目尻のボトックス注射の効果と注意点

目尻というのは、年齢を重ねるとシワができやすい箇所の1つ。こちらでは、目尻に刻まれたシワを目立たなくするための施術を紹介させて頂きたいと思います。


目尻のシワができる原因とは?

目尻のシワは、主に加齢、乾燥、表情の癖…という3つの要因によって刻み込まれます。
年齢と共に肌の真皮層にあるコラーゲン、エラスチンが減少…。徐々に若い頃のハリを維持するのは難しくなっていきます。
この状態では、なんらかの要因でシワができても、肌本来が持つ弾力性によって元に戻ることがなく、シワが深くなってしまいやすいのです。
そして、目もとは皮脂分泌が少なく乾燥しやすい部位なので、もともとシワが刻まれやすい…という問題も忘れてはなりません。
最後に表情です。加齢と乾燥によってシワができやすくなった目尻に、表情の癖で繰り返しシワが寄ると、そのシワがどんどん固定されていきます。十分な弾力がなくなった肌は、刻まれたシワを元通りにすることができず、顔に力を入れていない時でもシワが消えないのです。
目尻のシワを消す!ボトックス注射の効果ボトックスというのは、ボツリヌス菌が生成する物質ボツリヌストキシンのことです。この成分は神経伝達物質の分泌を抑え、筋肉が過剰に働くのを止める力があります。なので、表情筋の動きが限定され、表情の癖で発生するシワを目立たなくする作用があるわけです。
しかも、ボトックス注射のおかげで筋肉が過度な動きをしなくなりますから、目尻にシワが刻まれるほど表情を崩すことが少なくなります。要するに、今後発生するシワの数を大幅に減らし、シワの予防まで実現してくれるのです。
シワの解消、予防を同時に達成したいなら、ボトックス注射を受けるのが、もっとも確実な方法と言えるでしょう。
目尻にボトックス注射を打つ場合の注意点ボトックス注射を受けるにあたっては、知っておくべきことが2点あります。1つはボトックス注射が有効な種類は主に表情ジワであり、表皮だけに刻まれた縮緬ジワには向いていないということです。
もし、目尻のシワが薄く大量に発生している縮緬ジワであれば、ボトックス注射より、肌表面の乾燥を防ぐ保湿ケアを重視したほうが有効でしょう。
2つめは、ボトックス注射にはドクターの技量が必要であり、注射箇所に問題があったり、大量に注射したりすると副作用が発生するということ。実際、そういった理由で表情筋が過度に抑制され、目が開きづらくなったり、自然な表情を作れなくなったりしたケースも存在しています。
もちろん、筋肉の状態に合わせて、適切な箇所に適量を注射する限りにおいては安全です。信頼できるドクター、クリニックにお願いすれば、特に心配いりません。
(この記事の監修: オザキクリニック 理事長 / 小有恒 先生)
【関連記事】
【医師監修】PRP注入など血小板を使った注射・注入治療
【医師監修】失敗リスクがある!?ほうれい線へのヒアルロン酸注入
【医師監修】マリオネットラインへのヒアルロン酸注入の効果と注意点
【医師監修】顎の梅干しじわのボトックス治療
【医師監修】額のボトックス注射の効果と注意点

このページのトップへ