【連載19:AFTERⅡ】やだ…クラブで会ったばかりの男とキス!?

ナイトクラブで慣れない夜遊びを楽しむテッサ。彼のことなど忘れて楽しく踊れると思っても、ふと目にしたスマートフォンに彼からのメッセージがなかったことを苛立たしく思ってしまう。アルコールの勢いに任せて電話をかけると、慌てたハーディンの声が……。『AFTER seasonⅡ 壊れる絆』連載第19回。

前回はコチラ。
やっぱり最低……もっと飲まなくちゃ!
「どうして今日は電話してくれなかったの?」
「えっ?」ハーディンはすっかり面食らっているような声をだした。
「今日は、わたしに電話しようとも思わなかったのね」
「電話してほしくないかと思ったんだ」
「それはそうだけど、でも」
「じゃあ、明日、電話するよ」
「まだ切らないで」
「切らないよ……ただ、明日は電話するって言っただけだ。きみが出てくれなくてもかまわない」
ハーディンの言葉に胸が止まりそうになるけど、わたしは感情を表に出さないようにした。「そう、わかった」
「で、どこにいるのか教えてくれるのか?」
「だめ」
「トレヴァーがいるのか?」ハーディンの口調は真剣だった。
「うん、でもキムもいるし……クリスチャンも」なぜかわからないけど、わたしは言い訳をした。
「ふん、そういうことか。きみを会議に連れていってくたくたにさせ、おしゃれなクラブに連れていく」ハーディンが声を荒らげる。「いますぐホテルに戻れ。きみはアルコールに慣れてないから意識を失う、そこでトレヴァーが─」
彼が言い終える前にわたしは電話を切った。ハーディンは自分が何様だと思ってるの? 酔っ払っていようがなんだろうが、わたしから電話があっただけでもラッキーと思うべきなのに。彼のせいでしらけちゃった。もう、最低。
もう一杯、飲まなくちゃ。
スマホのバイブ音が何度もしたけど、そのたびに“無視”ボタンを押した。これでもくらえ、ハーディンめ!
VIPルームへなんとか戻り、ウェイトレスにまた、お酒を注文する。
「だいじょうぶ?」とキンバリーに聞かれた。「なんだか頭にきてるみたい」
「ううん、だいじょうぶ!」わたしはうそをつき、運ばれてきたドリンクをすぐ飲み干した。
ハーディンはとんでもない最低野郎。別れたのは彼のせいなのに、電話してあげたわたしに向かって怒鳴るなんて、いい度胸してる。あんなことしなければ、彼はいまもわたしの横にいられた。なのに、ここにいるのはトレヴァー。すごく優しくて、すごくハンサムなトレヴァーだ。
「何?」見つめられているのに気づいたのか、トレヴァーがにっこりした。
わたしは笑いながら目をそらした。「なんでもない」
もう一杯飲んで、明日も有意義な一日になるとみんなで話したあと、わたしは立ち上がった。「また踊ってきます!」
トレヴァーは何か言いたげな顔をした。いっしょにフロアへ行くと言おうとしたのかもしれないけれど、ほほを赤くしたまま黙っている。キンバリーはもうたくさんとばかりに手を振る。
わたしはひとりでもぜんぜんかまわなかった。ダンスフロアの真ん中までなんとか進んで、体を動かす。ひどい踊りだっただろうけど、音楽を楽しみながら、すべてを─酔っ払ってハーディンに電話したこととか─忘れてしまうのはいい気分だった。
 
彼にキスして、ハーディンを忘れなさい……
ある曲のなかばほどで、背の高い誰かがわたしの後ろにいるのに気づいた。すごく近い。振り向くと、ダークなジーンズと白いシャツを着たなかなかハンサムな男子がいた。茶色の髪を短く刈りこみ、すてきな笑顔を見せている。といってもハーディンには及ばないけど。そんな人がいるわけがない。
ハーディンのことばかり考えるのはやめて。自分に言い聞かせていると、その男子は両手をわたしの腰に添えて、耳元でささやいた。「いっしょに踊っていいかな?」
「えっと……もちろん」アルコールの影響か、気づくと勝手に返事をしていた。
「きみ、すごくきれいだね」彼はわたしの体を自分のほうに向かせて、距離を詰めてきた。両手で背中をぐっと押されて、わたしは目を閉じた。ここにいるのはわたしじゃない。クラブで見知らぬ男と踊っているなんて。
つぎはもっとスローなビートでセクシーな曲だった。わたしは腰をゆっくり動かした。向かい合わせになると、彼はわたしの手を唇に持っていってキスをした。
目が合ったつぎの瞬間、彼は舌をわたしの口に差し入れてきた。なじみのない味わいに吐きそうになり、押しのけろと心が叫ぶのに、脳はまったく違うメッセージを発していた。彼にキスして、ハーディンを忘れなさい。キスするのよ。
わたしは胸がむかむかするのを無視しながら、目を閉じて舌を彼の舌に絡ませた。大学に入ってから三カ月で、それまでの人生でキスした以上の数の男子にキスをした。彼はわたしのお尻に両手を走らせ、さらにその下まで伸ばしてくる。
「ぼくのところに来ないか?」唇が離れると、彼が言った。
「えっ?」ちゃんと聞こえていたけど、質問されたのをなかったことにしたくて、わざと聞き返す。
「ぼくのところだよ。さあ、行こう」彼もろれつが回っていない。
「あの……あんまりいい考えじゃないわ」
「いい考えだよ」彼は声をあげて笑った。さまざまな色合いのライトが彼の顔を照らし出すと、ひどく奇妙な感じに見えて、さっきよりもずっと怖くなってきた。
「なんで、わたしがいっしょにあなたのところへ行くなんて思うの? 赤の他人なのに!」わたしは音楽に負けじと叫んだ。
「だって、いかにもエロい感じでぼくの体にべたべたしてきたからさ。嫌がってるふりはやめろよ」彼は怒ってるふうではなく、何をいまさらというように言った。
大声をあげるか、股間に蹴りをいれるかしようとする前に、落ち着いて考えようとした。腰を動かしながら彼といっしょに踊り、キスをしただけ。彼がさらにもっと求めてくるのは当然だ。いったい、どうしちゃったんだろう? クラブで会ったばかりの男にいちゃつくなんて─こんなの、わたしじゃない。
「ごめんなさい、でも、だめ」わたしはその場を離れた。
 
次回、すっかり酔ったテッサのホテルの部屋を叩く音。まったく誰なの? 開けてみるとそこにはまさか……!?
 
 

【関連記事】
愛し合っているのに…!?「行き違いで破局する」カップル3パターン
【連載15:AFTERⅡ】シアトルで最高の体験!そして…彼の後悔
パートナーを望むように変えることは出来る!? その可能性を検証
え…嫌だよぉ!男子が「どうしても嫉妬しちゃう」女子の行動3つ
【連載14:AFTERⅡ】彼のことは忘れて…楽しい週末!いざシアトルへ

Menjoy! 12/02

このページのトップへ