世界一大きなクリスマスキャンドル

ドイツ・中央部にある小さな都市・シュリッツでは、開催中のクリスマスマーケットに高さ43mの世界一大きなキャンドルが立っている。内部にはエレベーターが設置されており、実際に昇ってマーケットの様子を上空から楽しむことができる。

とはいえ、これは本物のろうそくではなく、小塔に布を巻きつけデコレーションしたもの。建物の間から見える真っ赤なキャンドルは、この街のクリスマスマーケットを明るく灯している。
最新イベントの様子から、注目のファッションアイテム特集やセレブのプライベートショットまで、エンタメ情報を写真で楽しむならこちら。随時更新中!心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします
(R25編集部)

※当記事は2016年12月01日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
世界一大きなクリスマスキャンドルの【もっと大きな画像や図表を見る】

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

■「topic」に関する過去のイチオシ記事
30代男性「セカンド童貞率は5人に1人」
顔より身長!? 女性200人「思わず振り向く男の特徴は…」
「この人と相性いいかも…」と女性が思う瞬間TOP10
「男のチビは何cm?」女子大生の回答に落胆する男たち
泉里香の初水着グラビア、“28歳”にも「絶妙」の声

R25 5日前

このページのトップへ