『逃げ恥』平匡が“童貞告白” 男性ユーザーも共感!

11月29日に放送された人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)第8話で、主人公・森山みくり(新垣結衣)に津崎平匡(星野源)が「女性経験がない」ことを告白。30代独身男性の勇気ある“童貞告白”が、ネットで大きな話題となっている。

海野つなみ原作の同名漫画をドラマ化した『逃げ恥』は、35年間恋愛経験がない平匡と、家事代行の雇用関係を結び“契約結婚”をしたみくりとの初々しい共同生活を描いたラブコメディ。回を増すごとに最高視聴率を更新し続け、ドラマでの言動が毎回のようにネットを騒然とさせている話題作だ。

第7話で2回目のキスを果たし、「いいですよ私は。平匡さんとならそういうことしても」と関係を進展させようとしたみくりだったが、平匡がこれを拒絶。8話では、ショックを受けて、実家に逃げ出してしまったみくりに、平匡が意を決して「僕は女性経験がありません」と告白した。

さらに平匡は、行為失敗への不安や10歳年下の女性にリードされる情けなさで、拒絶されたみくりの気持ちを考えていなかったと謝罪。これに対し、みくりは「知ってました。私にとっては大したことじゃありませんでした」と女性経験がないことは気にならないと返答。仲直りを果たした2人のやりとりにTwitterでは、

「35年間のプロの独身としてのプライドもあった平匡。自分の口で好きな人に自分が童貞だっていうのはすごい勇気のいることだったんだろうな」
「35歳童貞の平匡が一歩一歩、自分の殻を破ろうとするのを観ていると、とてつもなく抱きしめたい衝動に駆られる。がんばれ、平匡」

と平匡の“童貞告白”に称賛の声が相次いでいるほか、女性とみられるユーザーからは、

「童貞をカミングアウトした平匡さん、カッコよかった。女性は好きな人ならそこんとこあまり気にしないと思うな。失敗しても気にしない。」
「いやぁ…平匡さんみたいに相手の主張を1度自分の中に飲み込んで消化してくれる人なら女性経験とかほんとどうでもいいよなぁ」

と「好きなら童貞でも気にしない」という意見が寄せられた。さらに、男性とみられるユーザーからも、

「全世界の童貞が持つ劣等感を平匡さんが語気強めで言ってくれたので満足!」
「童貞だから逃げ恥ですごい共感してしまう。とりあえずがっきーと結婚させて!」
「周りの童貞達が続々と、はまっている。自分を平匡さんに投影させて、腐ってた恋愛をしたいって気持ちと、それに立ち向かうための勇気を、蘇らせている」

と共感の声が寄せられている。

男性に勇気をも与えた今回の『逃げ恥』。“一皮むけた”平匡の今後に期待したい。
(山中一生)

(R25編集部)

※当記事は2016年12月01日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
『逃げ恥』平匡が“童貞告白” 男性ユーザーも共感!の【もっと大きな画像や図表を見る】

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

■「entertainment」に関する過去のイチオシ記事
嘆きの声殺到!『逃げ恥』新垣結衣キスシーンに阿鼻叫喚
「卒業&引退」発表したらショックなAKB TOP10
マネージャーが苦労しそうな女芸人TOP10
結婚したら苦労させられそう…な独身女優TOP10
『逃げ恥』恋ダンス 羽生結弦ver. に「藤井隆っぽい!」

R25 12/02

このページのトップへ