【医師取材】産後の腰痛・生理痛の原因と対策方法

人生において一大イベントともいえる出産を終えた女性の体内では、いろんなことが起こっています。妊娠前には感じなかった不調に、忙しない育児の合間に悩んでしまう女性も少なくないのではないでしょうか。その中のひとつとして、特に妊娠前は気にならなかった腰痛や生理痛が、出産を機に重くなってしまうケースがあるようです。







この記事の監修ドクター

 産婦人科医長 加藤智子 先生

浜松医科大学医学部医学科卒業、社会医療法人財団新和会八千代病院勤務。日本産科婦人科学会(専門医)、日本医師会(認定産業医)、日本抗加齢医学会(専門医)、NPO法人女性と加齢のヘルスケア学会(更年期カウンセラー)、日本産婦人科内視鏡学会、日本女性心身医学会、検診マンモグラフィ読影認定医、日本気象予報士会東海支部(気象予報士)。女医+(じょいぷらす)所属。

妊娠や子育て、不妊治療、婦人科疾患など皆様が不安なことが多い女性の一生をサポートし、皆さまの悩みに少しでもこたえられるような情報を提供できたらと思います。医師そして気象予報士としての視点でも健康についてアドバイスしていきます。

産後の腰痛・生理痛の痛みが増す!?

人によって違う生理痛
もともと、痛みや症状に個人差がある生理痛。痛みがまったく出ない人もいれば、立っているのも困難なほどの激しい痛みを毎回伴う人もいます。しかし、妊娠前はそこまで気にならなかったのに、産後いきなり生理痛がひどくなり、痛みが増してしまう可能性があること、ご存知でしたか?
産後の生理痛の原因とは

毎日育児に追われているママにとって、ひどい痛みの生理痛は悩みの種ですよね。この原因は一体なんなのでしょうか?
ストレスによる原因
慣れない育児、授乳など不規則な生活、家事によりこれまでに使わなかった筋肉を使うことで体に負担がかかったり、ストレスが蓄積し自律神経の働きが乱れることで生理痛や腰痛を悪化することがあります。ひどいときは家族やご主人に協力してもらうことをおすすめします。
骨盤のゆがみが影響
妊娠中から産後にかけて、恥骨結合、仙腸間接を固定する靭帯が緩み、出産にそなえます。元に戻るまでは、産後から約2-3ヶ月かかるといわれます。靭帯が緩むと間接が動きやすく体の支えが不安定となり腰の筋肉で支えようとするため腰痛がおこりやすくなります。生理時は経血の排出のため子宮が収縮しますが、骨盤のゆがみがあると子宮の形にも影響し生理痛がひどくなることがあります。
女性に多い冷え性
産後のホルモンバランスの変化や骨盤のゆがみ、運動不足、腰周りの筋力低下が影響し、下半身の血流悪化や基礎代謝の低下で冷えを起こしてしまい、産後の生理痛や腰痛の原因となることがあります。適度な運動やストレッチ、湯船につかったり、温かい飲み物を飲むなど体をあたためることで血行をよくするとよいでしょう。
食生活が原因
ストレスによりホルモンバランスが乱れている場合、血行をよくする温かい飲み物や当帰芍薬散などの漢方を服用することも効果的です。豆腐、納豆、豆乳に含まれるイソフラボンも生理痛や腰痛の緩和に期待できます。
産後腰痛が悪化する理由とは

生理痛だけでなく、産後は腰痛に苦しむママも多いですよね。長時間の抱っこや家事など生活習慣も原因の一つと考えられますが、出産に関することが腰痛を悪化する理由になることも。
骨盤のゆがみ
生理痛と同様、妊娠・出産による起きた靭帯の緩みと関節の不安定さが原因のひとつと考えられています。産後、ホルモンの影響で約2〜3ヶ月程度で元に戻りますが、この期間は腰も痛めやすいので、あまり無理しすぎないようにしましょう。
帝王切開
帝王切開では産道を赤ちゃんが通らないため自然分娩ほど大幅な骨盤の広がりはないとは言え、妊娠中から前述したように靱帯の緩みは起きており、骨盤の広がりや緩みはあります。また術後の安静姿勢や手術による腹筋低下、アンバランスな姿勢による歩行などにより腰痛を起こしやすくなっています。
自宅でできる対策とは

