マクドナルド東西対決を“マクド”勝利で公式サイトが関西弁に「お客様の期待はそれはもう高まってますねん。頼むで、ゆうて。」

『マクドナルド』のことを、関東では「マック」、関西では「マクド」と略すことにちなんで、「おいしさ対決!しっとりリッチな東京ローストビーフバーガーVSサクッとやわらか大阪ビーフカツバーガー」対決が行われ、見事「マクド軍」が勝利。それに伴い、マクドナルド公式サイトの一部が関西弁に変換されている。

このキャンペーンでは、マック軍の「東京ローストビーフバーガー」とマクド軍の「大阪ビーフカツバーガー」を代表バーガーに、その他サイドメニューを加えながら対決。商品名のツイート数とリツイート数で競った結果、マクド軍が51%を獲得し勝利をおさめている。

この勝利でマクドナルドの公式サイトが一部関西弁に!

ライバルであるマック軍の商品説明も「しっとりローストビーフのええ感じの味わい」と関西風に。

特に際立っていたのが、CEOサラ L.カサノバ氏からのメッセージ。

標準語だと「マクドナルドは、来店されるすべてのお客様に、いつでも最高のお食事体験を提供することを目指しています。」が、関西弁だと「マクドは、お店に来はるすべてのお客様に、いつでも最高のお食事体験を提供することを目指してますねん。ゆうても簡単なことちゃいます。」

「環境への対応は、この地球で活動する私たちすべてが取り組むべき社会的課題です。」が「環境への対応は、この地球でなんやいろいろやってるウチらみんながやらなあかん社会的課題ですやん。」など、それって関西弁に変換している以上にイジってない? という文章は必見だ。

今回のマクド軍の勝利に伴い、大阪ビーフカツバーガーが単品300円(セット550円)などお得なクーポンが配布されるとのことなので、マクド好きの皆さんは要チェックでっせ!

マクドナルド公式サイト|McDonald’s Japan
http://www.mcdonalds.co.jp

※画像は公式サイトより引用。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

このページのトップへ