流行語大賞トップ10発表! 年間大賞は「神ってる」

2016年12月1日、『「現代用語の基礎知識」選2016ユーキャン新語・流行語大賞』の表彰式が行われ、今年の新語・流行語大賞トップ10が発表された。

★年間大賞
・神ってる(緒方孝市さん/広島東洋カープ監督、鈴木誠也さん/広島東洋カープ外野手)

★トップ10
・神ってる(緒方孝市さん/広島東洋カープ監督、鈴木誠也さん/広島東洋カープ外野手)
・ゲス不倫(週刊文春編集部)
・聖地巡礼(ディップ株式会社)
・トランプ現象(受賞者なし)
・PPAP(ピコ太郎さん)
・保育園落ちた日本死ね(山尾志桜里さん/衆議院議員)
(僕の)アモーレ(長友佑都さん/サッカー日本代表セリエA・インテルナツィオナーレ・ミラノ所属)
・ポケモンGO(株式会社ナイアンティック/株式会社ポケモン)
・マイナス金利(日本銀行)
・盛り土(受賞者辞退)

この賞は、1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。『現代用語の基礎知識』読者アンケートを参考に、選考委員会によってトップテン、年間大賞語が選ばれる。
(マイナビウーマン編集部)

関連リンク
どんな男性に選ばれる!? 「未来の旦那様像」診断
ベタな言葉ほど、男子に響く! 女子に言われたら、キュンとする一言4つ
現代の「ヤバイ」に代わる言葉があった! 遊女が「ありんす言葉」を使った理由

このページのトップへ