外出先でも家事が可能に! パナソニックから、新モデルの洗濯機やロボット掃除機が発表

毎日の家事は、生活に欠かせないこととはいえ、負担が大きいもの。効率よく家事を終わらせて、時間を作りたいと思っている方も多いのではないでしょうか? そんななか、パナソニックは、外出先からスマホで操作できる洗濯機と掃除ロボットを発表しました。

■さらなる進化を遂げた、パナソニックの新製品

◇「ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX9800」

はじめにご紹介するのは、「ななめドラム洗濯乾燥機NA-VX9800」。業界で初めて搭載された「液体洗剤・柔軟剤自動投入」機能が特徴です。今回の新製品では、どの銘柄の洗剤や柔軟剤でも、銘柄にあった適量を自動で計って、自動で投入してくれ、正確な計量と計量をしてくれます。投入の失敗を防ぐだけではなく、面倒な液体洗剤、柔軟剤の計量の手間を省くことができるのはうれしいですね。

また、スマートフォン操作で外出先からも運転可能。簡単予約設定ができるほか、洗濯終了のお知らせや、洗剤、柔軟剤の銘柄の設定まで、簡単に専用アプリで行うことができます。これで、今までの洗濯ライフがグッと変わりますね♪

◇ロボット掃除機「ルーロ」の新モデルMC-RS800

次にご紹介するのは、ロボット掃除機「ルーロ」の新モデルMC-RS800。「マッピング機能」と「ハウスダスト発見センサー」で、間取りを認識し、部屋中を規則的に走行。部屋の隅から、障害物の際まで、取り残しなく、ごみを取り除きます。

「ルーロ」には、「レーザーセンサー」を含む3つのセンサーがあり、約2cm幅の障害物まで見分けて、ギリギリまで接近。三方向についているブラシが、ほこりを掻き出し、隅から隅までお掃除をします。

また、スマートフォンで、外出先からも運転操作も可能! 掃除開始や掃除結果の確認など、外出先でも家のお掃除を進めることができます。まんべんなく掃除をしてくれるだけではなく、掃除してほしくないエリアも指定することができます。

■まとめ

2つともスマホのアプリと連動していて、外出していても、家の家事が進められるようになっています。今の家事の進み具合や終了までお知らせしてくれるので、とっても便利♪ どんどん便利になっていく家電製品に、驚かされる点ばかりですね。ぜひ、チェックしてみて♪

【商品概要】

「ななめドラム洗濯乾燥機NA-VX9800」 2017年10月上旬発売予定

http://panasonic.jp/wash/

ロボット掃除機「ルーロ」MC-RS800 2017年10月30日発売

http://panasonic.jp/soji/rulo

(マイナビウーマン編集部)

関連リンク
部屋を片づける頻度はどのくらい? 働く女子の「お掃除事情」
あなたは彼にとって“結婚したい女”?「嫁レベル診断」
うれしい? 迷惑? 部屋を掃除する彼女に対するオトコの本音

このページのトップへ