旅行費足してもお得!? 日本より安く「エステ三昧」できる国3選

女性の美を支えるもの。それは、心の充足と、それをもたらしてくれるエステ! 今回は、旅行大好き、エステ大好きの心理カウンセラーの筆者が、心身ともに癒されるエステ三昧を楽しめる国をご紹介。旅行費を足しても、お小遣いで行けちゃう国を厳選しましたよ!

筆者厳選! お小遣いでエステ三昧できる国ベスト3
1万円あればOK!? お小遣いレベルでエステ三昧を実現できる国ってどこでしょうか? 早速ご紹介致します。
1:タイ(1時間およそ700円~)
エステといえば韓国が有名ですが、筆者のおすすめはむしろ韓国以外のアジア圏。筆頭がタイです。
別名を“ほほえみの国”とも言われるタイは、寺院などが建ち並んで異国情緒にあふれているのも魅力!
そして、最近、日本では「大学生にもおすすめの旅行先」と言われるほど。つまり、旅行費用が格安なんですね。
タイのエステは、合掌でお出迎え。歓迎ムードがとても優しいのが特徴的!
しかも、タイ古式マッサージの安価なサロンでは、1時間およそ700円から施術していただける、激安国家なんです。
高級エステサロンでも8,000円ほどで、2時間フルコースの施術をしてもらえます。
このほかに、セラピストさんに100~200バーツほどのチップをさしあげます!
2016年現在、1バーツは日本円で3円ほど。したがって、セラピストさんへのチップは300~600円の計算です!
2:中国(1時間およそ1,500円~)
がっつりマッサージしてもらえる気持ちのいいエステが多い中国。
中国といっても広いので、価格帯は様々ですが、安価でも気持ちよいエステが受けられるのは、何といっても広州です。
広州では、中国式の全身マッサージは、1時間1,500円ほど。暖かく南国ムード漂い、過ごしやすいのも広州のいいところなので、是非訪れてみて。
広州よりも旅費が安く、行きやすい上海では、1時間の中国式全身マッサージで4,500円ほど。
ただ、上海でも、街中の昔ながらのマッサージなどでは、1,500円という広州並みの価格で、中国式全身マッサージを受けることができます。
時々、高級エステで個室VIPルームなどをお願いすると、きれいなお姉さんがちょっとやらしいサービスをしてくれることもありますが、心配ならツアー旅行にエステ付きプランがあるものを選ぶと安心です。
日本から、中国のエステを予約しようとしても、インターネットで“中国 エステ”と調べると女性が期待していない情報が出てきてしまいます。“中国旅行 エステ”で調べましょう!
3.インドネシア・バリ(1時間およそ2,300円~)
インドネシアのバリも、エステをおすすめしたい地域のひとつ。
アジアン家具とプルメリアのちりばめられた空間が多いですが、椰子の木などもよく見られ、タイよりもさらに南国ムードに溢れているかも。
薬草トリートメントなどのメニューがおすすめで、1時間ならおよそ2,300円、3時間5,000円ほどで心身ともにフルリフォームしてくれる感覚!
 
気持ちよさとお得感ではバリがダントツ!
筆者が実際に体験してみて、最もおすすめできるのはバリのエステ。
中国のエステは正統派で、価格も内容もまずますといったところ。これに比べて、タイのエステはアクロバティックで、正直痛い!
タイは旅費もエステ費用もダントツに安価で、体はほぐれますが、リラクゼーションという意味ではキツイ面も。
一方のバリは他の2箇所と比較すると、金額の面では少々お高めですが、雰囲気は安っぽい感じがなく最高!
オプションもたくさんあって、気持ちよくリラックスできるので、費用対効果、いわゆるコスパが非常に良いのです。
したがって、お得感という点で筆者いちばんのオススメは、インドネシアのバリに決定です!
 
アジア旅行ではエステを楽しんで!
いずれの国も、ホテル内にエステサロンがあったり、送迎付きにしてもらえたり、サービスやアクセスも充実しています。
アジア旅行のプランニングの際、ぜひエステもコースに入れてみてはいかがでしょうか。
 

【関連記事】
ラブラブ不可避!旅に持参すると「彼がよろこぶアイテム」4選
3位は架空の人物!? 「女子がラブの妄想してる」お相手ベスト3
禁断の領域!? バイセクシャルならぬ「バイキュリアス」の秘密3
そういう意味だったのか…!「エッチな夢4タイプ」を分析した結果
レスは破局の原因になるか…?「カラダの親密さと心の絆」について

Menjoy! 12/02

このページのトップへ