンを当てる。

(5)ボブのダウンスタイルはスタイリング剤が大事なので、しっかりめにつける。セミウエットくらいのワックスがおすすめ。髪全体にもみ込む。

(6)毛先をつまんで、外はねの束感をつくれば完成。

◇2.ツイストダウンスタイル

(1)髪全体を軽く巻いて、ワックスをもみ込んでおく。

(2)サイド寄りに分け目をジグザグにとる。

(3)左右で少ないほうの髪の毛を、トップから耳のラインで縦に分ける

(4)その毛束をツイストに編み込みする。もみ上げを少し残すとかわいいです。

(5)ツイストに編み込みした毛を、耳の後ろでピンでとめる。

(6)ツイスト編み込みを引き出してくずせば完成。

◇3.カジュアルハーフアップ

(1)髪全体を軽く巻いて、ワックスをもみ込んでおく。

(2)トップの髪の毛を真後ろからやや横にずらして、ゆるめに結ぶ。結んだ毛を1回くるりんぱする。

(3)トップの髪をルーズに引き出す。

(4)サイドの毛束をツイスト編み込みする。

(5)ツイスト編み込みした毛を、トップの毛を結んだゴムの横でピンでとめる。

(6)逆サイドも同様にして完成。

■ミディアム編

次に、ミディアムの人におすすめの浴衣ヘアアレンジをご紹介。

◇1.ルーズシニヨン

(1)頭のハチから上の髪の毛の表面全体を、コテでツイスト巻きにする。ワックスを髪全体にもみ込んでほぐす。

(2)耳から上の髪の毛を耳くらいの高さで結び、お団子をつくる。

(3)トップの髪をつまんで引き出す。

(4)耳より下に残した髪を2つに分ける。

(5)分けた髪を、それぞれねじりながらゴムの部分に巻きつけ、ピンでとめる。

(6)適当に毛束を引き出し、ルーズにくずして完成。おだんごもくずすとかわいいです。

◇2.ねじりアップスタイル

(1)髪全体を軽く巻いて、ワックスをもみ込んでおく。

(2)ラフに2つに分ける。顔まわりは適当に残す。

(3)ねじりながら後ろにもっていき、ピンでとめる。

(4)後頭部の髪をつまんで引き出し、ルーズにくずす。

(5)反対側も同様に。

(6)毛先が出る場合は、内側に入れ込んでピンでとめる。顔まわりに残した髪を軽くコテで巻いて完成。

◇3.エレガントロールアレンジ

(1)ハチより上の髪をひとつに結んで、くるりんぱする。

(2)後頭部の髪をつまんで引き出し、ほぐす。

(3)ハチより下の残った髪をひとつに結んで、くるりんぱする。つまんで引き出しほぐす。

(4)結んだ髪を三つ編みする。

(5)三つ編み部分を内側に折りたたんで、ピンで固定する。

(6)髪全体のバランスを見て、適度に引き出してくずす。ルーズに仕上げれば完成。

■ロング編

最後に、ロングヘアの人におすすめの浴衣ヘアアレンジをご紹介します。

◇1.ツイストポニーテール

(1)コテで髪全体をゆるくミックス巻きにする。ワックスを髪全体にもみ込みほぐす。

(2)耳より前のサイドの髪を残して、ポニーテールにする。結ぶ位置は耳より少し上。ブラシを使わずに手ぐしでルーズに結びましょう。

(3)トップをつまんで引き出す。

(4)顔まわりの髪は透け感が出るように残し、サイドの髪はねじる。

(5)ねじった髪をつまんで引き出し、くずす。

(6)ゴムに巻きつけてピンでとめる。逆サイドも同様に。顔まわりに残した髪をゆるく外巻きにすれば完成。

◇2.サイドギブソンタック

(1) 髪全体を軽く巻いて、ワックスをもみ込んでおく

(2)頭のハチより上の部分をサイド寄りに結んでくるりんぱする。

(3)結んだ部分をつまんで引き出しルーズにくずす。

(4)頭のハチより下、耳より上の髪を結んでくるりんぱし、ルーズにくずす。もみ上げは少し残しておく。

(5)耳より下の残りの髪も結んで、くるりんぱする。

(6)毛先までの長さに合わせて2~3カ所結び、それぞれくるりんぱする。

(7)バランスを見て、適度に引き出しルーズにくずせば完成。

◇3.三つ編みシニヨンアレンジ

(1)髪全体を軽く巻いて、ワックスをもみ込んでおく。

(2)前髪を少し残し、それ以外の髪は耳の後ろあたりでひとつに結ぶ。

(3)適度につまんで引き出し、ゆるめにほぐす。

(4)結んだ髪を2~3等分し、それぞれ三つ編みする。適度にほぐしてゴムで結ぶ。

(5)ほぐすときは、三つ編みの裏側もほぐすのがポイント。

(6)三つ編みした束を1本ずつゴムに巻きつけて、ピンで固定する。

(7)ゴムに巻きつけるとき、右回り、左回りとバランスを見て巻きつける。巻きつけた髪をルーズにほぐし、前髪をコテで巻けば完成。

■まとめ

いかがでしたか? 浴衣に似合うのはもちろん、ちょっとしたお出かけやデートのときにも大活躍することまちがいなし! ぜひ参考にしてみてください。

(監修:佐藤敦俊)

関連リンク
【2017年夏】簡単にかわいくなれる「ロングヘア」アレンジ10選
【2017年夏】セミロングさんにおすすめのヘアアレンジ10選
【2017年夏】ミディアムの女性が“かわいくなれる”ヘアアレンジ10選

  1. サマンサ(78歳) ID:j7ebz・08/26

    今年は浴衣、終わりじゃない?早くしろよ!

    5

  2. リュリュ(35歳) ID:22m7S・08/26

    画像プリーズ。

    3

  3. シエナ(97歳) ID:UZBuA・08/26

    ↓え?私顔小さいけど普通に可愛いからやるけど。ヘアスタイルの一つでしょー

    1

  4. アキ(43歳) ID:wJ37S・08/26

    横の髪の毛だらっとたらすのって顔のでかさ隠すため(・д・)

    2

このページのトップへ