時には家事育児の妨げになるほどの痛みを伴うこともある生理痛や腰痛。けれど24時間体制で赤ちゃんのお世話に追われているママにとっては、病院に行くことすらハードルが高い場合も。そんな時には下記のことを試して、症状の改善をまずは試みてください!
ストレスを溜めない事
慣れない育児、授乳など不規則な生活に振り回され、産後のママはくたくた。これまでに使わなかった筋肉を使うことで負担がかかったり、ストレスが蓄積し自律神経の働きが乱れることで生理痛や腰痛を悪化することがあります。この時期は「早く育児に慣れよう」と頑張ってしまいがちですが、無理をせず、ご主人やご両親に育児や家事を短時間でもお願いし、深い睡眠をとるなど身体の調子を早めに整えることも大事です。
骨盤矯正
妊娠中や出産で歪んだ骨盤を元に戻すことで、生理痛や腰痛の緩和は可能です。骨盤ベルトやコルセット着用は出産直後から始めるといいでしょう。帝王切開の場合は傷の痛みによっては急ぐ必要はなく、使用する場合も通常より下方で巻いても構いませんので、気になる方は医師に相談してみてください。筋肉がベルトやコルセットに頼ってしまうため、ずっと着用し続けることはせず、産後は1-2ヶ月で終了するのがおすすめ。さらに産後1-2ヶ月以降は整体に通いメンテナンスすることで、出産で歪んだ骨盤を矯正すれば、生理痛・腰痛の緩和が期待できます。
下半身を冷やさない
前述したように、産後の生理痛や腰痛の大敵ともいえる冷え。産後はなかなか運動したりゆっくりする機会を作りにくいですが、赤ちゃんが寝たあとに簡単なヨガやストレッチをしてみたり、短時間でも湯船につかるなどして体をあたため、体を冷やさないように心がけましょう。
食生活の改善
産後はストレスが溜まりやすく、その影響でホルモンバランスも乱れがち。前述したように血行をよくするあたたかい飲み物や漢方を上手に使ったり、イソフラボンを豊富に含む豆腐、納豆、豆乳なども生理痛や腰痛を緩和することかが期待できますよ。なかなか料理をする時間がない、という方は宅配サービスなどもうまく使って乗り切るのもいいでしょう。
痛みが引かない場合は医師に相談! 痛みが続く時は危険かも!?
上記の対策をしても、一向に痛みが改善されない・痛みがどんどん強くなってしまう場合は、一度病院に行ってみることをおすすめします。
鎮痛薬で緩和
授乳中でも使用できる鎮痛薬はありますので分娩先で処方をしてもらうとよいでしょう。しかし自己判断で市販の鎮痛薬を購入する場合、なるべく分娩先の医師や薬剤師に相談するようにしてください。低用量ピルを使用する場合は、授乳をやめてからの服用が推奨されています。
子宮内膜症の可能性
産後に生理痛が悪化した場合、妊娠中には進行しなかった子宮内膜症が再燃していたり、分娩時の胎盤遺残、卵膜遺残という可能性があります。生理痛は個人差が大きいものですが、産後明らかに生理痛が悪化している場合は早めに産婦人科を受診するとよいでしょう。
まとめ
産後すぐはなかなかハードな日々が続きますが、赤ちゃんのお世話だけでなく、自分の身体も回復させなければいけない大切な期間。あきらかに重く、気になる症状がある場合は自己判断で放置したり薬を服用したりせず、まずはかかりつけの医師に相談してみましょう!

関連リンク
大和田美帆さん「子育て、どうですか?」と聞いてもらうことのメリット | マイナビウーマン
【医師監修】陣痛と微弱陣痛の違いって? 主な原因と処置の方法 | マイナビウーマン
【医師監修】発達障害って遺伝するの? 環境要因? 適切な向き合い方とは | マイナビウーマン

このページのトップへ