女性の薄毛治療薬 パントスチンの効果と特徴

女性の薄毛治療薬「パントスチン」の効果や特徴について解説します。


パントスチン(Pantostin)とは

女性は加齢とともに女性ホルモンが減少するので、脱毛因子の影響を受けやすくなります。その結果、毛髪が細くなり全体的に薄くなってしまうのです。この状態を「女性の男性型脱毛症(FAGA)」と呼びます。FAGAの治療薬のひとつが「パントスチン」という頭皮に塗る外用薬です。
有効成分に抜け毛を抑制する「アルファトラジオール」配合パントスチンの有効成分は「アルファトラジオール」です。アルファトラジオールには、男性ホルモンのテストステロンがFAGAの原因である脱毛因子へ変換するのを抑える作用があります。これにより毛根が傷つくのを防げます。毛根が元気であれば、健康な髪が発毛しやすくなります。
女性だけでなく男性にも使用できる男性の場合はフィナステリドを主成分とした服用薬(プロペシア)が利用されていましたが、ホルモンに与える影響が強いため女性は使用できませんでした。パントスチンは作用が穏やかなので、女性はもちろん、副作用が気になってプロペシアの使用を躊躇していた男性のAGAにもおすすめです。このようにプロペシアよりも脱毛因子を抑える力が緩やかなため、パントスチンは男性の軽度なAGAにも効果的です。
パントスチンの使用方法パントスチンは医薬品のため、医師によって処方されます。一日一回、可能であれば夜に薄毛が気になる部分に塗布し、指先で薬剤を頭皮にすりこみます。改善が見られたら、回数を減らすこともできます。


パントスチンの効果と特徴

パントスチンにはどのような効果や特徴が見られるのでしょう。
毛根を傷めず、発毛機能を回復パントスチンはFAGAの初期段階から使用できます。早期に使い始めることで、毛根が元気なうちから薄毛予防をできるのと同時に、発毛機能を回復させられます。個人差はありますが、早ければ使用開始から1か月ほどで改善が見られる場合もあるようです。
副作用があまりなく、長期使用も可能男性用の抜け毛治療薬プロペシアは性欲が減退したり、抑うつ状態になるなどの副作用が懸念されていました。しかし、パントスチンの場合はアルコール成分の影響で頭皮に炎症が起こるケースが見られる程度なので、長期間にわたって使うこともできます。
発毛を促進する薬と併用し、相乗効果もパントスチンは成長途中の抜け毛を防ぐための薬なので、育毛促進効果は期待できません。そこで、パントスチンで抜け毛を予防し、育毛を促す薬を組み合わせて使うことで相乗効果が期待できます。
女性の抜け毛治療薬として、登場が待ち望まれていたパントスチン。従来の薬剤と比べて副作用が少ないため、抜け毛で悩んでいる女性に活用できます。
(この記事の監修: ノエル銀座クリニック 院長 / 保志名勝 先生)
【関連記事】
女性の薄毛治療薬 パントガールの効果と特徴
女性の薄毛治療薬(9)育毛メソセラピー
女性の薄毛治療薬 ロゲインの効果と特徴
女性は服用NG!男性用の薄毛治療薬 プロペシア
女性の薄毛治療薬(8)フロジン液の特徴と効果

このページのトップへ